フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

あこがれのミヤマホウジロ

先日(27日)昭和記念公園で「今朝、ミヤマホウジロがいましたよ」という話を聞いた。
ボヤキのおじさんもここでミヤマホウジロを確認したことがあると言ってた。
ところで「小江戸の狸」のこのページに、小鳥がやってくるのをじっと待つという記述がある。
そうなんだよな、小鳥は基本的に追いかけまわして撮れるものではない。
明日もまとまった時間が取れない。地元相模原北公園のルリビタキに会いに行こう。

2016年2月27日 (土)

カワセミがエビをゲット

Photo_3エビをゲット。透明な体のエビ、それが水の中にいるのにどうして見つけてしまうのか不思議だ。

さて、今日は風が強かった。こういう時は水面に波が立つ。昭和記念公園の花木園前の沼地は風が弱い。

ここならカワセミも水中の獲物を見つけられる。

 

ジョウビタキのメス

Photo_2

今日は健康管理上たくさん歩く必要があったので昭和記念公園に行った。

常連のボヤキ先輩とお話をした。
 今日はボートがたくさん浮かんでいたのでクイナは怖がって出てこないようだ。

逆光気味のところにジョウビタキのメスが来た。

2016年2月26日 (金)

夕どきのルリビタキ

Photo_2

今日もルリビタキに会えた。

 年配のカメラマン、小鳥に近づこうとする。レンズが短いためだ。結果的に追い払うかたちになる。それが残念。

オイラは地べたに座って小鳥が来るのを待つ。するとびっくりするほど近くに来てくれる。

上の写真はニコ1V2 にて。
下の2枚は D7100

 明日は昭和記念公園でクイナを撮りたい。

 

 

Photo_6

下の写真は飛び立った瞬間

Photo_5

 

 

2016年2月25日 (木)

ついに撮った !! ルリビタキのオス

Photo_5

ルリビタキのオスに対面した。去年ここでメスを撮ったがオスを見ることはできなかった。

昨年のルリビタキ

明日、もう一度ここへ行くつもり。

上の写真はD7100で、下はニコ1V2にて撮影。レンズは双方とも同じ70-200mm。なかなかイケる。

同じレンズを二つのボデーに付け替えた。交換レンズではなく交換ボデー。

オートフォーカスはD7100のほうが早い。

オスが立派に青くなるまで3年かかるそうだ。この個体は若いようだ。

立派に青いルリビタキ←クリック

2v2

2016年2月24日 (水)

初めてのクイナとシメ

 

Photo_2オイラは初めてクイナという鳥を見た。テレビで見たヤンバルクイナと似ている。

昭和記念公園のこのポイント、午前中はミソサザイなども見られたらしい。

70-200mmのズームに、ニコ1V2のボデーを付けてみた。毎秒15コマは快適だが色諧調がよくない。

今日はカワセミも活発に飛び込んでいた。

ぼやきのペンタックスのおっさん、ボデーが修理から戻り、ご機嫌だった。修理完了まで3週間だったそうだ。

下の写真、シメのオスだろうか。

Photo_3

2016年2月23日 (火)

妖精の里、金山町

 

Photo_5

只見から信州安曇野に向かう途中だった。この道路(国道252号)には信号機がめったにないのに、おいらの車は赤信号で止まった。窓の外を見ると「妖精の里」の看板。只見線の会津川口駅前。

なんだろうと思って車を降りて写真に撮った。するとオイラの車のそばに「金山町」と書いたワンボックス車が止まっていてネクタイの男性がいた。

その人は金山町の職員さんだった。そこで「妖精の里」の理由について聞いてみた。

オイラは悪運が強い。暖かくなったらここへ行く。
妖精美術館には「森の小人」もいるのだろうか。

 

安曇野の「田淵行男」記念館

 

Photo_2

昨日の朝福島県只見町へ向けて出発したドライブ旅行。

今朝はそこから新潟の日本海側を南下、長野の安曇野の「田淵行男」記念館に行った。

展示されていたアサヒフレックスが懐かしい。

オイラが最初に仕事で使ったカメラはペンタックス・SVだった。

 

330pxasahiflex

 

今回のドライブの全走行距離923km。平均燃費20.81km/L

 

 

 

田淵行男記念館へ

これから安曇野の「田淵行男記念館」へ向かう。

高山蝶を考えるなら、ここだ!。
只見荘のお食事、最高でした。昨夜はゆっくりとぐっすり眠れました。ここ只見荘、駅の近くなのに列車の音が聞こえない。

2016年2月22日 (月)

会津の只見町というところ

会津の只見町というところに来ている。只見荘という民宿。ここで一泊して明日は「ブナセンター」というところで見学する。

ところでこの民宿、無線LANが使える。ここのLAN、到着直後は調子が悪かったが、今はOKだ。
只見という町、桧枝岐のすぐ近くだ。桧枝岐にはむかし、35年くらい前に来たことがある。そのときも車で来たが、どの道を通ったのかは覚えていない。当時は高速道路が発達していなかった。http://www.tadami-net.com/tomaru/tadamisou.html

2016年2月21日 (日)

カワラヒワと市川君

Photo

今日も白い雲に誘われて昭和記念公園にやってきた。
ミソサザイのダンスを見た。
 残念ながらピントはみんな外れた。
今日は日曜日なのでカメラマンの平均年齢はいっぺんに若くなる。

Photo_3

 
写真はカワラヒワ、上が正面、下は背面。
樹上のカワラヒワを見つけてくれたのは本日初対面の「市川君」。
 野鳥の写真を撮りに、あちこちでかけているそうだ。
余 談
ものすごい「ニコ爺」がいた。おいらがニコンを持っているのを見て、うれしそうに話しかけてきた。この人の趣味はニコンのRAW現像ソフトの使い方を「教える」こと。つまり現場で辻説法すること。
小さな親切、大きなお世話。
 ニコンを愛する年寄りを、からかう言い方で「ニコ爺(じい)」という。
水鳥の池ではカモたちが旋回飛行をくりかえしていた。北国への出発は近い。
休園日
明日、22日と23日、昭和記念公園は休園日。おいらはブナと高山蝶を考える旅に出る。

 

2016年2月20日 (土)

椅子に腰かける象さん

Photo_2椅子に腰かけたゾウさん。その頭の上に象使いのおじさんが立っている。

象と人との信頼関係に拍手!!。

 今日は朝から孫の発表会の撮影。そして午後はダンスパーティーの音響のしごと。とても疲れた。

ここで象の写真を撮るなら「曇りの日」がいい。なぜなら木の枝の影が出ないから。

 

ぞうさんとあそんだ

Photo昨日(19日)市原ぞうの国に行ってきた。

子象2頭をふくむ10頭の行進は圧巻だ。

小象の行進

象さんに乗せてもらえるよ

 

2016年2月18日 (木)

ミソサザイ

Photo

ミソサザイのいい写真が撮れた。このちいさな小鳥、この姿勢で池の水を飲んだ。そしてなにか虫を捕まえて食べていた。(飲んだのではなく、水中の虫を捕まえたのかもしれない)

ISOを200に抑えたから、画像はきれいだ。でもやはり200mmではレンズが短い。

Photo_2

カワセミが獲物を狙っている。ここから勢いよく水に飛び込む。水深が浅いのに、よくもまあくちばしを折らないものだと感心する。

このカワセミは人をあまり恐れない。若いのかもしれない。

 

 

2016年2月17日 (水)

全生園のスミレ

Photoハンセン病資料館の桜並木の下に鮮やかなスミレが咲いていた。

使用したカメラ、ソニーのミラーレスだが、色彩が妙に派手だ。撮影時の設定をスタンダードに戻した。

もうすこし暖かくなったら全生園の中を散歩したい。

 資料館受付の人の話では、われわれもここを自由に歩けるそうだ。このエリアは「人口密度」が低いため、野鳥や草花など、豊かな自然を楽しめるそうだ。


ただ、ここを一人だけで歩くのは寂しい。
 

2016年2月16日 (火)

北公園の紅梅

Photo_2

撮影に出かける前にほかの用事ができてしまった。
まとまった時間が取れないため、いちばん近い相模原北公園の梅園に変更した。小鳥の姿は少なかった。
ここは平日でも、暖かければたくさんの人が訪れる。
暖かくなったら憲子さんとどこかへ出かけたい。
 

