フォト
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

ハロウィンの多摩センター

Photo

 多摩センター駅にハロウィンの雰囲気を探しに行った。

 

 ここには自動車もオートバイも通らない。365日安全で清潔な雰囲気だ。
 夜の街の撮り方。この場所で練習を重ねようかと思う。
 
歩 数  5037歩

30日の歩数

2137歩

2016年10月29日 (土)

黄葉・紅葉はまだまだ

Photo_6

だいぶ木の葉は色づいてきた。

右の写真はトチノキの黄葉。
イロハモミジはまだまだ。
下はナンキンハゼ。
歩 数  8165歩
明日の日曜日は「パソコン」
余 談
 10月10日に転んで鼻血を流したが、2週間経ったいまも触ると少し痛む。
意外と重かったようだ。

Photo_7

2016年10月28日 (金)

もうすぐシモバシラ

Photo

 もうすぐ「シモバシラ」の花が咲く。しそ科の植物。

 冬になるとこの植物の枯れた茎からシモバシラが出現するらしい。
 今日は雨、いつものように床屋さんに行って人のうわさ話をして笑った。
運動不足を補うため、筋トレ。
歩 数  4399歩
明日はおいらもジョウビタキを見たいなぁ。

プアマンズストロボ

プアマンズストロボのサイト

↑クリック

2016年10月27日 (木)

オオモンクロベッコウ

Photo

 捕まえたクモをハチが運んていた。後ろ向きで垂直の壁を登ろうとしていた。昭和記念公園のハーブ園のレンガのところ。

 キオビツチバチかと思ったが、オオモンクロベッコウというそうだ。
 
 うれしい情報がある。ジョウビタキがオスメスともにやってきたそうだ。
歩 数 7621歩

2016年10月26日 (水)

赤とんぼ

2

 赤とんぼといえばアキアカネだ。このトンボは優雅な習性をもっている。初夏、平野部の池で羽化して、夏の盛りには高原で暮らす。そして秋になると平地に戻ってくるのだ。

2_3

 下の写真、マユタテアカネの胴はアメのように透き通った赤だ。そして比較的低いところで羽を休める。
歩 数  4038歩
 今日はダンスパーティーのためフィールドには出なかった。筋トレをした。

2016年10月25日 (火)

なつかしいロビンフッドの森

Photo

 対岸をながめるのが好きだ。昨日もベンチに座ってぼけーっと湖面をながめていた。眺めているうちにうとうとと眠気を感じてしまった。

 ときどきさびしく思うことがある。上の写真、対岸の中央のあたり、以前はそこに神秘的なものを感じてロビンフッドや森の小人のイメージを重ねて楽しんだものだ。
 ところが最近は花や蜂やトンボのことばかり考えるようになった。ここに何回も通っているうちにあの森の向こうに何があるのか、それがわかってしまったのだ。それで勝手な空想ができなくなった。ようするにおいらはここを歩きすぎたようだ。
 今日は出かける途中で雨がぱらついてきた。そこで家に引き返し、明日のダンス音楽のしたくをした。
歩 数  1635歩

2016年10月24日 (月)

イナゴの交尾?

Photo_2

 イナゴが交尾している…と思った。

 でもちょっとおかしい。バッタのメスはオスよりも大きい。ところがこの場合、大きさはほぼ同じだ。
 イナゴは相手を間違えてほかの種のバッタにも乗ることがあるらしい。

チョコレートコスモス

Photo

 近年おいらが気にかけているチョコレートコスモス、沈みかけた夕日を背景に重厚な存在感を示していた。

ホワイトバランス「晴天」
歩 数  6369歩

2016年10月23日 (日)

ホトトギスの一輪

Photo

 昭和記念公園は入り口まで行ったが、混雑していそうだったから引き返した。

 相模原北公園に行ったらそこのホトトギスにもホウジャクとトラマルハナバチが誘い合わせたかのように来ていた。

23

 
撮影データ
 105mm 1/320sec  f/20  ISO 3200
 シャッター速度はうっかりストロボの同調速度を超えてしまった。
歩 数 2888歩
蛇 足
 昨夜から電気毛布を使って寝るようになった。軟弱
このホトトギスは鳴かないよ
 

2016年10月21日 (金)

トラマルハナバチ

Photo_2

 今日は郷土の森でマルハナバチを撮った。

 先日からアップし続けているマルハナバチは「トラマルハナバチ」のようだ。秋が深まるまで活動する「いちばんの働き者」と言われている。

歩 数  3678歩

 歴史オタクと魚オタクとのswitchインタビューがYoutubeにアップされた。

 昨年NHKで放送され何度か再放送されたもの。出世競争とは別の価値観の二人。そのテンションに注目。

古代ギリシャのオタク(久米宏ラジオなんですけど=35分ころからゲスト藤村シシンさんが登場)

2016年10月20日 (木)

正しい日本のホトトギス

Photo_2 ホトトギスはもともと10種ほどが日本に自生しているそうだ。

 この写真のものが日本ではごく一般的なホトトギスだとオイラは思っている。
 ひかえめな咲き方をする。これが正しい日本のホトトギス。
 
逆光になるようにストロボ2灯を当てた。
 オイラが逆光撮影を好むのは画像にメリハリがつくから。フイルムの時代には撮影結果が現場では確認できなかった。レンズもすぐれたものが少なく、フレアやゴーストがひどく出た。だから当時は順光で撮るのが無難だった。
 いまは違う。
 
歩 数  7607歩
余 談
 プラタナスの下のスズバチは今日も確認できなかった。結局、今シーズンのスズバチは10月14日が最終確認の日となりそう。しかしマルハナバチは今日も活発だった。アシナガバチは越冬のしたくをしていた。カメムシも冬のねぐらを探していたよ。

2016年10月19日 (水)

キマッた!ホウジャク

Photo_3

 周到に準備したかいがあった。ホウジャク、スカッとしたかんじで撮れたよ。

 ストロボを背後や上から当てた。
クリックして拡大してほしい。
歩 数  6841歩

2

キイロスズメバチとノダケ

Photo

 先日の10月10日、オイラが木の根につまづいて鼻血を流した日、ここにコガタスズメバチをアップした。

 その日の写真を再点検したら模様が異なるスズメバチも写っていた。これはキイロスズメバチのようだ。
 コガタスズメバチを撮ったとき、入れ替わるようにして同じ場所にキイロスズメバチも現れたということ。
ことしは様々なスズメバチに出会った。
 
 1/125sec.、 f/9、 ISO 6400、
気楽に6400という感度で撮影できる時代になった。

2016年10月18日 (火)

コウヤボウキ

Photo

ひさしぶりに多摩動物公園に出かけた。

 

 蝶の温室からチータのエリアに向かう途中にコウヤボウキが咲いていた。

歩 数   7431歩
 
 明日は曇り空のようだ。
ホトトギスの畑でマルハナバチを撮りたい。スズバチはプラタナスの下でまだ頑張っているだろうか。

2016年10月17日 (月)

ウラナミシジミ・再

Photo

 昨日撮ったウラナミシジミ、おもしろい照明効果のカットがあった。タヌキマメの花の上に乗っている。

蝶の上から浴びせるフラッシュが発光したのか、しなかったのか。上と下から挟み撃ちのストロボはとても自然に写るが、かんじんのバランスが狂ったのかな、それでこうなったということか。
 
 500mmレンズ、 1/250sec.、 f/16、 ISO 2500、D750はISOの設定が自由だから楽しい。
 今日は「督促状」が来るお金の対策、それからストロボの対策などに飛び回った。
 
歩 数 3829歩

2016年10月16日 (日)

トンボと大砲

Photo_4

 2人のベテランカメラマンが大砲を構えていた。カキの実にメジロが来ているらしい。

 神代植物公園の柿の木。

Photo_5

その帽子にノシメトンボが羽を休めた。
歩 数  5953歩

ウラナミシジミとタヌキマメ

Photo_3

タヌキマメにウラナミシジミが来ていた。この蝶はタヌキマメがとても気に入っているようで、いちど飛び立っても戻ってくる。

Photo_2

 画像を確認してみると、ウラナミシジミはここに卵も産み付けていた。

2016年10月15日 (土)

秋のアオイトトンボ

Photo

 砂川口、こもれびの池のアオイトトンボが気になって観察した。

 

 5~6匹のアオイトトンボがいた。暑い夏の間ここでは見られなかったアオイトトンボが存在感を示していた。
 
 
 1/250、 f/18、 ISO 2000、絞り優先モードで。
 ホトトギスのマルハナバチはどんよりと曇った日にでも撮影できる。
 
 池のほとりにずっと座っていたから今日の歩数は少ない。
 3859歩

ブンブンブン、ハチが飛ぶ

1

 マルハナバチが飛ぶ姿。蜂はほんとうにブンブンと音を立てて飛ぶ。

 そしてトンボや蝶はまったく音を立てない。

2016年10月14日 (金)

日本と台湾のホトトギス

Photo_4

上の花はタイワンホトトギス。105mmレンズで。

Photo_5

下は日本の?ホトトギス。500mmレンズで。
 
 500mmによる美しさにあらためて驚かされる。

マルハナバチとホトトギス

Photo_3

 郷土の森にもマルハナバチが来ていたから、昭和記念公園にも来ているだろうと思った。

 この花は台湾ホトトギス。蜂はトラマルハナバチのようだ。おいらがこの場所に陣取ると、蜂はしばらく落ち着かなかった。10分ほどすると目の前でも蜜を吸うようになった。
 落ち着くのに時間がかかるのはアオスジハナバチと同じ。
105mm マイクロレンズ、1/200sec. f/13.  ISO 2000。ストロボ2灯。
歩 数 8873歩
 
 プラタナスの下では寒くなったのにスズバチがまだ仕事をしていた。尊敬!!

今夜の丸い月

Photo

 澄み切った夜空に丸い月が出ていた。

ススキを飾ってお団子をそなえたい。

Photo_2

 下の写真はプラタナスの葉。丸い実がスズのようだから鈴懸の木と名づけられたらしい。

2016年10月13日 (木)

待ち遠しいナンキンハゼ

_edited1

ナンキンハゼが色づくのはあと1か月ほど先のことだ。

 タテの構図が好きだ。

 「こういう構図で油彩で描きたい」と思いながらシャッターを切ったことを思い出す。

歩 数 3613歩
 今日はフィールドに出られなかった。愛用の小型ストロボの充電など、準備。明日もホトトギスを撮りたい。
余 談
 昨日、プラネタリウム田中さんの星空解説で、天の川はまだ観察できそうだということに気が付いた。
 チャンスをとらえて八ヶ岳あたりに観察に出かけようと思う。

2016年10月12日 (水)

ホトトギスとマルハナバチ

Photo

 美しい言葉を聞きたくて府中の郷土の森博物館に出かけた。プラネタリウムの田中さんの解説はいつもじつに心地よい。

 ホトトギスを撮った。マルハナバチ(たぶんコマルハナバチ)をとらえることができた。この蜂は秋が深まるまで活動する。ゾウの鼻のように吸蜜管を伸ばしている。
 ストロボの閃光時間3万分の1秒。
ハチの羽が止まって写っている。
  
歩 数  5,047歩

Photo

2016年10月11日 (火)

晩秋なのにスズバチが

Photo_2

 プラタナスの木陰でおにぎりを食べていたらスズバチがやってきた。

 もうとっくに今シーズンの仕事を終えたと思ったのに、今日もせっせと砂団子を作っていた。

 逆光になるようにセットしたストロボを使って撮影。

 1/250sec. f/20、 ISO 2000、絞りもシャッター速度もISOもみんなマニュアル。ストロボが純正ではないから。

 さて、水鳥の池はキンクロハジロなど冬鳥がやってくるようになって、番頭さんのボヤペンたちは忙しそうに確認作業をしていた。彼らは一流のナチュラリストだ。

Photo_3

バードサンクチュアリの前あたりでカイツブリが卵を温めているそうだ。

歩 数  7136歩
 明日はダンス音楽の編集。

2016年10月10日 (月)

ホシホウジャク

Photo_2

 ことしの植物公園にはコスモスが少ない。わずかにキバナコスモスがあった。

 ここにホシホウジャクが何匹か来ていた。
ストロボをポン焚きで光らせた。
 吸蜜管も触覚もコスモスの色に染まっている。

 

 昭和記念公園の西立川口前には今年も「チョコレートコスモス」が植えられている。明日はそれを撮りたい。

ノダケとコガタスズメバチ

Photo

 今日は行き先の選択に迷った。そして、神代植物公園に行った。

 足の運動をしていたから快調に歩いているつもりだったが木の根につまづいて転んだ。転んで顔面を打ち付けてしまい鼻血が出た。
 野草園にノダケが咲いていた。そこにスズメバチが来ていた。コガタスズメバチらしい。
歩 数  4896歩

2016年10月 9日 (日)

歩数 3738歩

音楽関係で行ったり来たり、パソコン関係の予定を忘れて迷惑をかけてしまった。

歩数 3738歩
明日の予定は未定。プラタナスの葉が気になるけれど。

昨日の歩数

昨日8日の歩数  3242歩

筋トレで運動不足を少しだけ補った。

今日はダンスパーティー、夜も音楽の仕事。

2016年10月 7日 (金)

今日は筋トレ

Photo

 おいらは今まで何を撮ってきたのかをふり返る1日だった。

 ふり返りつつ筋トレをした。
 明日は天気はよろしくないらしい。それでもプラタナスの葉っぱぐらいは撮りたい。
歩 数 3508歩
右の写真は3年前の夜明け、多摩川の朝霧。

2016年10月 6日 (木)

モンキチョウ

Photo

ハーブ園でモンキチョウを撮った。

今日は久しぶりの好天で、楽しく歩くことができた。西立川口から入って水鳥の池、そこからトンボの湿地へ。トンボの湿地ではカメラマンが集まって混雑していた。
 先日アカショウビンが出たということでドッと集まったようだ。
 おいらはスズバチを探して歩いた。
1/640sec、 f/10、 ISO 2500、絞り優先、オートホワイトバランス。
歩 数  10204歩  久しぶりの1万超。
 通販の作業ズボンが届いた。今までの980円のズボンは冬は静電気がひどく、バチバチと音がして、痛かった。こんどのズボンは静電気防止のものを選んだ。

2016年10月 5日 (水)

秋の風景、

↑こんな写真、撮りたい。

写真のプリントなど

_edited1

 昭和記念公園に到着しようとしたときに雨が降ってきた。あきらめて戻ってきたら薄日がさしてきた。お天気にからかわれてしまった。

 
 先日から写真の大判プリントをしている。
写真用紙にはかねてから気になっていた「ピクトリコ」を使ってみた。
 印刷してみて驚いた。ものすごく美しい。
余 談
 今日も逃げ帰ってしまったため運動不足が心配になった。そこでグリーンプールのトレーニング室で〝筋トレ〟。
右の写真 
 24mm、 1/200sec、 ISO500、 +0.7Ev、 ホワイトバランス「晴天」、プログラムオート、
 RAWで撮っておけばよかったと反省している。

2016年10月 4日 (火)

ツチバチが飛ぶ

Photo

 絞り優先オートで撮影。望遠レンズは被写界深度が浅い。
 そこでレンズを絞る。シャッタースピードも稼ぎたいし、絞りもうんと絞るからISO感度を上げる。
 
 キンケハラナガツチバチがカメラに向かって飛んでくるところが撮れた。蝶を撮ったコマの隅にこの蜂が写っていた。先日の2日に撮ったもの。

 500mm、 1/800sec、  f/16、  ISO1600、

今日は通院日。9月中は雨が多かったから、血液検査の数値は若干悪化。
歩 数 3801歩

2016年10月 3日 (月)

去年の12月

Photo

 今日もフィールドに出られなかった。

 去年の12月に撮った写真(右)のことを考えた。
 昨日A3でプリントしたが、暗すぎたようだから再度プリントしてみた。
歩 数 2894歩
明日は晴れ間がありそうだが、通院日だ。
Yatarouさんのコメント、うれしかった。
 
余 談
 砂川口のこもれびの池、鉄の手すりのところではアオイトトンボが集団で産卵する季節だ。
 水に産み付けるのではなく、植物の茎など水面から離れた高さに産み付ける。黄色の粒が観察できるから、産卵が始まったかどうか確認できる。

2016年10月 2日 (日)

虫の酒場シオン

_edited1

 神代植物公園のシオン、ことしも虫たちの酒場となっていた。ヒメアカタテハを狙って撮った。

 ミドリヒョウモンは見られなかった。
歩 数  6259歩
  花と小父さん ←こっちのほうがいいかな


撮影データ
 D750、 200-500mmズーム(500mm)、 1/640sec、  f/16、 ISO 1600、 JPEG、
絞り優先オート、ホワイトバランス=オート

なるべく逆光で撮るように心がけた。

Photo_2

2016年10月 1日 (土)

雨上がりの原っぱ

Photo

 去年の12月11日はじつにラッキーな日だった。朝まで激しく雨が降って午後には陽が出た。

 めったにプリントしないのだが、このカットはA3で印刷してみた。
 さて今日はダンスパーティーだった。
歩 数  2517歩
明日もどんよりしそうだ。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »