フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

遠くのしだれ桜

Photo_2

花の丘のホトケノザの紫から、こもれびの池のしだれ桜をはるかに望む。

ところで明日はどこへ行こうかと迷っている。多摩動物公園かズーラシアか。桜(ソメイヨシノ)が満開だから混雑するお花見の名所は避けたいと思う。

 

 

2016年3月30日 (水)

ホトケノザのくちの中

Photo

あたり一面をムラサキに染めたホトケノザの花。

 

逆光気味にストロボを使って撮影した。

花の頭には毛が生えており、大きな口を開けている。ホトケノザはラベンダーと同じしそ科の植物で、良質な蜜を出しているはず。アブやハチが好むのだが、あたり一面に群生しているから、虫たちも一か所に集まることはない。

 

Photo_5

 

上の写真はソニーの30mmマクロレンズで、下はニコンの20mmレンズで「工作員の接写」
 ボディーは同じソニー。

花の丘のむらさき色

Photo_2

今日は砂川口から入った。

←花の丘の北側部分は〝耕作放棄〟休耕の状態。しかしながら休耕しているのにホトケノザが群生している。芽生える若葉とホトケノザの紫のバランスが美しい。まるで印象派の絵のようだ。

ホトケノザの花を「工作員の接写」で撮影させていただいた。おいらも「させていただきます症候群」に感染してしまった。

メ モ
パークトレインの佐藤さんが手を振ってくれた。
この春一番のビロードツリアブをみつけた。
 ここでは、ボヤかないほうのペンタックスのおじさんと一緒になった。

2016年3月29日 (火)

シジュウカラが人の手に

Photo_2 野生のシジュウカラを餌付けすると人の手に乗るようになる、という話。

 といってもこれはヨーロッパでのこと。世界遺産ウイーンのシェーンブルン宮殿に行き、リスを呼び寄せようと思って手に木の実を載せてリスと遊んでいた。
 そこに小鳥が飛んできてエサを横取りしたのには驚いた。

 この小鳥は何だったのかと思って当時のネガをスキャンして拡大したところシジュウカラ近縁種?ドイツ語)だと分かった。

 森の中を注意して歩くとあちこちの枝にエサを入れたかごが吊るしてあった。かごのえさを食べればよさそうなものだが、人の手に乗ってくるのはサービス精神なのかな?

ヨーロッパのシジュウカラが手に乗るというブログを発見!!
日本のシジュウカラも手に乗る。

2016年3月28日 (月)

オオイヌノフグリ・再

3_2

 昨日(27日)、写真なかまに「ソニーのボデーにニコンのレンズを付ける」というカメラのその実物を見せたら、大げさに驚いてくれた。
 おまけにそのニコンのレンズはさかさまの向きに取り付けてあるのだから、その驚きは本当のようだった。

 そこでオイラは調子に乗って、もう一度このカメラで「工作員の接写」をやってみた。今回は前回よりも「逆光」になるようにストロボを配置。
 撮影場所はルリビタキの梅林。
 

2016年3月27日 (日)

小さなキツツキ、コゲラ

Photo

コゲラがなにかを探していた。「この割れ目が怪しい」と言っているような目つきだ。

2016年3月26日 (土)

動作が上品なジョウビタキ♀

Photo_2

ちらほら咲き始めた桜を眺めながら渓流広場を通り、トンボの湿地へ行った。あまり小鳥の気配はなかった。カメラマンの気配ばかり。

 そこからしょんぼり帰る途中、枝の上にシメ。渓流広場の梢の上にカワラヒワ。
パークトレインの佐藤さんにあいさつ。

 カワセミの池に行くと、そこには写真慣れした上品なジョウビタキの♀。小さなキツツキのコゲラ。

 カメラマンの話では、トンボの湿地あたり、その辺の木の上のほうにはキクイタダキがいるという。でもオイラには今シーズン、あこがれのキクイタダキをカメラに収めることはできないだろう。レンズが非力だから。

 中井精也がD500を試用したこのインプレの中で200-500mmズームのすごさにも言及している。このレンズなぜか安い。

余 談
スタッドレスをノーマルに換えた。FITコーポレーション町田店というところにネットで予約。4本で2000円プラス消費税。

 

 