スパイシーモスバーガー

Photo昨日は昼食に何を食べようか、迷った。そしてスパイシー・モスバーガーにした。

 ラーメンもおいしいがハンバーガーもいい。このスパイシーさがじつにアメリカ的。

町田忠生店 ←クリックすると場所がわかるよ

今日はこれから国立ハンセン病資料館に行く。

2016年2月14日 (日)

カンムリカイツブリ

Photo_4白い鴨、カンムリカイツブリというそうだ。

小人のベンチに腰かけていたときペンタックスの先輩が教えてくれた。

 水鳥の池の対岸のうっそうとした森、これをおいらは「ロビンフッドの森」とか「小人の森」などと勝手に空想して楽しんできた。
 ここに小人が住みついているとしたら、どのような暮らしをするのか、彼らには学校があるのか、なかま同士の競争はあるのか。何に喜び、何を悲しむのか、そういうことを考えてみると、彼ら「小人」「妖精」「一寸法師」たちには世界中に共通した〝価値観〟があるということに気が付いた。

 彼らはテロを行わない。彼らは人間に毒を飲ませることはしない。小人たちには宗教も差別もない。そういうことに気が付いたのだ。…いま、小人に関する童話を少しずつ読んでいる。
 

春一番、アオジ

Photo_2

行き先をどこにしようか、と迷った挙句、雨上がりの昭和記念公園にした。

「春一番」ということで今日は気温が高く、車にエアコンを使用した。

どういうわけかカワセミはまったく見られなかった。空の上ではタカのような猛禽類が、なんとカラスに追い回されていた。

ミソサザイは朝から何度も現れたそうだが、冬の小鳥はそろそろ姿を消すのではないかと思う。
春になったらアブやトンボを追いかけたい。

写真は薄暗い藪の中でエサを探している「アオジ」。

 

2016年2月13日 (土)

大さん橋からの夜景

Photo_2

 横浜の夜景は大さん橋から赤レンガ倉庫、ランドマークタワー方向を眺めるのがいちばんではなかろうか。
 今日は写真同好会の集まりがあって、撮影に出かけるには時間が足りなかった。北公園ならいいかな?と思って行ってみたが、梅園の梅が見ごろになっていて、混雑していたからあきらめて帰宅してしまった。
明日の日曜日、午後には雨が上がるというから、昭和記念公園を歩けるかもしれない。
 

 

2016年2月12日 (金)

カシラダカ

Photo頭頂部の羽を持ち上げるカシラダカ、ときどきこの羽を寝かせていることがある。

今日見た鳥は、水鳥のカンムリカイツブリ、カワセミ、アオジ、その他いろいろ。

カワセミがせっせとダイブしているのに、カメラマンたちはミソサザイのほうに夢中だった。

このカワセミはメスだろうか?新人なのだろうか、このポイントでは小魚は獲れないはず。

Photo_3

2016年2月11日 (木)

アオジ

Photo

今日は「建国記念日」だ。
 

2016年2月10日 (水)

シメの♀

Photoカワセミを狙っていたら、水辺にシメがやってきた。

水面に映る青空を眺めながらおいしい空気を味わっているようだった。

今日撮影したのはそのほかカワセミ、アオジ、ウグイス、コゲラなどなど、

Photo_3

 

Photo_4

 

 

ウグイスは振り向きながら「あんたたちまた来たの?」と言ったような気がした。

6年前撮影のウグイス ←クリック

ふり向くのはウグイスの習性なのか?6年前のウグイスの写真を見て、そう思った。

 

Photo_3

 

ふり向かないで

2016年2月 8日 (月)

カワセミとアトリ

昨日、一昨日と2日続けて運動不足だった。Photo_2 しかしその2日間の静養のおかげで、足のしびれはなくなった。

水鳥の池を時計回りにまわった。そしていつもの花木園前の撮影ポイントでカワセミなどを撮影。

 

何人かのカメラマンが木の上の小鳥を撮っていたからおいらも撮影した。名前を調べてアトリのペアらしいことが分かった。

おいらの200mmズームに1.4倍のテレコンではちょっと不自由だ。

キャノン100-400mmズームのおやじがレンズを自慢していた。

Photo_3

 カワセミはたて続けにお魚をゲット。カロリーオーバーじゃないかなぁ。

2016年2月 6日 (土)

初午(お稲荷さんのお祭り)

Photo_4今日2月6日は初午(はつうま) 、お稲荷さんのお祭り。

北区王子の「装束稲荷」に出かけた。
 油揚げとくずもちを買った。

初午がなぜお稲荷さんのお祭りなのかは知らない。昔のオイラは知っていて、それを今は忘れてしまっているのかもしれない。

装束稲荷はとても活発に活動するお稲荷さんだ。今日は土曜日ということもあって、ここのお稲荷さんの「鼓笛隊」の子どもたちが上手に祭囃子を演奏していた。会長がテーブルで何かを書いている。お札(ふだ)を書いているのだ。御朱印・初穂料300円。

ウグイスの横顔

Photo_3

恥ずかしがり屋のウグイスの横顔。首筋あたりにヨシの影が落ちてしまった。

ウグイスは藪から出て姿を見せてくれないものとあきらめていた。

妙に鮮明な画像が撮れた(2月5日)。
ISO1600はAPS-CのD7100には設定が高すぎたかな。

小鳥も花も、おいらは逆光で撮るのがすきだ。油絵や水彩画が苦手とする照明、そこに写真が期待される理由があると感じている。

 

アオジ

Photo木の実をくわえているアオジ。とても近くまで来てくれた。

2月3日に撮影。

冬の今、みられる野鳥の種類が多い。

 

2016年2月 5日 (金)

ヒヨドリの水浴

 

Photo_7

ヒヨドリが水浴した。ここはカワセミがダイブする池なので、一瞬ヒヨドリも魚を獲るのか?と驚いた。

今日は昨日より3℃ほど暖かかったそうだから、ヒヨドリもさっぱりしたかったのだろう。

 

ミソサザイ

Photo_2

大勢のカメラマンに緊張が走った。レンズがいっせいに一点に向けられた。

 

Photo_4

そこにはちいさな小さな茶色の小鳥がいた。その小鳥は大勢の人に注目されて、うれしそうだった。

 

やがて小鳥が飛び去るとざわめきが起こり、カメラマンたちは後片付けを始めた。2月4日午後3時。

 あとでカメラマンの一人が「ミソサザイだよ」と教えてくれた。

 

 

2016年2月 4日 (木)

ウグイスが飛んだ

Photoなかなか姿を見せないウグイスをついにとらえた。

それも飛び立つ瞬間だ。じつにラッキー。

ニコンD7100、70-200ズーム、f6.3、1/2500sec.、ISO 1000

 

2016年2月 3日 (水)

ガビチョウ

Photo_2

久しぶり、何年ぶりかでガビチョウを見た。そもそも、ここ昭和記念公園で、あのけたたましいガビチョウの声は聴かなかった…ような気がする。
 このショットを撮影した後になって、やかましい鳴き声を響かせていた。
 
いつもの場所にはカワセミが2羽も来ていた。ペアだろうか。
余 談
森を歩きながらおいらは「森の小人」と「肌が真っ黒のギリシャ人」のことを考えた。とくに「黒いギリシャ人」を俺はこの目で見てしまったのだから。
藤村シシンも、黒いギリシャ人をどこかで見たのに違いない。

カシラダカ♀

Photo頭髪に〝寝ぐせ〟がついている小鳥。カシラダカというそうだ。

いつもの池のほとり、この鳥を撮影したのはオイラだけかもしれない。

写真を丹念に再確認したところ、カシラダカのオスも一緒に写っていた(下)。ペアで行動していたのだ。

Photo_3

 

 

 

2016年2月 1日 (月)

シジュウカラ

Photo_2

夕方には雨か雪がちらつくかもしれないという天気予報のためか今日はカメラマンが少なかった。
コゲラ、カワセミ、ジョウビタキ、メジロ、シジュウカラ
バードサンクチュアリには大型の猛禽類が来ていた。が、名前はわからない。
ミサゴのようだ。

カワセミ

Photo注目を集めていたカワセミ。

 何回か水に飛び込んでいたが獲物は獲れていなかった。

若いのかな?

 

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »