フォト

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

ヒナキキョウソウとニワゼキショウ

Photo_20200531171201 2_20200531214301
キキョウソウ ヒナキキョウソウ北米からの帰化植物

 カメラのモニターが暗くて難渋した。おいらは現場では解決できなかった。さきほどパソコンで取説を読んで解決した。

キキョウソウを見たのは数年ぶりだ。

2_20200531173101 ニワゼキショウも北米からの帰化植物

 

〝自画自賛〟したくなる撮影結果だ。

 


キキョウソウとヒナキキョウソウ

 10年前にアップしたキキョウソウ  これはヒナキキョウソウかもしれない

参 考2
 サイクリングを撮るつもりだったが 足元に小さな花をみつけて、それに集中した。

参 考3
 カメラの取説はパソコンで読む。PDFをパソコンで読むならキーワードで検索して 的確なページにアクセスできる。

カラフルなタンポポ

Dandelion Water Droplet Refraction Photography!

2020年5月30日 (土)

楽天家という文字


_edited1_20200531192001文字を立体化して影をつけてみた
これをある人の名刺の肩書にして喜ばれた。
あしたは多摩川の堤防の上を走るサイクリングの写真を撮りたい

2020年5月29日 (金)

6月1日全面開園

昭和記念公園6月1日月曜日 全面開園

ところがおいらは残念ながら月曜日は午前も午後もリハビリ。

そして翌 火曜日は通院 行けるのは3日の水曜日になる

 

オオスズメバチがアメリカに上陸

日本のオオスズメバチがアメリカに上陸したようだ。

これにアメリカ人が恐怖

おいらが撮影した世界最大のスズメバチ

 オオスズメバチ

2020年5月28日 (木)

キリンソウではないかな

Photo_134_20200528192101 去年の5月郷土の森で撮影した黄色い花、名前がわからくて気にかけていたがキリンソウだと思う。

 これによく似た花がまつのき公園の脇に咲いている。
キリンソウは野草のくせにさまざまな品種があるようだ。あしたはこれを撮りたい。

 ところで昭和記念公園は昨日27日から一部だけ再開した。しかしそこはおいらが歩かない部分だ。

余 談
 ニュージーランドのジャズというおいしいリンゴが出回り始めたよ。
ここのサイトに いい言葉をみつけた
『成功のために最初にすることは、仕事に恋すること。』 いきなりお金に恋をしてはいけないんだね

ユウゲショウの写真を貼り替えた

手入れの悪い草むら 大好き

手入れの悪い草むらが 大好き さまざまな草花が咲くから

 今日はリハ

2020年5月27日 (水)

ユウゲショウとヒルガオ

Photo_20200528222901  ユウゲショウ おいしそうに撮影できた。

 郷土の森の物産館に行ったが そこの食堂は開いていなかった。駐車場でいろいろ写真を撮った。ここには「森」があるから様々なハチやテントウムシなどの昆虫がいる。それがうれしい。

 昼ご飯はコンビニのアンパン。

Photo_20200527191101

 

 ヒルガオの横にアメリカフウロの剣の実ができていた。ヒルガオは日本の在来種、その横にアメリカからの帰化植物。日米友好の構図。そこに名前のわからないハチ。

 ヒゲナガハナバチも来たが撮影できなかった。

 

 お ま け
東京オリンピックマーチ

 

http://radiko.jp/#!/live/QRR

2020年5月26日 (火)

今日は撮影せず

Photo_20200527000301 せがれが昼ころ遊びに来たから 今日は撮影ではなく買い物することにした。敷地の中でユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)をみつけた。

あした撮ることにした。そして明日は郷土の森の物産館でうどんを食べたい。

2020年5月25日 (月)

神田 ウニタ書店

神田 ウニタ書店

遠藤忠夫は1950年、東京神田にウニタ書舗[1](ウニタ書店[2]とも)を創業し、左翼や新左翼系の出版物を専門的に扱う書店として広く知られるようになった

ウニタ という名前については これかな?

 

今日はリハ

午前も午後も

2020年5月24日 (日)

日曜日 あちこち見て回りました

 写真を撮りたかったけれど Open間近な郷土の森博物館に行ってきた。そこの郷土の物産館は開いていて たくさんお客が入っている様子だった。物産館ではカレーやうどん ソバなどが食べられる。

 火曜日に行きたい。たぶんOPENだと思うから

 日曜日ということで多摩川の土手の上にはサイクリングやジョギングを楽しむ人たちでにぎわっていた。

2020年5月23日 (土)

スイカズラ

_edited1_20200523162501 北里大学東病院のフェンスから顔を出しているスイカズラ

 レンズを近づけすぎたのか 恥ずかしがって顔を赤らめたよ。

 

 

 因幡晃の歌「スイカズラが好きだったけれど その花が意外と身近なところに咲いていたのB_20200524064901 には驚いた。まつのき公園にも咲いている。「忍冬」と書いてスイカズラと読むらしい。

 スイカズラは白く咲いて 黄色に変わっていく花
日本原産の植物で 世界中の人に愛されているそうだ。

*******************************************
 赤毛のアン モンゴメリー
アンが少女から青春時代を過ごしたプリンスエドワード島(カナダ)にはたくさんのスイカズラ(忍冬)が咲いていたのでしょうか。様々な場面でスイカズラ(忍冬)の花が登場します。
******************************************

詳しい解説 ← クリック

 Why I love the Laowa 60mm 2x macro lens (more than the 100mm)

2020年5月22日 (金)

もうすぐ郷土の森へ行けるかも

来週月曜日あたりに自粛解除かも

今日の夕食は肉と野菜の煮込み

あしたの昼食はハンバーグ・サンド

通販でマスク  50枚で1500円 (送料込み) 1枚当たり30円

Macro Photo Walk in Kew Botanic Gardens, London (with Sony A7III + Laowa 60mm)

佐々木類さん
https://www.youtube.com/watch?v=G87EH3ibgbQ

宮沢賢治「雨ニモマケズ」

『一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ』
1日に玄米4合と…

1日に米4合なんて おいらはそんなにたくさん食えない

雨にも負けず 風にも負けず
雪にも 夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち
欲はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に 玄米4合と 味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに よく見聞きし 分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の小さな茅葺き小屋にいて
東に病気の子どもあれば 行って 看病してやり
西に疲れた母あれば 行って その稲の束を負い
南に死にそうな人あれば 行って 怖がらなくてもいいと言い
北に喧嘩や 訴訟があれば つまらないからやめろと言い
日照りの時は 涙を流し
寒さの夏は おろおろ歩き
みんなにデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず
そういうものに わたしはなりたい

 池上警察署では秋山というデクノボウと仕事をしていたなあ デクノボウなんておいらはよばれたくないなあ

 

 

忘れえぬ本

Photo_20200522053701 「油絵のマティエール」岡鹿之助

初版は1954年だという。おいらが高校生のころ油絵を始めるとおなじころにこの本を買った。

油絵具には顔料によって著しい個性がある。それがアクリル絵の具などとは決定的に異なる。決定的に優れているのだ。

 

2020年5月21日 (木)

室内照明の好みのちがい

Photo_20200521233101  スカイプで4人が会議をしている画面だ。画面の左下はアメリカ人のケントギルバート。ほかの3人は日本人。欧米人は室内照明に暖色を好む。
六本木あたりのマンションを夜間に眺めると外国人向けのマンションと日本人向けのマンションが一目でわかる。

http://radiko.jp/#!/live/JOAK

雨上がりのヒナゲシのつぼみ

Photo_20200521182701  つぼみの上に殻がついている

殻(カラ)は二つに裂けるのだとわかった(22日)。



2020年5月20日 (水)

今日は皮膚科クリニックへ

今日は皮膚科クリニックへ行った

 西大沼皮フ科クリニック

 余 談
 
北里大学東病院が今年の3月末で閉院になったそうだ。この病院は〝わが心のふるさと〟だ。

あしたは
 スイカズラを撮りたい

7 Foolproof Steps for a Perfect Macro Photo

濡れたヒナゲシと アメリカフウロの実

Photo_20200520102901 まつのき公園で

濡れたヒナゲシと アメリカフウロの実

 

 


 A_20200520111101 アメリカフウロの実は5つのタネを5つの方向に投げ飛ばす準備をしている。

種子を投げ終わると 5つの方向に腕が跳ね上がり ガッツポーズを見せてくれる…はず。

ゲンノショウコのガッツポーズ ← アメリカフウロもこのようなポーズを見せるはず

2020年5月19日 (火)

朝の撮影は雨で断念

グズグズしているうちに夕方になってしまった。

 あしたからの撮影のしたくをした。

 夕食は肉入りカレーうどん。うどんをそばつゆで温めて、そこにカレールウを入れただけ。

長田次男君から電話があった

2020年5月18日 (月)

ハロルド・デイビス

 

How To Improve Your Flower Photography with Wireless Flash

ブタナの花

2_20200518210701  まつのき公園にブタナが咲いた

タンポポの仲間は多い。それらの花の中で もっとも鮮やかなのがこのブタナだ

 おいしそうに撮れた

2020年5月17日 (日)

今日は早朝に撮影そして買い物

A_20200517233301 あしたは午前も午後もリハビリ

できれば早朝 まつのき公園で撮影したい

さわやかな雨上がりの朝のヒナゲシ

Photo_20200517075301 まつのき公園に朝がきた。雨上がりのヒナゲシ

 朝になって花を開くとき ヒナゲシはつぼみの殻を脱ぎ捨てるのだ !! と気が付いた。 

ストロボは使わなかった。

 ヒナゲシは 薄紙のような花びらが美しい

Photo_20200517080101

2020年5月16日 (土)

フイルム感度が低かった時代

銀座の恋の物語

Photo_20200516200701
夜は 映画の撮影に苦労したんだね

ダーバンおとなの心

 コロナのためにレナウンがなくなるのだろうか

レナウン娘Photo_20200516175201が わんさかわんさ
 ワンサカ娘'64 弘田三枝子 作詞・作曲:小林亜星。

ドカジャンおいらの心

雨の野草

Photo_20200516172501 ヤブカラシの葉とコバンソウ

 

軒下で雨を避けながら まつのき公園の野草を撮影した

Photo_20200516172401

 

 

 

 

 

2020年5月15日 (金)

きょうは府中へ行く

きょうは府中へ行く

2020年5月14日 (木)

8×10というカメラ 

 エイトバイテンという超大型カメラについて しみじみと考えた

 石井正則さんが全国のハンセン病資料館をめぐって撮影したという記事をみつけた。そのさい使ったカメラが8×10インチサイズだということで驚いた。

 何のメリットがあるのかとおいらは考えた。今の時代 このカメラには何のとりえもないしそれを石井正則さんも記事の中で語っている。

Photo_20200514213701 しかし儀式のような意味ならあるだろうと思う。

 最初 石井さんは大きなカメラを持たずに全生園に行ったのではないか。そしてあの場所がたたえている雰囲気から なにか厳粛なものをPhoto_20200514214801 感じたのではないか。オイラはそのように推測する。

 

上の写真はコバンソウの実。下はふたりのツタカラクサ。

2020年5月13日 (水)

白い雲とつつじ

Photo_20200513182501 ニガナやブタナといったこの季節の黄色い花を撮りに多摩東公園に行った。

しかしそこにはオオムラサキというツツジがみごとに咲き誇っていた。

白い雲とつつじを見たままにカメラに収めることができるか そのことに挑戦することにした。

明るい背景で花を撮ると 花の色が濁ってしまう。見たときの印象どおりに写し止めるために ストロボを焚いた。いわゆるポン焚き。ようするに太陽とストロボでの挟み撃ち。
  そしてあとはパソコンでホワイトバランスを整える。うまく仕上がった。自画自賛 !!


さてあしたはリハビリだ。

iyiとは

2020年5月12日 (火)

ひなげしとニガナ

Photo_20200512175601

 ヒナゲシの花の構造が分かった。本日 まつのき公園で まじめに撮影してみた。

これを撮ってから多摩ニュータウンの公園に向かった。そこにはニガナが咲いていた。

 

Photo_20200512174902  多摩東公園だ。ここの森の中には11年前の5月13日ギンランが咲いていた。

 これを撮影した日をよく覚えている。これを撮ってからおいらは神代植物公園に向かった。しかし植物園に着いたとき、すでに閉園時間になっていた。おいらはすごすごと帰ってきた。このころオイラは昼夜逆転気味の生活だった。
Photo_20200512224801  下のヒナゲシが自然な色

 ひなげしの花 アグネス・チャン

2020年5月11日 (月)

宵(よい)の明星

Photo_20200511210501  西の空に〝明るすぎる〟星が輝いていた

 

今週の明星

きょうもリハビリ

きょうもリハビリ 午前・午後

 ツタカラクサとヒナゲシの記事にスペイン風邪と与謝野晶子に関して書き加えた

2020年5月10日 (日)

ヤマガラのウヒョスケ

Photo_20200510221101 ヤマガラのウヒョスケ

 おいらの認識ではヤマガラは日本の固有種だと思う

そしてとても人懐こくて なつくと野生のままで人の手から餌をとる

パソコン カタクリは8月31日までお休み

公民館から連絡アリ 8月31日までお休みだそうです

 

2020年5月 9日 (土)

石井正則というひと

Photo_20200509193901  各地の国立ハンセン病資料館をめぐり歩いて撮影したそうだ。
 アリtoキリギリスの彼がそんなことをしていたとは知らなかった。

俳優・石井正則、「差別の記憶」を撮る――ハンセン病療養所を巡って俳優・石井正則、「差別の記憶」を撮る――ハンセン病療養所を巡って

おいらは5年前 ハンセン病資料館に 2回通った。

全生園のスミレ

 

実際に撮り始めたのは2016年。東京都東村山市にある多磨全生園からだった。
     (なんと おいらと同じ時期に多磨全生園 に行ったようだ)
 以下石井氏談
「最初に撮ったのは、入り口です。園に入った瞬間に空気の違いのようなものを感じて、衝撃的でした。僕はわりと『土地の記憶』というものを信じるほうなんです。今の全生園は普通に近所の人が通り道にするような開かれた場所じゃないですか。なのに閉ざされた空気みたいなものをそのときは感じたんです」

2020年5月 8日 (金)

ツタカラクサとヒナゲシ

Photo_20200508213201 ツタカラクサ

ツタバウンラン

ツタカラクサ

 

 

 

Photo_20200508213202

 

 

ひなげし (ナガミヒナゲシ)

歌人の与謝野晶子は明治45年5月5日、新橋駅から夫、寛の待つフランスへ旅立った。シベリア鉄道を経由して、19日にパリに到着する。
ときは5月、フランス の田園はコクリコの花で埋められていた。コクリコとは、ひなげし(ポピー)のことだ。

「ああ皐月(さつき)仏蘭西(フランス)の野は火の色す 君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟」

きみもコクリコ われもコクリコ

Photo_20200508235901

 

『ひなげし』は、フランスの画家クロード・モネが1873年に描いた絵画[1][2]。『アルジャントゥイユのひなげし』

 ひなげしは栽培されているのではなく、ヨーロッパの野草で この時期 どこにでも咲いている。それが近年 日本にも渡ってきて まつのき公園でも咲く。

 後年 与謝野晶子は家族全員がスペイン風邪に感染した。
そして
「…与謝野晶子は、日本政府の対応の悪さを新聞紙上で酷評している。『大呉服店、学校、興業物、大工場、大展覧会等、多くの人間の密集する場所の一時的休業を命じなかったのでせうか』。一家総倒れの《感冒の床から》の本音であったろう。…」

蛇 足
このケシは麻薬の原料のケシとは 別種

不正なケシの見分け方

残念 まだ休園だった どこも

残念 まだ休園だった どこも

どこか緑のある空き地を探そうかな

2020年5月 7日 (木)

カタバミの花とアメリカフウロ

_edited1_20200507185901   まつのき公園で 今日も 日本古来のカタバミの花

 草花を「おいしそうに」写すために試行錯誤を重ねている。

Photo_20200507202701

 


 。

 

Photo_20200507184201

 

 

 

アメリカフウロのくちの中がうまく写った。めしべの五つの先端がわかる。一つの花に五つの種が付く

きょうはリハビリ

 あちこちの公園のOpen情報の発表があるかな

テレビでYouTubeを見る方法

https://appbu.jp/youtubeontv

2020年5月 6日 (水)

明暗が分かれた吉村知事と小池知事の記者会見

ナガミヒナゲシ

Photo_20200506221701夕立のあとの雨にぬれたナガミヒナゲシを撮った。
 
反 省
 ストロボの扱いに いろいろ 試行錯誤している。
Photo_20200510005801

2020年5月 5日 (火)

カタクリ6月の予定

8月31日まで公民館は閉鎖の連絡アリ

6月7日(日曜) 2020年
小会議室2(定員24名)

6月21日(日曜) 2020年
小会議室2(定員24名)


まつのき公園は〝混雑〟

親子連れが何組か来ていたのでおいらは遠慮した

うれしい予感
 神代植物公園は5月7日からオープンするようだ。7日おいらはリハビリだから公園に行けるのは8日だね。

その前に昭和記念公園も新しい情報があるかも

2020年5月 4日 (月)

ノゲシの旅立ち

Photo_20200504195701 まつのき公園の片すみで
ノゲシの子が風に乗って旅立とうとしていた

 ストロボ2灯 うち1灯は赤いフィルターを使用して補助光とした。

余 談
 公園の閉鎖が解除されるらしい。よかった ヘビイチゴの撮影が楽しみだ。

Photo_20200505064901  下はひなげしの実

 

2020年5月 3日 (日)

ウイルスと闘う人に敬意を

ウイルスと闘う人に敬意を | おはよう日本 | NHK

 

今日のおいらは食料の買い出し

ラーメン屋店主が作る!チキンラーメン焼きそばの作り方!
 ↑ けんますクッキングの創作

やってみようかな

2020年5月 2日 (土)

キュウリグサの花とタンポポの綿毛

Photo_20200502182101 今日もまつのき公園


 こうやって撮ってみるとキュウリグサは花の透明感が魅力的だ

 

 

2dited1_20200502175901
 ↑ クリックして拡大してほしい。まるで〝天使の花〟だ。
    自画自賛

 

 あしたからも〝小さな花〟を見つめたい

 

2020年5月 1日 (金)

まつのき公園のアメリカフウロ

_edited1_20200501181701 まつのき公園のアメリカフウロ

 あと1~2週間ほどでタネができて 秋でもないのに葉が紅葉する。

 この仲間にゲンノショウコという日本原産の花がある

 参 考
アメリカフウロの種

ゲンノショウコの種

Photo_20200502002501下の写真は アメリカフウロの紅葉とタネ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »