フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月20日 (日)

スケバハゴロモ

2

スケバハゴロモ

岡田さんにその場所を教えてもらった。今シーズン初めてストロボを使った。
 
 
 

Photo_2

オオセイボウの交尾

0

  撮影結果をPCで確認して気がついた!! オオセイボウが交尾していた。

 
上の写真、上になったオスが生殖器を伸ばしている。
そして下がドッキングした状態か。
 
 
 
 

Photo

2017年8月19日 (土)

ルリモンハナバチ、その後

 昭和記念公園のルリモンハナバチはここ2~3日、こもれびの家の裏には姿を見せないそうだ。しかしスジボソコシブトハナバチはそこのイヌゴマの花に来ている。

 
 現在どこで蜜を吸っているのかを仲間が探している。見つけ次第このブログでお知らせしたい。

Photo_4

 しかしルリモンハナバチはオオセイボウとは異なり特定の花の蜜に執着しない傾向がある。おいらは去年ムラサキツメクサで吸蜜しているのを確認している。
 
 
ところで
 広い公園には野草が多い。そしてこの夏、イヌゴマの保護をめぐって〝こもれびボランティア〟の協力を取り付けた。
 これからも彼らと仲良くしてどこに何が咲いているかを、あるいはもっとストレートにどこにどんなハチが来ているかの情報を得たい。
 
[ 名言 ]
 

クロアナバチ飛ぶ

Photo_3

 クロアナバチ飛ぶ
 
 
歩数   5002歩

栗の実、秋の予感

Photo

 栗の実が大きくなってきた。この実がはじけるころが本格的な秋だ。

 
 
 日本庭園停留所のところに栗の木がある。毎年この実を拾い損ねているんだと、ボヤいた人がいる。

2017年8月18日 (金)

スジボソコシブトハナバチ

2_2

 ブーンという羽音をたててスジボソコシブトハナバチが登場した。

 これに対してルリモンハナバチは音を立てずに飛ぶ。なぜかというとルリモンはスジボソの巣に〝こっそり〟接近する必要があるからだろう。
 栃木県のサイト、レッドデータブックとちぎによればこのハチはルリモンから被害を受ける関係にあるようだ。
 
ルリモンを育てているのはこのハチだということ。

キンケハラナガツチバチ

Photo

 キンケハラナガツチバチ(たぶん 金毛腹長…)

 ツチバチにしては美しく感じた。日が射したからかもしれない。
 
 
 こもれびの家のルリモンハナバチのポイントが気になった。このブログにルリモンの場所を載せてから、北関東~九州までのエリアからおいらのブログにアクセスがある。
 
 
というわけで、雨に降られようがどうしてもあのポイントが気になった。そこは多くのカメラマンに土が踏み固められていた。みんな喜んでくれただろうか。みんな岡田さんのおかげ。
 
 
歩 数  4739歩

ミソハギⅡ

2

 昨日17日はあまり外出しなかった。夕刻ホームセンターに行った。

 
 
 8月8日に撮影したミソハギ、撮影データの数字が〝かなり変わっている〟ので載せてみたい。シャッター速度1万6千分の1。まっ昼間なのにISO 3200で。
 夜の撮影から帰って、そのまま昼間を撮ったようだ。今後の参考になる。
 
 
 
α9、400mmズームに1.4倍のテレコン(556mm)、1/16000sec、 f/8、 ISO3200、 -1.3Ev
 
 
歩 数  3012歩

2017年8月16日 (水)

新野盆踊り

2

新野盆踊りの会場に来ている

  霧雨のなか始まった

こうして健全な日本人の感性が培われていく。

 

1

歩 数   5942歩

日本が失敗するパターン

【終戦の日】「日本が失敗するパターン

2017年8月15日 (火)

明日は長野県へ

Photo_2

 明日は長野県阿智村の「満蒙開拓平和記念館」と「新野盆踊り」の見学に行く。

 
 
 
 
写真は8月3日に撮影した「飛び去るルリモンハナバチ」
 
 
余 談
 今日は雨だったから、カメラのキャリーカートに少し手を加えた。おいらのカートは自慢できる。段ボール製だから切ったり貼ったり、補強したりが自由な点だ。そしてなによりも安上がり。
 
 
歩 数   1356歩

2017年8月14日 (月)

喜びも悲しみも幾歳月

5 星を数えて 波の音(ね)きいて
  共に過ごした 幾歳月(いくとしつき)
  よろこび悲しみ 目に浮かぶ
  目に浮かぶ

キツネノマゴのヤマトシジミ

Photo_3

ぶんぶんぶんハチが飛ぶ…」という童謡があるが、スジボソコシブトハナバチは本当にぶんぶんと音を立てて飛ぶ。

1匹のスジボソ…をレンズで追いかけているうち見失って、羽の音も聞こえなくなった。

 

 ふと見ると、シジミチョウが2匹キツネノマゴの蜜を吸っていた。いつもの「こもれびの家」のうらで。

歩 数  5761歩

Photo

蛇 足 
  去年、藤井さんがキツネノマゴに来たルリモンハナバチを撮影している。キツネノマゴはどこにでもありふれた〝雑草〟なのだが、蜜は良質らしい。

右の写真はキツネノマゴのルリモン…。

「こもれびの家」は昭和記念公園内のパークトレイン停留所「子どもの森」の目の前。

余 談
 明日は終戦記念日。

幸せ呼ぶ青いハチ、南阿蘇に戻る (ルリモンハナバチのこと)

 幸せ呼ぶ青いハチ、南阿蘇に戻る   朝日新聞デジタル
 
ルリモンハナバチはバジルの花に来ているそうだ。バジルはシソ科メボウキ属。
こもれびの家のポイントに出かけた。多くのカメラマンが踏み固めた痕跡があった。
本日おいらはルリモンを見られなかった。そのかわりルリモンハナバチよりも珍しい「スジボソコシブトハナバチ」を確認した。

Photo

 
 この蜂は栃木県では絶滅が危惧されているらしい。ブンブンと羽の音を立てて飛び回っていた。
   ↑栃木県のHP

2017年8月13日 (日)

「もしも魔法が使えたら」

 第二次世界大戦末期、米軍の空襲で両親らを失った戦争孤児11人の体験を描いた画文集「もしも魔法が使えたら」(講談社)
   苦しみに耐える子どもの顔は、あまりにも優しい。

 5~6年前、おいらは戦災孤児のその後の人生についてネットで調べたことがある。ところが当時はほとんどわからなかった。その孤児たちが最近になって悲惨な体験を語りだした。

鐘の鳴る丘(とんがり帽子)

ガード下の靴磨き


Photo

 

 歩 数  2464歩

今日は公民館でパソコン

昨日ホームセンターで買った靴、とても快適。半年はもつかな?

2017年8月12日 (土)

御巣鷹のふもと「慰霊の園」に行ってきた

3

御巣鷹山のふもと、慰霊の園に行ってきた

 ろうそくの光だけで浮かび上がった空間が美しかった

 
 
  上の写真、1/15sec、  f5.6、 ISO 25600、オーバー2万
 

 

1

下の写真、1/10sec、  f/4.5、  ISO 25600、
 
 
歩 数  4859歩
 
明日は公民館でパソコン

2017年8月11日 (金)

ミソハギ

Photo_3

ミソハギもよい蜜を出すようだ

先日のクソ暑かった日、この構図でカメラを構えてハチがやってくるのを待った。

しかしあまりの暑さに〝恐怖〟を感じて日陰に逃げ込んだ。

ルリモンハナバチの顔

Photo_2

ルリモンハナバチの顔

 ハチは人見知りをしない。月曜日にはいつもの場所でストロボを焚いて撮ってあげるね。
「こもれびの家」は昭和記念公園内のパークトレイン停留所「子どもの森」の目の前。

ジガバチが飛ぶ

Photo

 ジガバチは肉食の蜂だ。狩人バチ。

繁殖のために狩猟を行うが、成虫は蜜を食料にする。
 
この蜂の求愛はオスが自分よりも大きなメスを抱えておいしい蜜のある花へ抱きかかえていく、というもの。
 
それだけの体力を証明しないとメスには受け入れられない。それが繁殖の資格。それが大事
 
 むかし神代植物公園のハーブ園、とりわけラベンダーの畑ではトックリバチたちのドラマが観察できた。
 
近年、神代植物公園のハーブ園は荒れ果てて、雑草が茂っている。ガリレオさんの話ではボランティアが高齢化して、人数も少なくなっているためらしい。
 今日は休養とカメラのカートの改良などで1日をつぶした。
 
明日は日航ジャンボ機墜落の慰霊祭に御巣鷹山麓に行く予定。

2017年8月10日 (木)

ハラアカヤドリハキリバチとルリモンハナバチ

Photo

ハラアカヤドリハキリバチ
 ハーブ園で

 

ここからルリモンハナバチのこもれびの家に向かった。ルリモンハナバチは〝たくさん〟いた。ハチが現れるのを待つことはなく、何匹かのルリモンがつねにおいらの目の前にいた。
 
 

Photo_2

 しかし、曇り空で暗かった。暗すぎた。ISO 6400以上で撮影。
 
 
ハチ撮影のためのストロボを準備しよう。
 
 
歩 数  5292歩
 
参 考 「こもれびの家」はパークトレインの「子どもの森停留所」の目の前。
 
  ノートパソコンのメモリ増設完了

2017年8月 9日 (水)

ルリモンハナバチはこもれびの家の裏に

Photo_2

 おいらのルリモン予想は外れた。ハナバチたちが好むイヌゴマはそこから20メートルほど離れたこもれびボランティアの作業場の中にたくさん咲いていた。

 

 おいらが仲間の一人とおしゃべりを楽しんでいるうちに岡田さんがそこでルリモンハナバチを撮影していた。
 よかったよかった、この夏はこのあたりでルリモンハナバチを待ち受けることができる。
 
  写真はこもれびの作業場の片隅のイヌゴマ、ここにはたくさん咲いていた。
 メハジキはほとんど終わりつつある。
アキノタムラソウもこの近くにあった。こもれびボランティアの男性が花の場所に案内してくれた。感謝!!
 
 
「こもれびの家」は昭和記念公園内のパークトレイン停留所「子どもの森」の目の前。
 
歩 数  4771歩

ヘリヒラタアブ

Photo

 ハナバチではなく「ヘリヒラタアブ」と判明。

こもれびボランティアの男性とお話しした。

 その人も「青いハチ」の写真を持っている、という話だった。その写真を見せていただくと、その裏には「ルリモンハナバチ」「アオスジハナバチ」と二つ書いてあった。

 

 

ルリモンでもアオスジでもないので、接写させてもらった。その写真をおいらのブログにアップする許可ももらった。

 家に帰って調べたらアブと判明。ヘリヒラタアブ

2017年8月 8日 (火)

甘党を集めるメハジキ、ルリモンハナバチも来るはず

Photo_4

メハジキにはハチが来る。

 こもれびの家の誰でもトイレの目の前の石段を下ったところ。ルリモンハナバチはきっとここにやってくるとオイラはにらんだ。
 
 
 明日はひどく暑くなるらしいが、ここに張り込んでみようと思う。
 
張り込みの結果、ルリモンは建物を時計回りに20メートルほど回り込んだところの作業場に咲いているイヌゴマに来ると判明。岡田さんがそこで捉えた。
歩 数  6170歩
「こもれびの家」は昭和記念公園内のパークトレイン停留所「子どもの森」の目の前。
 
 
余 談
 ハーブ園のケイトウには蜂は来ていない。ハーブ園に居合わせたボランティアのお姉さんに「殺虫剤を撒いたのか」と因縁をつけておいた。

この夏! スジボソコシブトハナバチとルリモンハナバチを考える

Photo スジボソコシブトハナバチは栃木県では何年も確認されていないらしい、そしてルリモンハナバチが長年確認されていない府県もあるらしい。

ところが昭和記念公園でオイラはその両方を確認した。

 上の写真は彼らの好物、メハジキ。こもれびの家のトイレの下に咲いている。

 

  下の写真、 スジボソコシブトハナバチなんだよ。撮影に失敗したけど

Photo_3

https://blogs.yahoo.co.jp/tsuchia_y/61919376.html

http://blog-imgs-114.fc2.com/t/o/k/tokada/20170806021956d4e.jpg

2017年8月 7日 (月)

砂川口とセグウェイ

Photo

 ここにはときどきセグウェイが〝歩いて〟いる。のどかな風景だ。

この写真は昨日撮影したもの。
 
 
今日は台風の接近にともなって雨という予報だったから一日休養した。
夕方、トレーニングルームへ出かけて筋トレ。
 
 
 
  明日は午後になれば台風一過のさわやかさが楽しめるかもしれない。
 
 
歩 数  2448歩
余 談
  おいらのノートパソコン、メモリーを増設することにした。中古のメモリー、10日に届く。
http://tokada.blog.fc2.com/page-1.html

2017年8月 6日 (日)

セミとトンボとルリモンハナバチ

Photo_4

ルリモンハナバチ ←クリック 

セミの抜け殻が動いた。羽化する前のせみだった。

セミの終齢幼虫というそうだ。
トンボのように「ヤゴ」なんていう呼称はなさそう。

 
 

Photo_3

 
 
 
 
こもれびの池のギンヤンマ
 
 
歩 数  4958歩

コスモス

Photo

 植物公園の温室を出ると、コスモスが咲いていた。

小さな秋の予感がうれしい。

2017年8月 5日 (土)

神代植物公園のラン

Photo_2

 おいらのカメラとレンズをねぎらって、たまには美しいものを見せてあげようと思った。

 
 
神代植物公園の大温室に出かけた。
 驚いたことに〝温室〟の中はランの展示室だけ冷房が効いていた。
 
 
歩 数  4526歩

2017年8月 4日 (金)

ルリモンハナバチの好物は「イヌゴマ」の蜜

Photo_2

 ルリモンハナバチがこれまでの好物オミナエシを離れて

 
 

Photo_3

ピンクの花に向かう
 
 
 
 

Photo_4

この花は「イヌゴマ」だ。
のむかよさんがこの花が「イヌゴマ」であると調べてくれた。
 
 
ルリモンハナバチを探している人たち、われわれのブログを見て、これからは「オミナエシ」と「イヌゴマ」に注目するようになるだろう。
 
 
このポイントを見つけてくれた岡田さんに感謝!!
 
 
歩 数  5405歩

小さなちいさなハキリバチ

 

Photo

アオスジハナバチほどの小さな蜂、パソコンで確認したらハキリバチのようだ。おなかの毛で判断した。

スイレンの池のミソハギで撮影
 
 
参 考
むかし撮影したスミゾメハキリバチ ←寄生バエも撮れた

2017年8月 3日 (木)

ルリモンハナバチのカップルか?

Photo_2

ルリモンハナバチが2匹だ。

とても珍しいハチということで「幸せをよぶ青いハチ」とも。
  京都府内ではこの蜂が何年も確認できないということで絶滅が危惧されているとか…。
 
歩 数 5646歩

Photo_3

 2匹が並んで蜜を吸っている。おたがいに縄張りを主張しないから〝特別な関係〟ではないかと期待したくなる。
 ところでおいらにはこの蜂のオスとメスの区別ができない。
 
 
9月~10月に見られると、どこかに書いてあった。
 
 
このブログに写真をアップすると鮮明さがなくなってしまう。対処法がわからず悩んでいる。

2017年8月 2日 (水)

イスラエルの〝山のロザリア〟

「山のロザリア」を調べていたらイスラエルのフォークダンスに行きついた。
 
 
 マイムマイム  ← これもイスラエル
知らなかったもともと、マイムマイムはイスラエルの楽曲

7622128

マユタテアカネ

Photo

マユタテアカネ

 
 
 
 
歩 数  5071歩
 岡田さんとノムカヨさん、ルリモンハナバチをものにしたそうだ。オミナエシの花によく来ているという。
 おいらも行ってみたら、ルリモン…は見られなかったがこの花には蜂の姿が多かった。ホシホウジャクも来ていたが、撮影には失敗。
 
ハーブ園のケイトウにはまだハチは集まらない。

2017年8月 1日 (火)

おいらの禁煙時期

 ばくぜんと「おいらは10年前に禁煙した」と思っていた。しかし禁煙は2009年〝ころ〟だとわかった。だからまだ8年。
 おいらの場合、禁煙したおかげでずいぶん体調は良くなっている。

 
 

 「禁煙してから1年」ということを話題にしたYouTubeを見つけた。そこに「テレビで武田先生が煙草をやめることはない」と言っていた、とのコメントがあった。おいらは「この武田というのはあの武田か」と思ったから確認した。やはりその武田邦彦だった。

歩 数  2023歩

 ものすごい雨、土砂降りの中をクリニックに行った。膝から下はずぶぬれ。靴がぬれたら洗濯機で洗うことにしている。どうせ乾かすなら、その前にじゅうぶんに洗っておきたい。

 帰宅してさっそく洗濯機で洗った。乾かすためにコーヒーの缶にお湯を入れてその靴に突っ込む。スニーカーのための〝ゆたんぽ〟

いちころで乾く。

https://www.youtube.com/watch?v=3J-_EghNZds

 

 

通院日

今日は月例通院日

« 2017年7月 | トップページ