フォト

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

ヤマガラの「ウヒョスケ君」

Photo_2ヤマガラが何かを見つけて「ウヒョッ!!」と驚いていた。

 

 

 

 

 

 

今日は腰の手術を受けた淵野辺病院に行った。薬をたくさん処方された。

歩 数  1609歩

2017年11月29日 (水)

窓の外のジョウビタキ♂

Photo_3

 今日は砂川口から入った。

 砂川口の売店でうどんを食べていたら、窓の外にご機嫌なジョウビタキがルンルンと踊りながら飛んできた。

 軒先のテーブルやいすが気に入っているようだった。

 

 

2

 

 

3

 

 

 

   ヤマガラもシジュウカラもアオジもガビチョウもボヤペンもみられた。

  今日は夕焼けがきれいだった。

Photo_4

歩 数  4109歩

余 談
 口笛おじさん明日は大坂へ出かけるそうだ

雑木林の中のもみじ

Photo

 雑木林の中のもみじ

ボヤキのベンチから
 
 
おいらと赤軍派
 
 多くの若者がとほうもなく無邪気だった時代があった。そんな時代に赤軍派が誕生した。
以下Wikipediaから
 1969年9月2日に革命には軍事が不可欠であり、革命は「革命戦争」により勝ち取られるという立場から、塩見孝也ら30名のメンバーにより神奈川県・城ヶ島で結成。9月3日、関東学院大学金沢キャンパスに集結。9月4日に葛飾公会堂で初の決起大会を開いた。9月5日の日比谷野外音楽堂で開催された、全国全共闘結成集会に「蜂起貫徹、戦争勝利」のときの声とともに公然と大衆の前に姿を現し…
 
 
 その9月5日、おいらは日比谷野外音楽堂で彼らが竹竿に「赤軍」と書いた赤旗をくくりつけるのを見ていた。

2017年11月28日 (火)

ヤマガラ飛び立つ

1511880208b7zvwgksdrj1mvm1511880181

クリックするとヤマガラが飛びます →

イカルとメジロ

Photo

 イカルが飛び立つところ。

 ムクノキの実、まだ緑色のものと干からびたもの、その両方が写っている。もうしばらくこの木は小鳥を集め続ける。

 
 
 
 
 
 

Photo_2

 みんながイカルやシメをレンズで追っていたとき、おいらの目の前のサザンカにはメジロが来ていた。
 
 
歩 数  3203歩

2017年11月27日 (月)

ヤマガラとシジュウカラ

Photo_2

 屋根の上から首を出した。くちばしが濡れている。なぜだろうか?

 

 

 

 

 

Photo_4

シジュウカラ

 
 
 
 
歩 数   4912歩
 
 

Photo_5

 ヨーロッパのカラスに似た鳥
カササギだと思います
 
 
 
 ボヤキのベンチでルリビタキを待った。目の前のもみじがきれいだった。
ボヤペンの話では本日ルリビタキとミソサザイの声は確認したが姿は見えなかったそうだ。
 
 
iPhoneに替えた

2

 

2017年11月26日 (日)

多摩センターのイルミネーション

 京王多摩センターの駅前では11日からイルミネーションが始まっているらしい。

 ここには自動車やオートバイは入ってこないとても静かで安全な場所。ファミレスもマクドナルドもあるから子連れには最高。

Photo

 画像は昭和記念公園のもの。
 
 
 
 
歩 数   1040歩

2017年11月25日 (土)

野鳥は美しい

Photo_2

ヤマガラの後ろ姿だ。

一昨日、とても近くから撮影できた。

 本日は冬用タイヤに取り替えた。

 明日26日の日曜日は公民館でパソコン。運動不足が続いてしまう。

あしたスマホをi-phoneに取り替えようか。

記念公園には月曜日から行ける。

 

歩 数  1309歩

2017年11月24日 (金)

第三の男

若山弦蔵の解説  2014.01.17 放送
町山智浩の解説  2015.03.19 公表
 ビデオでオーソン・ウェルズの「第三の男」を観てから30年余り、この解説を聞いて初めて作品の意味がわかった。DVD借りてきてもう一度見なくちゃ。

ヤマガラとカヤの実

Photo

 ヤマガラとカヤの実

ヤマガラはやはりカヤの実を食べていた。このカヤの実は人間にも食べられるそうだ
 
 
 
 
 
 
歩 数   2488歩

映画のように踊りたい! 二人で踊るダンスの魅力

おもしろいサイトを見つけた

映画のように踊りたい! 二人で踊るダンスの魅力

2017年11月23日 (木)

今日もヤマガラくん

2_edited1

 長沢さんに教えてもらったポイントで小鳥を待った。今日はヤマガラとシジュウカラ

カヤの実をひろいに来る。子猫のような表情がかわいい。

 
 

Photo_2

 
 
 
 
歩 数   4481歩

アン王女 最良のとき(ローマの休日)

Photo

 最良のとき・瞬間(ローマの休日から)

王女と床屋さん

2017年11月22日 (水)

イカル

2_2

イカル

 
 

 
 

歩 数   2028歩

思い出のワルツ

3_2

 思い出のワルツ だ。

2017年11月21日 (火)

ヤマガラ君

Photo_2

新選組の長沢さんが撮影ポイントを教えてくれた。

 そこではしあわせそうなヤマガラ君がポーズをとってくれた。

 
 
 
ほぼおなじ場所で
 イルコ・アレクサンドロフさんも美人モデルを相手にしあわせそうだったよ。
 おいらたちのモデルは小鳥だった。
イルコさんが当日、その場所で撮影した動画
  歩 数   3613歩
 
 
明日は午前に用事があり、午後は肺炎球菌の予防接種。

2017年11月20日 (月)

The Second Waltz(セカンドワルツ)

ソビエトのショスタコーヴィッチ 作曲
 世界一楽しいオーケストラといわれるアンドレ・リュウが好んで演奏する。
3年前に入院していたとき病室で何度も聞いた。

今日はリタイア

西立川口から入って徒歩で花木園のスイレンの池へ行った。
そこでアトリの尻を撮り、カワラヒワの群れを撮るなどしてベンチで昼食のパンを食べた。
 
そこからこどもの森のポイントに向かったが、途中足の動きが悪くなった。
 
 「たにのはし」の50メートル手前で残念ながら〝撤退〟を決めた。
子どもの森の停留所からパークトレインで戻った。
 
歩 数   6725歩
理由で思い当たるのは寒さのために足が冷えてしまったのだと思う。明日は砂川口からパークトレインで子どもの森に直行したい。

2017年11月19日 (日)

今日はパソコン

久しぶりに田加井さん出席
 
 
明日の20日こそルリビタキが見られるかも
 
 
歩 数   1605歩
 
 
余談 いよいよデジタル一眼は実質1億画素に迫ろうとしている

ルリビタキの声

暮れなずむ町

 武田鉄矢、若かったね。この歌は武田鉄矢の自身の失恋がもとになってできたと本人がラジオで言っていたよ。

2017年11月18日 (土)

パラシュートの降下

2_2

 パラシュートが降りてきたよ、楽しそうだった。空中で隊員どうし大きな声で話をしていた。

たいしたもんだと思う。
 
 昨日の17日、午後3時14分、スイレンの池から空を見上げて撮影。
 
 
本日18日の歩数  1364歩
明日は公民館でパソコン

2017年11月17日 (金)

オオタカとカワラヒワとオオカワラヒワ

_edited1_2

オオタカ

バードサンクチュアリの「のぞき窓」から撮影。

 主なメンバーがこののぞき窓からの撮影を楽しんだ。口笛おじさんもご機嫌だった。くちぶえさん、このオオタカと視線が合ったといって無邪気に喜んでいた。

ところで

 去年のルリビタキ来訪から今日・明日あたりちょうど1年という記念日らしい。しかし明日は1日中冷たい雨。

 ちなみにルリビタキの来訪を告げるブログなどの書き込みは、ほかにも見当たらない。

 

2

カワラヒワ
ここで「カワラヒワ」と簡単に決めつけたけれど、正しくは「オオカワラヒワ」であるとコペルさんが言っていた。
 オオカワラヒワは冬になるとカムチャツカ半島からやってくる渡り鳥。
 
その両者の違い ←クリック
 
 
ありふれた小鳥と思っていたカワラヒワ、この冬はその細かい差異を観察してみたい。留鳥のカワラヒワと冬にわたってくるオオカワラヒワの差異。
 
歩 数  6453歩

2017年11月16日 (木)

ボケとマルハナバチと

Photo_3

 ボケの花にマルハナバチが群れていた。順光で撮ったためストロボを使ったように写っている。

 
 
 
 
 花木園前の睡蓮の池、サギソウが生えるところと葦との境界付近、そこに黒い小鳥が草のタネをつついていた。
 その小鳥の黒さは〝真っ黒〟に見えたほどだ。長谷川さんに話すと〝クロジ〟だろうという話だった。
クロジはとても珍しいらしい。
 
 
 歩 数  6871歩

もみじが美しい

Photo_2

 もみじにはさまざま種類がある。渋く紅葉するものと透き通るように赤くなるものもある。
 
 
 今の気分では透明系の飴細工のような〝赤〟が楽しい。

 

 

2017年11月15日 (水)

アブとリンドウ

2

立冬も過ぎているのにアブがリンドウに来ていた。

ホソヒラタアブだ

凛憧(りんどう)さだまさし

 

 

 

歩 数   4055歩

雨上がりのイチョウの道

_edited1

 4年前に撮影したイチョウの小径
                 
昭和記念公園

 秋は雨上がりが美しい。地面も色づくからね
2013.11.26.  D7100  24mm 1/250sec f/9 iso400 -1.3Ev
RAWファイルをCaptur NX2で現像。

2017年11月14日 (火)

夢のパークトレイン

Photo

 今日は1日中部屋にこもって寝ころんでいた。

 おいらのあたまの中のパークトレインは虹色のけむりを吐いて走る。
歩 数   151歩

2017年11月13日 (月)

常連

 ←  クリックすると1510573312tblksaxskgblgkm1510573287

シメ

Photo

 ムクノキのてっぺんに今日もシメが来ていた。

 体形はイカルと似ているがシメのほうが小さいそうだ。岡田さんもボヤペンもそういっていた。
 Nick平田さん ←クリック
 
 
 
歩 数   4113歩

2017年11月12日 (日)

芸術写真家 ミスター・ユニオシ

 オードリー・ヘプバーンの「ティファニーで朝食を」に登場する日本人、ミスター・ユニオシ のテーマ。作曲 ヘンリー・マンシーニ。
歩 数  917歩

2017年11月11日 (土)

歩数  4648歩

昭和記念公園

  よく晴れたが夕方寒くなった
 家に戻るとき、転倒して一人では起き上がれなかった。通りかかった人や多くの人に迷惑をかけた。車いすを貸してもらって帰宅。

2017年11月10日 (金)

ジョウビタキはうしろ姿が

Photo_3

 ジョウビタキはうしろ姿がうつくしい

 
 
口笛おじさんに見せびらかしてやりたい
 
 
歩 数   875歩
 
 
余 談  クルマの定期点検は終了、冬用タイヤを準備しなくては…

2017年11月 9日 (木)

北風の中のリンドウ

Photo

りんどう峠

 防寒コートを着込んでいったが、からだを動かさないと寒くなった。

 あおぞらがきれいだったから多くの仲間と会うことができた。

 風邪が治りきっていないから早めに引き上げた。
 
 
 
歩 数   4274歩
 
余 談  明日10日はおいらの軽自動車の定期点検を予約している

2017年11月 8日 (水)

イカルとアオバト

Photo

 ← イカル

おいらにとってイカルは2年ぶりだ。
 
 
 
 
 

Photo_2

アオバト →
 
 
 雨は午後1時ころにあがった。ムクノキの実、いろんな鳥が食べにくる。
明日から寒くなるそうだ。
 
 
歩 数   3600歩

2017年11月 7日 (火)

木の実を口にほうり込むアオバト

Photo

 ムクノキの実、枝からむしり取って口の中にほうり込んだよ。

一昨日の撮影。

今日は通院日。

 歩行の改善とともに毎日の歩数が増えて、血液検査のデータがよくなった。

ついでにインフルエンザの予防接種を済ませた。
肺炎球菌の予防接種は22日の予定。
 
 
歩 数   1272歩

2017年11月 6日 (月)

今日はお酉さま

Photo

おとりさまとは酉の市(とりのいち)のこと。

 昭和記念公園から大國魂神社に移動。熊手の売り買いと元気いっぱいの拍子木がうれしい。

本日の夕食はここのケバブ。

歩 数   4861歩

2017年11月 5日 (日)

今日もアオバト

Photo

 今日もアオバト

 
  この木はムクノキだそうだ。
 
 
 
 
歩 数   9895歩
もうすこしで目標のオーバー1万歩
余 談
 今日アメリカのトランプ大統領が横田基地に着くということだった。そこで専用機エアフォース・ワンが着陸態勢に入るところを撮影すべく水鳥の池の前で待ち構えた。しかし風の向きのためか侵入コースが逆だったようだ。

2017年11月 4日 (土)

おかえりなさい!!…? アオバトさん

Photo_2

 アオバトに会えたよ

 おしりの模様が去年の個体とは違っているようだ。くちばしの色も昨シーズンの鮮やかな「青」ではない。

 しかし落ちつきはらった立ち居振る舞いはおなじ。

 

 

 

2_2

歩 数   8747歩

2017年11月 3日 (金)

メジロには食べきれない

Photo

 たわわに実った熟した柿、そんなに食べるとメタボになるよ(昨日の撮影)。

 この柿の木にはヒヨドリもカラスも来る。そして枝の高いところでウラギンシジミらしき蝶もひらひらと飛んでいた。

 調べたところどうもウラギンシジミのようだ。この蝶は腐った柿などを好み、花の蜜は吸わないそうだ。

 

 歩 数  779歩

2017年11月 2日 (木)

クロコノマチョウの日光浴

Photo

 クロコノマチョウがひなたぼっこしていた。樹液を吸っているのは1匹。そして順番を待っているのか、その周辺の地面に何匹かがとまっている。

 
 
 
 
 
 

2

 
 
歩 数   8245歩
 昨日も今日も足の調子がよくてたくさん歩けた。しかし6000歩を過ぎたあたりから、疲れてヨタヨタになってしまった。
 ボヤペンたちが珍しい鳥を撮ったといって喜んでいた。このシーズンはおおいに期待できそう。

2017年11月 1日 (水)

リンドウとマユミ

Photo_3

 リンドウがもう少しで咲くところだ。つぼみでもじゅうぶんに気品がある。

 
 
 
 
 
 
 
 

Photo_4

 

歩 数   4400歩

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »