フォト

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

金曜日は ひさしぶりの記念公園

Photo_3

 赤い馬酔木を下から撮った。 この馬酔木(あせび)は2月22日の撮影。

   
 藤井さんからの連絡で こもれびの家付近の電気系統のトラブルでトイレなどが使えないらしい。あちこちのトイレが使えないのは〝大問題〟

 仕方がないから砂川口の梅林あたりをウロウロしようかと思う。  春の草花の芽吹きなどを観察しよう。
 

 今日のまとまった雨で木の芽はさらにふくらんでいるだろう。

Photo

 今日はリハビリ
午後は雨のようだ
 
 花のオシベがあちこちの方向にはじけている。これが梅の可憐さを際立たせている。
 
 写真をすばやく表示させるソフト「Fast picture viewer」 、どういうわけかExifが表示されなくなった。そこで「FastStone Image Viewer」に変更。これも無料。こちらのほうが断然いい。RAWファイルも瞬時に表示する。
 
 
歩 数  2150歩
https://www.youtube.com/watch?v=paQoYUfOZi8

2019年2月27日 (水)

五郎のテーマ

               
    家族っていいな  
木曜日はリハビリ

2019年2月26日 (火)

ネコヤナギ

Photo_3

 ネコヤナギが暖かそうな芽をふくらませていた。

 府中の郷土の森に例の台湾娘のカメラマンが来ていた。オイラはいつも「声がでかいな」というものだから、この日は静かにしゃべったよ。

 梅まつりということで、ピンクグレーの花を探した。ところが探すまでもなく 梅は多少グレーがかっていることが分かった。

 ようするに梅はボケの花に色の濁り具合がすこし似ているのだ。
 

歩 数    5436歩

居島一平(おりしまいっぺい)という人と 「山本七平」

 虎ノ門ニュース 18分ころから

弘法大師・空海を語り尽くす

 

2019年2月25日 (月)

ミソサザイ

2

ミソサザイ 小さな鳥だ

 これは佐藤さんが2月20日午後2時20分に撮影した写真。
 ExifデータをみるとISO500というとんでもなく低い感度で撮影している。フルサイズのキャノン「R」ならば、最低でもISO1600で撮れたと思うよ。

歩 数   2000歩

 今日はウィーンへ音楽データの入ったDVDを郵送した。
 窓口の人が「オーストリアですね」というので あわてて「違う・ちがう !! オーストリア!ヨーロッパです」と、声を荒げてしまった。国名が紛らわしいから いつものように カタカナで「ヨーロッパ」と書き足しておいたのに。

あしたはパスポートを受け取りに行く。

2019年2月24日 (日)

この国の持つ民度のおかげでした

Photo

 写真は在位30年記念式典で、おことばを述べる天皇陛下を手伝う皇后さま
=2019年2月24日午後3時1分、東京・国立劇場
 陛下は天皇の務めを人々の助けを得て行えたことを「幸せなこと」と振り返り、「この国の持つ民度のお陰でした」とも述べた。
 ともどもに平(たひ)らけき代(よ)を築かむと諸人(もろひと)のことば国うちに充(み)つ
 おことばの中で、天皇陛下は平成が始まって間もない時期に皇后さまが詠んだ歌を紹介した。当時、全国各地から「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」との「決意に満ちた言葉」が寄せられたと明かし、「私どもは今も大切に心にとどめています」と声を詰まらせながら語った。
 
 おいらは「民度」という きわどくも 的を射た言葉に強く共感した。
 
今日はパソコンだった  約1000歩

2019年2月23日 (土)

女を張り倒す歌 DV・パワハラ讃歌?

            
 ♪ あんたの時代はよかった。男がピカピカのキザでいられた
 
ボギーとは映画「カサブランカ」の俳優ハンフリー・ボガートのことらしい。
1979年リリース。
 第21回 日本レコード大賞 金賞
 
 このような曲がヒットした時代があったんだね。ヒットといえば岡村選手がサイクルヒットを飛ばす その6年も前のことだ。

10年前のおいら

Photo_2

 あした日曜日はパソコン
翌・月曜日と火曜日は昭和記念公園は「休園日」。郷土の森ならば月曜日も「梅まつり」をやっているからオープン。

水曜日は歯医者へ
木曜はリハビリ

 この次昭和記念公園に行くのは金曜日。

 

Images

 ネットでグレー・ピンクの梅を探した
 ネットでは現実のグレーピンクの花は見つからなかったが、和風の小物の色に使われている例はある。
 ようするにサーモンピンクのような抽象的な色、それもなかなかよろしい…と思う。

2019年2月22日 (金)

紅千鳥と馬酔木(あせび)

2

5弁の花の形がはっきりしている梅を撮った。

 先日「ピンクがかった〝グレー〟の梅」を見た。花弁は八重。そんな地味な花、見たことがなかった。

梅は満開になる前がいい。

平戸さんから一句
「紅千鳥 如月に咲く 一輪のどこかで春が 生まれているか」‐

Photo

 

下は馬酔木

歩 数   3730歩

2019年2月21日 (木)

緑の胞子嚢

Photo_4

 あしたも昭和記念公園に行けそう

池と梅

梅がおいしそうに写っている と思うPhoto

これをおいしそうだと感じるのは〝和菓子〟を知っているからか

ピントが合っているのは右上の一輪だけ。

2019年2月20日 (水)

紅千鳥

Photo_2

 光源で挟み撃ちをすると花が輝くという「法則」の実証

八重咲のように見えるけれど一重だそうだ。
背中合わせにもう一輪が重なっているのか。

 

 下の写真 去年撮った「黄金を背景にしたしだれ梅」
この梅、少し咲き始めた。ことしも同じように撮れるか楽しみ。

Photo_3

岡村選手、今日はお休み

あしたオイラはリハビリ

黄金の背景撮影とレタッチの仕方  ← クリック

 

歩 数   3766歩

2019年2月19日 (火)

紅梅が一輪 輝いていた

_edited1

 相模原北公園で

 いつものようにストロボ2灯。これは「光源で〝はさみうち〟にすると輝く」という法則。

 昭和記念公園は今夜の雨で明日の雑木林はしっとりとしていることだろう。
 
 あしたは昭和記念公園に行く。翌日の木曜日はリハビリ
 
 
 ウィーンにパソコンを送ることはあきらめた。直接おいらが持ち込むことにした。孫たちがおいらをサポートしてくれるというから。
 壊れないように厳重に梱包すると箱が大きくなり、重くなる。送料がたいへんだ。
https://www.youtube.com/watch?v=8cDBmoJQv9o&t=86s

2_2

Photo

テントウムシ

2

 9年前の撮影。複数のストロボを使い、右側からは青いストロボをさりげなく当てた。光沢がテントウムシの魅力のひとつだからね。

 相模原北公園で撮ったが近年殺虫剤の使用が増えて、おいらが好きなテントウムシは極端に少なくなってしまった。

Photo

 昭和記念公園もテントウムシが少ない。なぜだろうか。

 

 ドイツでは昆虫保護法の制定が検討されているそうだ。

蛇 足   勝利のキス →

2019年2月17日 (日)

早春の紅梅

3_edited1

 紅葉写真のワザを応用した。ストロボをこちらから浴びせている。

あした月曜日は整形外科に通院

翌火曜日はノートパソコンをウィーンに発送のよてい。

日本庭園から「こどもの森」の停留所へ向かう途中 、すれ違った若い女性から「がんばって歩いてますね」と激励された。介護のお仕事をしているのかもしれない。年寄りの扱いに慣れているようだった。

歩 数   4445歩

ウグイスカグラの果実

_edited1_2

2010年5月神代植物公園で
さて今日も雑木林でコケ写真か

2019年2月16日 (土)

梅の季節

Photo_2

 この写真とても気に入っている。口笛おじさんだってこうは撮れないよ きっと

 このショット、背景は曇り空だった。翌日 青空を背景にこの構図で撮ってみたが、この写真には及ばない。そらの「青」が花の「赤」とぶつかり合ってしまった。

2

 砂川口停留所のわきにある色の濃い紅梅。たしか鹿児島なんとかという名前だったような気がする。

 いよいよ春の足音が聞こえてきた。

 早春賦

歩 数   3942歩

あしたも砂川口から入れるかな?

司馬遼太郎の談話
 
「戦国から幕末に至るまでの日本人は、人間というのはどう行動すれば美しいのかということばかり考えてきたような感じがありますね。(中略)『人間はどう行動すれば美しいか』であって、『どういうふうに成功するか』ではないんです。(司馬遼太郎)

蛇 足

 日露戦争が終わると 出世競争に熱心な青年将校たちが現れるようになった。その少数派が『どういうふうに成功するか』とばかりに競争に勝ち抜き、やがて軍の中枢を占めてしまった。

 彼らの未熟な世界観はこの国を滅亡へと導くことになった。しかしこの国には 出世競争とは完全に無縁な人間がいた。天皇陛下である。記録によれば昭和天皇は幼少のころから『人間はどう行動すれば美しいか』を学んできた。そして天皇陛下の謙虚で崇高な意思が土壇場のこの国を滅亡から救った。

 終戦の最後の御前会議で さも勇ましそうに「徹底抗戦」を主張した者は 自分が1日でも長く生き延びることを考えていたのではないか。国民の生命を犠牲にして である。

2019年2月15日 (金)

土・日は昭和記念公園へ行く。

 砂川口から入ってパークトレインでこどもの森に行くつもり。トレインはたぶん2~3台の運行だろうと思う。

歩 数   2380歩

2019年2月13日 (水)

笑いさざめく 胞子嚢 そして なつかしい人に出会った

Photo_6

 コケの胞子嚢が がやがやと 笑いさざめいているように見えた。
 胞子嚢のやつら ボヤペンの悪口でも言っているんだろうか
 
 
Photo_8
 本日オイラは岡村さんとお話ができたよ。
 千葉の小学生虐待事件を嘆いていた。
岡村さんの動画  ←ここにも貼りつけ
「なつかしい人に出会ったような…」明治チェルシーの唄…八神純子 
       「歌いたくなるような一日」  
 
岡村選手
1985年5月22日、サイクルヒットを達成。
外野守備のスペシャリストとして西武ライオンズの黄金時代に貢献。
 
  いままでに73人しかいない 岡村選手は39人目
 
  歩 数   2402歩
 
あしたは木曜日でリハビリ。
金曜日は役所や郵便局関係で忙しくなる   
 
 

水滴の写真

Photo_2

水滴写真のサイト をみつけた

  100円ショップでスポイトをたくさん買った。

こちらはタネあかし

 
 
 

2019年2月12日 (火)

夕日が恋しいな

 今日は通院、あした13日は昭和記念公園に。

Photo

 

2019年2月11日 (月)

朽木のランと2種類のコケ

Photo_3

 こもれ日に浮かび上がる蘭  
ランではなくキチジョウソウだそうだ。
 
 食べればおいしそうだが まずササやんに食べさせてテストしないと危ない
 

4

5

 蘭のわきのコケ、胞子嚢は緑色
 
 
 
 
 
杭の上のコケ
 先端の三角帽子が外れているものがある。
 ようするに胞子の放出が始まったようだ
 
あしたは通院
 
岡村さんは水曜日らしい 水曜はトレインが1台。 
 
歩 数   2707歩
 
 あしたは たまごかけご飯を食べようかな
 

朽木から生える「蘭」

Photo_2

 雑木林のコケの生えた朽木からニョキニョキと…これはラン(蘭)かな

 
 
 
あしたは内科クリニックへ
 
歩 数   2707歩
 緑の胞子嚢と褐色とでは異なるコケのようだ。あとでアップする
 
 
   君の目の前の 小さな草も
   生きている 笑ってる
   ホラ 笑ってる
 
   君の目の前の 小さな花も
   生きている 泣いている
   ホラ 泣いている 
 
 

2019年2月10日 (日)

エルマイヤーダンススクールのフロア

 おいらも10年前 このフロアでレッスン受けたんだよ。
          
 部屋を仕切って かなり狭くしている 

1_2

Photo

あした月曜日は昭和記念公園へ行く

月曜日は昭和記念公園へ行くつもり

 翌日火曜日は内科クリニックへ

夕焼けを期待してたそがれスポットに行ったが、残念ながら空は晴れなかった。

青春サイクリング

みつけたサンバホイッスル

ドラムをたたいている男性の首にホイッスルがぶら下がっている。

Photo

かっこ いい吹奏楽 ← クリック

八神純子が吹くサンバホイッスル ← クリック

2019年2月 9日 (土)

明日の日曜日は郷土の森かな

天気予報によれば明日の日曜日は北風。夜になれば曇り。

そうするとたそがれスポットでは富士山と夕焼けが期待できる。
 そして月曜日は雪?、火曜日は内科クリニック。
でもね、日曜日はパークトレインの岡村さんが〝出動〟するよ。

いいとこ取り 日本人(の寛容・柔軟性)

世界もビックリ「日本人の宗教観」 ハロウィーン、クリスマス、バレンタイン 楽しい行事いいとこ取り
 
産経新聞から
 
 
 自ら発明したお祭り・行事……恵方巻、キツネの行列(複数)など
 
湯河原に行った。小峰さんと石塚さんに会った。
            
歩 数  1710歩

2019年2月 8日 (金)

胞子嚢の三角帽子

Photo_2 胞子嚢

この胞子嚢、あたまに三角帽子がついている。

ストロボは真上と左からの 計2発

おいらは春を迎える準備が整いつつある。

 ← No.10のクローズアップレンズで撮影

 

Photo_4

 

 

 

                                                     西武の岡村隆則コーチ
                                                        173cm
                                         吠えろライオンズ

                             インタビュー動画

参考  2月4日の胞子嚢の写真ではアタマの上の三角帽子に気付かない。
 No.10のクローズアップレンズの威力 !!

     歩 数  3517歩 

          あしたは 

冬のマクロ撮影 タムロン90mm  f/2.8  藤井さんにおすすめ

2019年2月 7日 (木)

Win10 ドイツ語

鈴木さんの希望では「OSはドイツ語で」ということだった。

なんと 今使っているOSはリナックス(Linux)というではないか。でも、とりあえずWin10で送るつもり。
   

 調べた結果、現在のWindowsのまま、設定で「地域の選択」と「言語の追加」をすることでOKらしい。アドバンストシステムケアをインストール中だけれど、一部の表記がドイツ語になっている。時刻の表示はウィーンの日付と時刻になっている。
 この記事を書き込むのに「ドイツ語」から「日本語」にマウス操作で切り替えた。
 鈴木多美子さんはエルマイヤーダンススクールで教えている。
   
あしたは昭和記念公園に行く
 土曜日は雪が降るのだろうか。
   
悪名植物みつけたよ  「継子の尻拭い」  ママコノシリヌグイ
  誰が名付けたかはわからない   

2019年2月 6日 (水)

ウィーンにノートパソコンを送ろう !! 作戦

                 
 赤いドレスの女性、鈴木多美子さんがときどきこんなYouTubes動画を送ってくる。ドイツ語のWindowsで日本語を操っているらしい。
 それならオイラには手持ちのノートパソコンがある。そこにWindows10を「日本語で」クリーンインストールして送ってやろうと考えた。そのさい、使用の本拠地をウィーンに設定しておく。
 ふだん無気力なオイラもチャレンジ精神がメラメラと燃え上がってきたよ。
   
今日は雨。
あしたは木曜日でリハビリ

2019年2月 5日 (火)

郷土の森には行ったけれど

 郷土の森には行ったけれどうどんだけ食べて帰ってきた。西に傾いた太陽が夕焼けとなりそうだったけれけど 残念ながら日暮れまでどんよりしていた。

Img_mc_02_lthumb800xauto1545

 あしたも天気はよくない。それでも郷土の森に行こうかな。雨がやまなければ プラネタリウムを観賞しよう。
 
 
 藤井さんの意見に反して 極端なクローズアップレンズ No.10を通販で取り寄せた。
 
 
歩 数   1282歩

2019年2月 4日 (月)

木の杭の上のコケを逆光で

3

 先日撮影した「苔の庭石」、今日は見つけられなかった。落ち葉の下に埋もれてしまったようだ。

 さいわい 朽ちた木の杭の上にびっしりと張り付いたコケをみつけた。昨夜の雨のため元気なように見えた。
 それを極端な逆光で 撮影。ときどき画面にストロボが写りこむ。

Photo      ストロボの位置 →
        ↓

Photo_2

 あしたは郷土の森へ行く。夕焼けが気になるから。

歩 数   2803歩

なかよし

Photo_2

   なかよしの家族

 ニコンのD750  D7100 だと こういう効果の撮影ができるよ。
 このカメラを使いたければすぐ買い替えようね。 

 

懐かしいNHKのテーマソング  「今週の明星」のテーマ

喜びも悲しみも幾歳月 

美空ひばりも「喜びも悲しみも幾歳年月」を歌っている

ともだち

  歩 数  995歩

「今週の明星」 ← 歌詞入り

 作詞 藤浦 洸

 作曲 古関裕而

輝きよ輝きよ

今宵またうるわしく

若き夢と あこがれの

光のみほしよ

(間奏)

夜空高く 愛の星は

若き胸にささやき

思ひこめて しのびよるは

楽し 歌のみほしよ

 

 

2019年2月 2日 (土)

アクションが格好いい吹奏楽

サンバホイッスル、だれが吹いているんだろう
   
余談
 明石市長のいわゆる〝暴言問題〟あれは暴言ではない。ただの叱責、とうぜんの叱責だ。
グータラ公務員ども、「休まず、遅(遅刻)れず、働かず」で高額な給料をもらっているんだよ。
 こんな税金泥棒公務員、平手打ちされるべきだ。
 
 おいらはそんな管理職どもに悩まされてきた。

庭石のある庭園

Photo_4

庭石のある庭園

 
 
今日は近場へ
あしたは公民館でパソコン 

2019年2月 1日 (金)

苔の胞子嚢

Photo_2

 コケが胞子嚢を伸ばしていた。昨夜のお湿りの影響だろうか。ここにペットボトルの水をかけて撮影した。

歩数   2934歩
Photo_3

 

 
 
 8年前に「実体顕微鏡」で撮影したスギゴケの胞子嚢

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »