フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

ムラサキツユクサ

Photo

 神代植物公園に行った。今ごろはバラの盛りは過ぎているから静かになっている。
 しかしここではキツネウドンを食べただけ。写真は1枚も撮らなかった。そんな気にならなかった。温室にも入らなかった。
 
 そこから相模原北公園に転進。北公園にムラサキツユクサが咲いていた。
 ムラサキツユクサのことを神代植物公園では「トラディスカンチュア」としている。アホだなと思う。なぜ学名だけを表示するのか、配慮のなさを感じる。

Photo_2

 
歩 数 約5500歩。

親スズメ、そろそろ子育てを終えるころだ。ご苦労さま。

明日は昭和記念公園でシジュウカラの巣を撮ろうかな。Photo_3

2016年5月30日 (月)

みずたま

Photo

公園の垣根にきれいな水玉ができていた。アジサイが咲き始めているが、アジサイは花も葉っぱも水をはじかない。

今日のようにしとしとと雨が降るときには横浜に行きたいが、都合があって遠くへは行けなかった。

2016年5月29日 (日)

アケボノフウロ

Photo

昭和記念公園のハーブ園にピンクのきれいな花が咲いている。アケボノフウロだという。ヨーロッパ原産。
 ハーブ園に植えられているから、なにか有用なのだろうが、わからない。
 「ハーブ」って何だろうかと調べてみたが、それもわからない。
 
 このアケボノフウロ、花は日本の高山植物ハクサンフウロに似ている。
ここ1週間ほど、日・米・欧のフウロソウを考えてきた。

2016年5月28日 (土)

日本の青年400年前の肖像

Photo_7

伊東マンショ という日本の青年の肖像に感動している。今から400年もむかしの容姿だ。
 これほどみごとな描写を見ると、おいらがタイムマシンに乗って400年前の時代をのぞき見たかのような空想を楽しめる。

アメリカフウロにくぎ付け

Photo_2

先日、今の季節に晩秋のおもむきを見せるアメリカフウロに驚いた。初夏だというのに葉っぱをモミジのように赤く染めるのだ。

本日も驚かされた。なんと花をつけている株があったのだ。チューリップ畑の片隅。低い背丈のアメリカフウロが小さな花をつけている。この1か所だけ。

 それは、この植物が大変な繁殖力を持っているということだ。

 ネットで調べてみると、この花は5月から6月に咲くのだという。今日見た花はまさにこの記述の通り。

 

3

しかし、オイラの観察では、花を付けているのはこのスポットだけ。

5月上旬、この畑はチューリップの花だけだったはず。だからチューリップの花が終わってすぐアメリカフウロがあわただしく花をつけ、急いで実を付けて、葉を赤くした。そういうことか。

歩 数 5500歩

 

 

2016年5月27日 (金)

スズメの親子

Photo_5

子すずめが親にエサをねだっていた。

羽を下げる姿勢は甘えの意思表示のようだ。

ヘビイチゴ

Photo花が終わったチューリップ畑に赤いイチゴが実っていた。

身近だけれど、誰からも愛されない赤い実。食べられるけれど、味がないそうだ。酸味もないらしい。

試してみればよさそうだけれど、オイラは食べない。ほかの国の人はどうなんだろう。

2016年5月26日 (木)

南の風とテングチョウ

 

Photo_4

水鳥の池に南からの湿った風が吹きわたっていた。その南風に向かって米軍の横田基地から旅客機が飛び立った。

エアフォース・ワンかもしれないと思って撮影したが残念、ほかの民間機だった。

Photo_5

トンボの湿地のポイントにボヤペンと小野さんがいて、張り込みをやっていた。

オイラは近くのあずまやで休憩。すると目の前にテングチョウがやってきた。

余 談
 しばらく長沢さんを見ていないが、彼らの話では腰を痛めて静養中なのだそうだ。

歩 数
  9600歩

キタヒメヒラタアブ

Photo

キク科の花は良質な蜜を出すようだ。

小さなアブが野生化した?デージーに来ていた。

2016年5月25日 (水)

アメリカフウロのタネ

Photo_2

アメリカフウロがタネを投げた後の〝腕〟を撮影した。

タネは5個付けるのだが、投げた後の腕はアメリカフウロの場合残りにくいようだ。だからゲンノショウコのような〝おみこし〟状態のガッツポーズは見られなかった。

これを撮影していたとき、背後で「ヒーッヒッヒッ」と笑い声が聞こえた。〝悪役〟ボヤペンだった。草刈りが始まってしまいボヤペンは追い立てられてきたそうだ。

Photo_3

ボヤペンはオイラのカメラカートを撮っていたよ。

歩 数 6990歩

ほんとうは
 今日は大磯のアオバトを撮りに行こうか、と迷ったんだよ。

 

2016年5月24日 (火)

アメリカフウロの紅葉

Photo_3

 麦秋(ばくしゅう)という風流な言葉がある。麦の取入れは、まさにこの時期だ。こもれびの里の麦畑もすっかり薄茶色になっている。
 
 それと足並みをそろえたかのように、初夏だというのに紅葉している植物があった。この時期に葉を赤く染めているから目立っている。アメリカフウロだった。
 
 驚いたことにこの植物、にっぽんの「ゲンノショウコ」とウリふたつなのだ。ゲンノショウコが秋に見せる姿を、今の季節に見せている。
 種を飛ばす姿も同じ。

ヒナキキョウソウ

Photo_2これもかわいらしい帰化植物で、名前は「ヒナキキョウソウ」 という。

ソニーの30mmマクロレンズで撮影。
補助光源としてサンパックの小型ストロボ、PF20XDを使用。

8500円くらいで売っている。
 このストロボには単四型のエネループを使っている。何か月も充電しなかったためか、本日1台のバッテリーがダウンした。現在充電中。

30mmという短焦点のレンズのため、前後がすべて映り込んでしまう。そこで被写体に効果的な照明を当ててクッキリさせたいと思ったワケ。

Photo_4

500mmを使って花を撮る場合、前後が完全にボケるので、このような小細工はしない。…んっ?、こんどやってみようかな。

下のブタナ、500mmで撮ったもの。

ブタナ

Photo

 初夏真っ盛りの昭和記念公園に行った。〝雑草〟にばかり注目した。赤や黄色、さまざまな色の花が咲き乱れている。

 ひょろりと長い茎の上に黄色の花をつけているのは「ブタナ」と名づけられている。これも帰化植物。名づけた人は情緒に問題があるのではなかろうか。
 砂川口の「こもれびの池」あたりでボヤペンにでくわした。彼は大変なスピードで公園全体を歩き回っているから、おいらがどこにいようと彼に出くわす。
地べたに座り込むことが多かったから歩数は少なかった。
4500歩

2016年5月23日 (月)

トラマルハナバチ

Photo_3

 もう、夏本番となったようだ。冷たい水がおいしい。

 ズーラシアには真夏の蝶や蜂が。

けむくじゃらのマルハナバチ、これはトラマルハナバチに違いない。去年ここでメスグロヒョウモンを撮影した。

 明日は昭和記念公園を歩きたい。

ダイミョウセセリ

Photo

羽を広げて止まるからミスジチョウの仲間かと思ったらセセリチョウだった。
名前は 「ダイミョウセセり」
 
 新緑の葉の陰に黒い羽がよく映えていた。
本日夕方に雑用が入ったため、行き先をズーラシアに変更した。
余 談
 先月国道16号線が246をまたぐ立体交差が開通した。
 本日ズーラシアから戻るのがとても早かった。あの交差点の上を一気に飛び越えるという感じが快適だった。
また側壁が未完成なため〝上空〟からの眺めも楽しめた。
歩 数 5000歩

2016年5月22日 (日)

Win10にアップ、完了

 発電所を作って日本の高度経済成長を築き上げた長谷川さん、公民館で彼のパソコンが突然Win10へのアップデートが始まってしまった。

 あわてる長谷川さんをみんなで叱咤激励!!。激励すれば何とかなるというものではないけれど。…2~3時間ですべて無事に、めでたくアップデートを完了した。
 そんなわけで今日のオイラの歩数はお話にならないほど少ない…はず。
わずか631歩

2016年5月21日 (土)

カメラキャリー、ほぼ完成

Photo_4できた!!
カメラのキャリーカート、ほぼ完成。一眼レフ2セット、草花撮影用のソニーのカメラ、交換レンズ、ストロボ一式、すべて一度に運べる。

モノポッドが挿してある場所、そこは夏場の冷水ボトルを収めるところ。

このキャリーの〝あるじ〟は中央の500mm望遠付きのセット。このカメラのバッテリーもメディアも、機材を取り出すことなく、ここに収めたまま抜き差しできる。

その他の機材は周囲に分散して収める。

Photo

キャリーカートの骨組みはホームセンターで買ったもの、1600円くらい。→

ツメクサの花

Photo_3

この季節、街なかの敷石の隙間に生えているコケのような植物、「ツメクサ(爪草)」。これがコケではない証拠に、この写真のように花を咲かせる。
とても小さな花。
名前はクローバーのシロツメクサに似ているが、まったく違う。
歩 数 2000歩
補 足
 前回イメージセンサーがホコリだらけだった。絞りをf22と限界まで絞ると、ゴミがくっきりと写ってしまった。そのセンサーをブロアで吹いたところ、完璧に近くきれいになった。

春型のアカボシゴマダラ

Photo_2

小鳥を探しているとき、白い蝶を何回か見かけた。そして目の前に止まった。

羽がずいぶん傷んでいる。あるはずの赤い斑点が見られない。

調べた結果アカボシゴマダラの「春型」のようだった。
 関東に分布する亜種では、春に羽化する個体は白化し、赤班がほとんど消失すると説明されていた。

この蝶、おいらが夏に見るときは「青い」という印象を持つ。近づいてよく見ると決して青くはない。赤い斑点が人の目に錯覚を起こさせるのだろうか。

夏のアカボシゴマダラ ←クリック

2016年5月20日 (金)

ヤグルマギク

Photo

カートをガラガラ引っ張って神代植物公園に行った。小鳥がいそうな森の中を歩いたがヒヨドリしか見つからなかった。
 前後のボケを楽しんでみた。
花壇には黒いヤグルマギクが咲いていた。チョコレートコスモスに似ている。
歩 数 6500歩
 

2016年5月18日 (水)

ケシの花とバッタ

Photo_3バッタの幼虫はなぜ花を好むのだろうか。花びらを食べているようだ。この花には2匹のバッタがいた。

4年前のこの時期にもデージーの上に乗ったバッタの幼齢を撮影している。

歩 数 9600歩
 3日ぶりの撮影だから体が重く感じた。

アブの〝しずく〟

Photo_2

ナミホシヒラタアブがホバリングをしていた。

これをマニュアルフォーカスで撮影。写真を見たらアブのおしっこが写っていた。

Photo

カメラのキャリー、なかなかの出来だ。
ボヤペンに見せたら笑われてしまったけれど、おいらにとっては最高に便利だ。あとは仕上げるだけ。

ボヤペン、ヒーッヒッヒッと悪役のような笑い方をする。

2016年5月17日 (火)

風景が映り込んだ水滴マクロ写真の撮り方

↑クリック
梅雨の合間に
 

2016年5月16日 (月)

キジバトの顔

Photo_2キジバト、立派な顔をしている。

500mmマクロ?ズームレンズにて撮影

歩 数 3200歩 憲子さんがきくからね

 

ニワゼキショウ

Photo

 この花の名前は子どものころに覚えた。図鑑で調べた。むかしのニワゼキショウは小さかったが、最近の公園は栄養が豊かなためかとても大きく育つ。(帰化植物)
 先日から作り始めたカメラのキャリーカート、ようやく完成に近づいた。試験的に昭和記念公園で転がしてみようと思った。しかし途中、小雨がぱらついてきたから相模原北公園に変更。
 
 

2016年5月15日 (日)

タネあかし「幸せのしずく」

幸せのしずく←クリック
ここにタネあかしが載っていますね。
 

2016年5月13日 (金)

ヨツボシトンボと花畑

Photoトンボが撮れたことがうれしくて

Photo_3

お花畑がまるでキャノンで撮ったかのように鮮やかに見えたから。

今日は神代植物公園に行った。昨日「大温室」の2年ほどかけた大改修を終えたから、それを見たかった。

温室にたどりつく前にへこたれてしまって…、帰ってきた。

歩 数  7000歩

明日はダンスパーティーの音響。
明後日は公民館でパソコン。

 運動不足が続くかな?

余 談
 NHKの「ドキュメント72時間」で新大久保コリアタウンのはんこ屋さんが報じられていた。コリアタウンはオイラの好きな街だ。妙な言い方だとは思うが、ここは昼寝をしてみたい街。

2016年5月12日 (木)

若葉とスズメ

Photo今日もキビタキは来ていた。
 キビタキはこの近くで繁殖しているのではないか?

ところで今年のトンボはずいぶん少ない。「トンボの湿地」なんて名前だけだ。

ベンチで休んでいるとスズメが目に入った。
エナガかと思って撮った写真はシジュウカラだった(アップしない)。

水鳥の池を反時計回りにまわりこんで渓流広場。そこからトンボの湿地。帰路は舗装路をまわって出口へ。

歩 数 ホームセンターにも寄ったため、9600歩

2016年5月11日 (水)

キビタキ

Photo_3

キビタキを撮ることができた。のど元のオレンジ色がきれいに写った。満足!!。

Photo_4

歩 数
 
8200歩

 

 

 

Photo_5

いちばん下の写真、逆光のため+3Evと極端に露出補正をかけた。
 それでも足りないからレベル補正で持ち上げたらノイズが出た。

ここは繁殖地かも
キビタキに関するNHKの動画←クリック

余 談
 先日、女の人が〝土下座〟していた。イスラム教徒だろう。

「そっちの方向にメッカがあるのか」と、ひとつ知識が増えた。
 昭和記念公園でのことだ。どんなに祈ったって、いいこと何んにもないと思うけど。
 

2016年5月10日 (火)

正統派のバードウォッチャー?

Usarmyacuscorpionw2672x372

昼食の食材がなくなっていた。近くのマクドナルドでハンバーガーを食べようと思った。店に入ると正しい服装をした小鳥のカメラマンが5人も!!と驚いた。
 迷彩服のアメリカ兵だった。
迷彩服を見て〝小鳥〟を思い浮かべるほど最近のオイラは小鳥の撮影にハマっている。
 明日も天気はグズつきそうだ。そういう天気だと小鳥がリラックスする…はず。
 
余 談
 受診結果、血糖も血圧も良好。1万歩を目標に歩くことと、夕食から〝米のごはん〟を抜くよう努めてきたのがよかった。
 

2016年5月 9日 (月)

クロウリハムシとミソサザイ

Photo

 数年前の相模原北公園は〝のどか〟だった。ところが近年は、徹底的に殺虫剤を撒いているようだ。
 以前はここでテントウムシの撮影ができた。ところがテントウムシがエサにしているアリマキが農薬で駆除されてしまっている。
 バラに触ったりしたら、あとで手を洗ったほうがいい。
以上は前書き。
 テントウムシを撮っているとき、よく似た別の虫を撮った。名前を調べるのに苦労した。
 その一つがこのクロウリハムシ。
 最近はテントウムシが少ないから、面白くない。
 
来週、奥会津に出かけたい。会津には〝高遠そば〟があるという、信州の高遠の名前が付いたそばだ。本当だろうか。
「5月7日にミソサザイを撮った」という投稿を見つけた。この季節、どこにいるんだろうミソサザイ。

2016年5月 8日 (日)

タヌキモとボヤペンさん

Photo_2

オイラがボヤペン佐藤さんと初めて口をきいたのは2013年5月31日と判明。
トンボの湿地の水上に咲く黄色い花の名前を教えてくれたのだ。
「タヌキモ」(狸藻)という奇妙な名前。
 水中の食虫植物だという。
ところが昨日、もっと正確な名前、エフクレタヌキモだということが分かった。

 

 

Photo_4

ここのタヌキモは水面に放射状の枝を伸ばす。この特徴を持つタヌキモは「エフクレタヌキモ」という北米からの帰化植物だった。
 
 

カオジロトンボ♂

Photo

こんなトンボは見たことがない。苦労して調べた結果、カオジロトンボのようだ。高層湿地帯に生息しているらしい。
小さい

2016年5月 7日 (土)

まちに待ったヨツボシトンボ

Photo_3

まちに待ったヨツボシトンボだ。ボヤペンさんよりも約1か月遅れ、場所はトンボの湿地。

逆光で撮影、露出補正 -0.7Ev

ISO 500、 1/400sec、  f 8、

逆光できれいに写った。狙い通り。しかしプリントしたときの仕上がりはどうなんだろう、わからない。

歩 数 約9000歩

キビタキの横顔

_edited1

久しぶりの昭和記念公園。モノポッド(一脚)を使って撮影した。逆光にともなう露出補正やりすぎないようにという小野さんの忠告を守った。+1.3

美しい鳥だ。

2016年5月 6日 (金)

くらやみ祭り、御本社の太鼓

Photo人が乗っている大太鼓は「御本社」の太鼓。オイラが子どものころに叩いたり触って親しんできた番場の太鼓だ。

当時は堂々たる大きさの太鼓だったが、ほかの太鼓が次々とアフリカ産の材料で巨大なものに作り替えられたため近年は小さく見えるようになった。

2年前にもこの太鼓を撮影した。その時は周囲にオイラが知っている顔ぶれが何人かいたが、ここには見当たらない。さみしくなったものだ。

 場所は府中市役所前の交差点。一昨年は投光器で照らされていたが、今回は臨時の照明はまったくない。ようするにテレビカメラなど、すべての撮影機材が高感度化したのだ。

 

2016年5月 5日 (木)

くらやみ祭り

Photo_2

 去年は入院中のため見物できなかったくらやみ祭り。
右の写真は過去何回か撮影に試行錯誤をくりかえしてきたシーンの一つだ。  →
 
 御霊宮(ごりょうぐう)という屋根が唐破風のおみこし。この神輿が制作されたのは明治の日露戦争の前だったと記憶している。そのころ作り直されて今も使われている。  江戸時代の絵に、この唐破風の神輿が描かれている。
女の神様ということで、担ぎ手に娘さんが多い。
 その娘さんたち、テレビカメラが撮影しているということでかなり盛り上がっていた。
 去年の暮れ、赤レンガ倉庫で撮影した手法をここでも使ってみた。
ところで
 何年も前からオイラは夜のお祭りの写真にこだわってきた。それは20代のころの成功体験がもとになっている。オイラには夜間の難しい条件下での撮影に工夫を重ねた〝年月〟があった。
 でもそれは今日でひとまず区切りを付けようかと思う。
苦手だった花の写真、今年からは楽しく撮れるようになったことだし。
 歩 数
  7600歩

くらやみ祭りが始まった

Photo去年は見ることができなかった府中の「くらやみ祭り」 2年ぶりで行くことができた。

明日(5月5日)がクライマックスの神輿渡御だ。今日(5月4日)、ここへ一眼レフを持って行った。撮影した写真がこれ。

しかしこのカメラはとんでもなく重く感じた。明日のおみこしはソニーのミラーレスで撮ることにした。

久しぶりのケバブ、おいしかった。そしていつものようにケバブ屋さんには行列ができていた。

歩数 約5000歩

2016年5月 4日 (水)

野鳥観察(撮影)のマナー

Photo

今日はみどりの日

野鳥のスポットには人が集まる。そういう場所ではお互いにマナーを守ることが大切。

 なかまの気持ちを尊重すること。それがいちばん大事。「俺にも写真を撮る権利がある」とばかりに勝手気ままに小鳥に接近したり、包囲したりするのはやめてほしい。
 電車の中で携帯電話の使用を慎むのと同じ。
 電話をするのは俺の勝手、というのでは配慮に欠けるというものだ。
 それではどの程度のふるまいならOKなのか。
 簡単なことである。その場所にいる観察者・カメラマンの中で〝もっとも慎重な人〟の感覚を尊重するのだ。
家族やグループでハイキングをするときも、いちばん足の遅いメンバーを基準にするではないか。それに…、
 
 撮影する権利を前面に出すと、小鳥たちを追い散らしてしまうリスクが高まる。
反対に、慎重な人の気持ちを尊重すれば、そのリスクは、より少なく、フィールドは好ましい状態に保たれるだろう。
 
 勝手な人に対して、私たちはマナーを守ってくれるよう、やむを得ずお願いをすることになる。
 「苦情を言われるのは恥ずかしいこと」と、どうか気付いてほしい。
 
 このマナーに関して、小鳥の習性に詳しいボヤペンの佐藤さんは立派だ。オイラも見習いたい。
「考えよう!ひろめよう!フィールドマナー」
フィールドマナー(日本野鳥の会) ←クリック
 気をつけよう、写真、給餌、人への迷惑
    「着るものにも一工夫」
 

2016年5月 3日 (火)

「幸せのしずく」に注目

幸せのしずく

2016年5月 2日 (月)

初 キビタキ

Photoキビタキにお眼にかかれた。

ピーピーというさえずり声が大きかったから「あの声はガビチョウですか」と、その場のカメラマンに訊いたほど。
 換算1400mm 手持ちで撮影

なぜだろうあのポイント、キビタキは毎年この時期に来るが、ここ昭和記念公園は繁殖地ではないそうだ。

ボヤ・ペン佐藤さんもご機嫌だった。満足そうでなにより。

明日からオイラは府中の「くらやみ祭り」に行く。去年のお祭りはオイラ、入院してたからね。2年ぶり。

歩行数 約1万1千歩。

わかった、シャッター音の関係
 おなじD7100なのにオイラのシャッター音が違う理由が分かった。
 オイラのレンズはEタイプ、タカイさんのはGタイプ。絞りの動きが違う。レンズも音を出す。

余 談
 先日NHKのラジオ深夜便を聞いた。宮崎県都農町では夕方5時に防災無線で「夕焼け小焼け」のメロディーが流れるそうだ。
 ある老人はその曲が流れると黙って聞き入る。その間家族の人は話しかけることも物音を立てることもできない。そして曲が終わると1~2分瞑目し、耳栓をして床に就くそうだ。要介護3のご老人。
 日本のこころ

 

2016年5月 1日 (日)

シジュウカラ・正面・補正

Photo_2

 小鳥の写真は難しい。4月10日に換算1400mmの条件で手持ちで撮ったシジュウカラ。

 頭と目元とのど元の色は黒い。その部分を「黒」で塗りつぶさせないで、それぞれどの程度描写するかを確かめてみた。

RAWファイルをCaptuer Nx2でコントラストなどをいじくりまわし、JPEGに変換。それをさらにフォトショ・エレメンツで補正しなおしてみた。

トリミングも極端におこなっている。

今日は公民館でパソコンサークルだった。

歩数  1354歩

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »