フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 御巣鷹のふもと「慰霊の園」に行ってきた | トップページ | 幸せ呼ぶ青いハチ、南阿蘇に戻る (ルリモンハナバチのこと) »

2017年8月13日 (日)

「もしも魔法が使えたら」

 第二次世界大戦末期、米軍の空襲で両親らを失った戦争孤児11人の体験を描いた画文集「もしも魔法が使えたら」(講談社)
   苦しみに耐える子どもの顔は、あまりにも優しい。

 5~6年前、おいらは戦災孤児のその後の人生についてネットで調べたことがある。ところが当時はほとんどわからなかった。その孤児たちが最近になって悲惨な体験を語りだした。

鐘の鳴る丘(とんがり帽子)

ガード下の靴磨き


Photo

 

 歩 数  2464歩

今日は公民館でパソコン

昨日ホームセンターで買った靴、とても快適。半年はもつかな?

« 御巣鷹のふもと「慰霊の園」に行ってきた | トップページ | 幸せ呼ぶ青いハチ、南阿蘇に戻る (ルリモンハナバチのこと) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516301/65657667

この記事へのトラックバック一覧です: 「もしも魔法が使えたら」:

« 御巣鷹のふもと「慰霊の園」に行ってきた | トップページ | 幸せ呼ぶ青いハチ、南阿蘇に戻る (ルリモンハナバチのこと) »