2016年3月25日 (金)

初めての1000ミリ望遠

Img_8_2

オイラが子どものころ、旭光学がテレビコマーシャルで「ペンタックス、1000ミリだよ、望遠だよ…」とさかんに宣伝していた。

後年オイラはその1000ミリの望遠レンズを使うことになった。それは職場の備品である。右の写真のようにこのレンズには専用の木製の三脚を使用した。

当時は経験不足のため、ろくな写真は撮れなかった。

のちに自分でニコンを買い、望遠は500ミリのミラーレンズを使うようになった。この500ミリ、テレコンと一緒にカバンの中にすっぽり収まるのが便利。

Photo_3左の写真はそのミラーレンズを構えて得意そうな表情のオイラだ。ボデーはニコンFM、モータードライブ。32~3歳ころのことだ。
 当時使っていたフィルムはフジのネオパン400。それをASA1600で撮影して、パンドールで増感現像した。72枚撮りのイルフォードという英国製のフイルムも使った。フイルム交換の頻度を半分にできた。
  シャッターチャンスを逃したくなかった。

 当時からASA1600がオイラにとっては標準感度。しばしばASA6400も使った。30年以上も前の話。
 高感度を好むのはこの時以来なのかな?

下は宿直のときのスナップ。

Photo_5


落ち着いていたメジロ

Photo_2

 スズメを撮影しようとして群れの後をついていたところ、おいらのすぐ後ろにメジロのペアが来ていた。

 妊娠しているのだろうか、甘いものばかりでは卵の健康によくない、ということで動物性たんぱく質のエサを探していたのかな。
 
オイラは内心で今年の撮影計画を策定しつつある。ズバリ「鳥」に目標を定めるつもりだ。とくに日本最小のキクイタダキ。
 
 

2016年3月24日 (木)

小雨・ルリビタキ

24_2

出かけるとき小雨だった。こういうときは相模原北公園がよろしい。エナガが来ること間違いなしだ。

いつもの場所に座っているとルリビタキが現れた。

エナガも来ていたが雨がすっかり上がってしまったためか、樹木の高いところから下りてきてはくれなかった。

2016年3月23日 (水)

オオイヌノフグリ「工作員の接写術」

 

2_2

神代植物公園でオオイヌノフグリを撮影。小さな花だけれど画面に入りきらない。

カメラはソニーのα6000、レンズは旧型ニコンの20mm。

ニコンのレンズに52mmのリバースアダプターを付けた。Kenko製。

昼間・晴天だけれど補助光源としてメインの光源はストロボとする。そのストロボは花から数センチのところに置いておくから、太陽光よりも強烈。そこで発光量を少なくするため、発光時間を1万分の1秒程度にする。すると被写体はブレない。このサンパックのストロボは発光時間を3万分の1秒程度まで減少させることができる。そうすると毎秒5コマ以上の連写でもシンクロして発光する。
 プラスの連鎖だ。

ミラーレスカメラはこの撮影方法に適している。絞りを絞っても画面が暗くならない。そしてまた、ピントが合っていることを「ピーキング」の機能で知ることができるから、一眼レフよりもはるかに撮りやすい。

リバースアダプターの使用法
このサイトの記述では「レンズの絞りを開放にする」ようなことが書いてある。そんなことをするとピントはどこにも合わなくなる。「絞りはなるべく絞る」が正解。

画像は古いバージョンで売れ残り?格安になった型落ちのフォトショップ・エレメンツで加工。高価なプロ用のフォトショップはとても扱いにくいよ。

ストロボ撮影のタネあかし←クリック

ストロボで野草を…

Photoめしべ付近に合焦

恥ずかしながら、イメージセンサーのゴミがはっきり写ってしまった。
 絞り値を最小のf 22まで絞っているから。

反 省

せっかくチルトのシステムで挑んだのに、その仕組みを試すことを忘れてしまった。いちばん下の写真、写りこんだセンサーのゴミをフォトショのレタッチで取り除いた。

3_edited1

2016年3月22日 (火)

ムラサキハナナ

Photoここ昭和記念公園にも花の季節がやってきた。子どもの森のチューリップ、去年に比べるとやや貧弱だな?どうしたんだろうか。

トンボの湿地でぼんやりしてから、林の中を歩いて戻ってきた。ナチュラリストのペンタックス常連カメラマンの姿を見かけた。彼らは小鳥のポイントに沿って歩いているはず、オイラはそう思う。

ベンチで腰かけているとき、目の前のムラサキハナナが日の光を浴びてきれいだった。オイラはやはり逆光に映える花の姿が好きだ。

 

2016年3月21日 (月)

おさるさん

Photo_2

猿を眺めるのが好きだ。
右の写真は多摩動物公園で撮影した。ここの猿山は周囲360度から観察できる。
逆光だと毛が光って写る。
おさるは学校へ行かなくていいし、宿題も、試験も何にもない。
 でもイジメはある。

竹やぶ

Photo緑がみずみずしい孟宗竹の竹林。

手入れが行き届きすぎている。

後ろの建物は水車小屋、府中市の郷土の森。

yatarouさんのサイトに蝶が載っていたから、そろそろツマキチョウが出るかな?と思ってここに来た。残念ながらいちども蝶は見かけなかった。

2016年3月20日 (日)

スイセンとオオイヌノフグリ

Photo

府中の郷土の森へ行った。3連休のまん中の日。郷土の森は「梅まつり」が終わって桜のシーズンの前ということで比較的すいていた。
 

 下の写真はオオイヌノフグリ。

Photo_4

明治初年ころに日本に入ってきた外来種だそうだ。
幕末の新選組の隊士たちはこの花を知らない。

 

2016年3月19日 (土)

梅の花の終わり

Photo今日もまとまった時間が取れなかった。相模原北公園に行ったもののそこにいられた時間は15分程度。ここに着く前に時間を食ってしまったから。

盛りを過ぎた梅を撮ってみた。

余 談
 パソコン改造のオイラの〝ビョーキ〟がむずむずしてきた。手元のノートパソコン、HDDが旧式のIDEだ。この部品の手当てから始めなければならない。

これをWin10にまで持っていけるかどうか。

 

2016年3月18日 (金)

エナガは来ない

Photo_2

いつもの場所、エナガは来なかった。カラスが多く、ヒヨドリが妙に接近してくる。 エナガの声は聞こえてもおいらの頭上を通り過ぎていった。

ヒヨドリやカラスは小さい小鳥を襲って捕食する。だから近づかないのだと思う。

ここのヒヨドリはどうやら餌付けされているようだ。

2016年3月17日 (木)

つくし、小さい春を見つけた

Photo_3小さい春を見つけた。つくしがおいらの車の後ろで一斉に首をもたげている。
 これを逆光で撮影。

余 談
 桜の開花が早いというから、昭和記念公園の「子どもの森」では原種系チューリップが咲き始めているだろうか。そのちいさなチューリップは園芸種のチューリップよりもかなり早く咲き始める。

ソニーのα6000、ファームウエアのアップデートを行った。このカメラ、草花や小さな昆虫の撮影には欠かせない。

アトリ

Photo_2

アトリの群れが来た。先日の群れだと思う。

この群れ、いろいろな模様の個体が集まっている。性別や年齢によって羽の色が異なるのだと思う。

先日あさりのラーメンを食べた。貝殻をつまみ上げながら「アトリの群れのようだ」と思った。ひとつひとつ模様が異なっていたから。

カワセミは大きなエビを捕まえていた。エビが大好物なんだろうね。

小鳥とお馬を愛するボヤキのおじさんが来ていた。

 

2016年3月16日 (水)

シジュウカラのホバリング

Photo_2シジュウカラがホバリングをした。

足がかりがなかったのだろう、捕食のためやむを得ずホバリングしたようだ。

ホバリングにはハチドリのような優雅さはない。

ルリビタキ

 

2

 いつもの場所で待っていると、ルリビタキがやってきた。運良くすっきりした背景で撮影できた。

 エナガも来たが遠くの枝にいて、下りては来なかった。
 思いがけずジョウビタキのオスも見られた。
 
今日の北公園は幼稚園の子供たちでにぎやかだった。お昼になって子どもが帰ってしまうと、入れ替わって小鳥たちが姿を現した。

2016年3月15日 (火)

銀色の道

Photo_3

  銀色の道 

銀色の道には色がない

 

2016年3月14日 (月)

さかさまのエナガ

Photo_2

エナガのかわいらしさはダントツだ。せっかくこの妖精のような小鳥の遊び場を知ったのだから、しばらくエナガに集中してみようかとも思う。

D7100で撮影

昨日昭和記念公園でシジュウカラの群れに混じって1羽だけエナガがいた。

下の写真は…あらららっ、エナガのもふもふのお尻。

Photo_3

2016年3月13日 (日)

シメが飛び立つ

Photo_5枝を蹴ってシメが飛び立つ瞬間。

 透けているように見える翼、透けているのではなく羽根の一部が白いためだ。8千分の1秒という高速シャッター。

ニコン・ワンV2 1/8000sec、f5.6、ISO1600、200mm端、1.4倍のテレコン。プログラムオートにしておいたのが正解。ニコワンに1/8000secがあることは知らなかった。

(メカニカルシャッターは1/4000secまで、 電子シャッターが1/16000secまで)

昭和記念公園は、日曜日だというのに曇っていて肌寒かったから人は少なかった。

オイラが初めてシメという小鳥を知ったのは、3年前の4月だ。名前を調べるのにずいぶん苦労をした。

ツグミ

Photo_3

ツグミだ。ここ昭和記念公園で「トラツグミ」を探している人がいた。

昭和記念公園のガビチョウ、西立川口ゲート付近に4羽くらいいるのを見ただけで、その後は見かけない。声も聴かない。
ソウシチョウも以前は見られたものの今は見かけないという。

2016年3月12日 (土)

アトリ

Photo久しぶりの昭和記念公園だ。アトリの群れが来ていた。近くで見ると、とても美しい。こんなに美しいとは思わなかった。

今日はコンデジを持って来ていた女性に助けられた。

オス・メスの区別など今日撮った写真で勉強したい。アトリは年齢によっても羽の色が異なるようだ。

RAWファイルを現像

ボヤキのおじさんは来ていなかった。カワセミ、シメやカシラダカが来ていた。

Photo_4

2016年3月11日 (金)

雨のエナガ

 

Photo_4

雨がぱらついていたためか、エナガがリラックスしていた。エナガだけでなくメジロもリラックス。

エナガは正面からの姿がいちばんかわいらしい。上のまぶたが黄色い。

 

↓カメラマンを見下ろすエナガ。

Photo_5

2016年3月10日 (木)

メジロのハネムーン

Photo今日は通院のためまとまった時間が取れなかった。

いまにも降り出しそうな天気だったけれど、森の精霊がオイラを待っているかも、と思って相模原北公園のスポットに行った。

地べたに腰かけてしばらくすると、ジジジーッという声が近づいてきてやがてエナガが姿を現した。この撮影には失敗。

そして先日と同じように2羽のメジロがやってきてモゾモゾやりだした。それはメジロの交尾だった。

この場所における6年前のショット、キジバトの夫婦

余 談
エナガを見てからメジロを見るとメジロが大きく見えた。

2016年3月 9日 (水)

被写体ブレのシジュウカラ

Photo

言わずと知れたことだが、小鳥の動きは速い。翼の動きなど1/1000秒どころか1/2000秒でも写し止められない。
右の写真、シジュウカラが飛び立ったところだ。ブレている。
 ピントはそれまでシジュウカラが止まっていた木の杭に合っているのに…。
 
1/2000sec. f/5.6、 ISO1600、D7100、
 
余 談
 飛び立つとすぐに小鳥は足をひっこめる。ゼロ戦もそうだった。

2016年3月 8日 (火)

エナガ・再

Photo_3先日と同じ個体ではなかろうか。

余 談
 相模原北公園のいつものスポット、おいらが到着したとき梅の木の下では舗装工事をしていた。機械でガタガタと作業していた。小鳥は来ない。

 それでもオイラはそこに座っていた。座って何をしていたかというと、お年寄りのデイサービスなどの介護施設から車いすでやってくる人たちを眺めていたんだよ。
 そのうちに工事が終わり、小鳥たちがやってきた。

仲良しのメジロ

Photo

いつもの場所で地べたに座っていたらメジロが2羽やってきた。なにやらモゾモゾやっている。
蜜を吸うのでもなく、その場から移動もしない。気になったオイラは立ち上って少し接近してみた。

Photo_2驚いたことに手をつないでいたよ。正しくは〝足〟だね。

この撮影スポット、精霊に祝福された場所なのではなかろうか。

(せいれい=草木、動物たちに宿っている神秘的な存在のこと)

2016年3月 7日 (月)

銃撃戦(アンタッチャブルから)

Photo_2

アメリカの禁酒法の時代、エリオット・ネスは格好良かったな、ということを突然思い出した。

アンタッチャブルについて、いろいろ調べているうちに興奮する動画にたどりついた。

2_2

ロバート・スタックのネスもいいけれどケビン・コスナーもいい。

Photo_2

 

2016年3月 6日 (日)

久しぶりのエナガ

Photo_2

久しぶりのエナガだ、写真に撮ったのは数年ぶり。小鳥がやってくるのを待つという戦法で、ずいぶん近くから撮影できた。

日本ではキクイタダキに次いで小さな小鳥。

夕暮れ間近の相模原北公園で。背景の白とピンクは梅の花。

下の写真1/1250sec.でも被写体ブレになっている。
ニコンD7100、f4.5、ISO1600、+0.7Ev、プログラムオート。

2


余 談
 
昨日の土曜日(6日)、渓流広場のレストランでスズメを見た。昭和記念公園でスズメを見るのは初めてのことだ。白と黒と茶色の模様がきれい。

2016年3月 5日 (土)

コゲラのメス?

A_3

ここ昭和記念公園で見かけるコゲラはみんなメスなのだろうか。

 

コゲラのオス←クリック

さてこの日のオイラは歩いた歩いた。カワセミの池でカメラマンの様子を見ながらみんなの原っぱを北上。トンボの湿地へ。
 ここから再びカワセミの池へ、池のほとりの木の上にはアトリが4羽。しかしアトリは遠すぎてよく写らなかった。

ボヤキのおじさんがいたよ。

アカハラ?

Photo2月4日に撮影した小鳥、アカハラだと思う。名前を後で調べようと思っていたが忘れていた。

昨日の休養、正解だった。気分が良くなった。

 

2016年3月 4日 (金)

蝶たちの食事

Photo_4

今日のオイラは家で静かにしていようと思う。
すこし休憩。
写真はキチョウたちが仲良くヒッツキムシの蜜を吸っているところ。蝶の温室で…。

2016年3月 3日 (木)

クイナ・再

2_3クイナにまた会えたよ。うまい具合に逆光だから、クイナが背景から浮かび上がってくれた。クイナはふたえまぶたかな。

 RAWファイルからの現像。

Photo_3

Photo_4いちばん下はジョウビタキのメス、暖かくなったので、もうすぐこの子も山へ帰るだろう。
 この鳥も姿は美しいけれど、身近なところで見られるからカメラマンはあまり撮影しない。

余 談
 逆光を嫌うカメラマンが小鳥の背後にまわろうとする。そんなことをすると鳥を包囲することになる。そして短いレンズのカメラマンが小鳥に近づく。そのようにして小鳥たちの撮影は難しくなっていく。

2016年3月 2日 (水)

先日のルリビタキ

Raw_3

先日撮影したルリビタキ、RAWで撮影したコマを現像してみた。 JPEG画像に比べて奥行きがリアルに再現される。

Captur NX2を使用した。

ルリビタキがなにやら〝歌っている〟のがわかるだろうか。

シメ♂とアオジ

Photo_2

今日はオイラが着く前にミソサザイとクイナが見られたらしい。クイナはカエルをゲットしたというから満腹だろう。

ミソサザイはカラスの姿におびえて引っ込んでしまったという。

それでもしばらくすると、声が聞こえたらしい。「ジジッ」という鳴き声だそうだ。

鳴き声←クリック

上の写真はシメの♂。沼地の水を飲んでいた。

Photo_3

下はアオジ。カワセミの池から帰る途中においらの前を横切った。

足腰の強いボヤキのペンタックスおじさんの話ではカシラダカは姿を見せなくなったそうだ。そうだとすると、ホオジロも次の冬までは見られないということか。

カワセミは今日も元気にダイブをくりかえしていた。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »