フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

三の酉

Photo_5

17日の二の酉は雨だった。そして今日が三の酉。

面白い写真は撮れなかった。しかしケバブは食べた。拍子木の音、参拝者たちの賑わい、ひんやりとした寒さ、そういう雰囲気を楽しむことはできた。

冬のベニシジミ

Photoキバナコスモスにベニシジミがいた。11月27日の昭和記念公園では写真の収穫が多かった。

この日はすっきりと晴れて気温が高かった。そのためだろう蝶はこのほかにウラギンシジミも飛んでいた。

200mmズーム、F4.0、1/1000sec.、ISO250、

 

2015年11月28日 (土)

白い雲と鈴懸の径

Photo_8池の向こうがおいらが好きな「鈴懸の径」 。ほとんど葉を落としているがプラタナスは白い樹肌が青空によく合っている。

灰田勝彦の歌「鈴懸の径」 は太平洋戦争中にできたと知って驚いた。彼の「新雪」もこの年の作品だそうだ。

詩の着想は立教大学のプラタナスから得たという。

余 談
 あたらしいWin10、慣れるのに一晩かかった。
そしてパソコンはテキパキ動くようになった…ような気がする。思えば今使っているマシンはWinXPとして組み立てた。その後VISTAを飛ばしてWin7に、そしてさらにWin8を飛ばしてWin10へとアップしてきた。
 その間、CPUを2度取り換え、マザーボードのBIOSもそのつどアップデート。2400万画素のデジカメデータを扱うのにもモタつきはない。

ボート乗り場

Photo今年の秋は空気が澄んでいるようだ。

メタセコイヤのむこうにボート乗り場。

明日は3度目の酉の市だ。今年は3回。 夕食にケバブを食べるつもり。

2015年11月27日 (金)

名前のわからない蝶(判明!ウラギンシジミ)

Photo_3バードサンクチャリーの裏側、プールの反対側で、きらきらと舞う蝶を発見。この翅の裏側は白っぽい。だから羽ばたくとキラキラする。

止まったところを撮影したが、翅は広げたままだった。

名前はわからない。

楽さんが教えてくれた。この蝶は「ウラギンシジミ」と判明。
 友達はありがたい。樂さんには4年前にもコウヤボウキでお世話になった。

コーヒークリームという花

Photo_2先ほど「もみじと自転車」をアップした直後にオイラのパソコンはWin10へのアップグレードが始まってしまった。したがってWin10による最初の仕事がこの記事のアップ。

ところでこの花、昭和記念公園のハーブ園に咲いていた。

逆光の太陽が花を透かしてきれいだった。「カレンジュラコーヒークリーム」というらしい。

この時のレンズ、ソニーの10-18mmズーム。ソニーのレンズは近接撮影に強い。

もみじと自転車

Photoスカッと晴れた。

この写真、今年オイラの最高傑作だと思うなあ。自画自賛。

2015年11月26日 (木)

モミジとイチョウ

Photo今日のお昼はオイラの中学校時代の同級生井上君のお店奈美喜庵でおそばを食べた。

午後、雨は上がったがすっきりとは晴れなかった。神代植物公園に行ったけれど、たいした写真は撮れなかった。

11月16日の写真から気に入ったものをアップしたい。

今年はイロハモミジの紅葉が遅れていて、これから見ごろになるようだ。

明日は晴れてほしい。天気が悪いと歩く気持ちにならず、運動不足になりそう。

余 談
 道楽でダンスパーティーの音響担当をやっている。年配の人にも踊りやすい曲を探して、さらにパソコンを使って、それを踊りやすく編集する。
 そんなことをやっているうちに音楽が好きになる。とくにノリノリのリズムのはっきりした曲を探すので、ロックンロールやディスコの音楽にも興味を持つようになった。先日、新しいディスコの曲を流してみたら年配の人が飛び跳ねて踊ってくれた。うれしかった。

2015年11月24日 (火)

イルミネーション

Photo次第に寒くなってイルミネーションの季節になった。
写真は去年の様子。

今日はダンスパーティーの音響係のしごと。ダンス音楽にかかわっているうちに、歌謡曲やその他音楽全般に興味を持つようになった。

先日はエルビス・プレスリーの話題が出たから、彼の歌をいろいろ聞いてみた。プレスリーが音楽の歴史に刻んだ功績は極めて大きいことなど、あらためて認識した。

監獄ロック←オイラが小学校のころの曲だ。

2015年11月23日 (月)

3年前のモミジ

Photo
今日はどんよりと曇っていて、夕方雨が降り出した。
相模原北公園に行ったが、一度もシャッターは切らなかった。

じつは何年も前から新しいホームページ作りを計画していたが、実現していない。まごまごしているうちにホームページの作り方を忘れてしまった。

上の写真、2012年12月6日に撮ったもの。ホームページを飾る写真をこの当時から撮りためていたうちの一つ。Webの写真の良いところは縦横の比率などの制約が全くないことだ。

そういう意識を持っているからこのブログでも縦長の写真などを多用してきた。

2015年11月22日 (日)

ハナイソギク

2
イソギクの隣に植えられていたハナイソギク。野生種のイソギクと園芸種の菊が自然に交雑してできたといわれる。

そこに小さなハエが止まっていた。

2015年11月21日 (土)

森の中の道

Photo今日は3連休の初日ということで、行楽地は混雑していた。
昭和記念公園の駐車場は満杯。

ということで今日は働いている人の久しぶりの休日を邪魔しないように配慮して自宅謹慎することにした。帰り道、富士山のシルエットがはっきりと見えた。

 先日(16日)撮影した森の中の道(この道)をアップしよう。レンズに直射日光が当たらないように手で遮るだけで、ずいぶんすっきりとした写真が撮れた。

余談だけれど、
 ここではモデル写真を撮っている現場によく出くわす。先日驚いたのは、50メートルほども離れたところから望遠レンズでモデルさんを撮影していたことだ。昔の一眼レフでは考えられなかった。
いまではレンズもとんでもなく高性能化している。
 オイラはフイルムカメラ時代のレンズも持っているが、あまり使いたいとは思わない。

2015年11月20日 (金)

ヨーロッパの秋?

Photo_2メタセコイヤという紅葉する針葉樹の並木

このように紅葉する樹木は、ほかにラクウショウもある。どちらかな?と思って近づくと「メタセコイヤ通り」という標識があった。

小さな赤い菊

Photo見ごろを過ぎた菊の畑にひとつ、小さな花が咲いていた。

近づいてみると、豪華に見える。

「小さな花」 ピーナッツ・ハッコーのクラリネット演奏が心地よい。

日本のザ・ピーナッツのデビュー曲でもある。ただし曲名は「可愛い花

2015年11月19日 (木)

シモバシラ

Photo_7植物なのに「シモバシラ」という名前。冬の冷え込んだ朝、この植物の枯れた茎から不思議な形の〝霜柱〟が現れるそうだ。

寒い朝、昭和記念公園の砂川口にカメラマンたちは開園時間を待ちかねて集まってくるらしい。花の丘の北斜面にこのシモバシラが植えられているから。

うずくまる「ニコ爺」たちの姿を想像すると楽しい。

余 談
カーナビの最新地図データ(全国)が本日リリースされた。東北道に圏央道が接続されるなど、いろいろ変わった。

幕末の一般的な農家

Photo_4郷土の森に展示されているかやぶき屋根の民家。
建物の左下に設置されている説明のパネルを消してみた。
 下の写真

Photo_6

 土方歳三たち新選組の隊士も、こういう風景の中で暮らしていただろう。

お店で食事をするなら

Photo私はバイトを募集する店のポスターを眺めるのが好きだ。

どうせお店に入るなら、スタッフが明るく楽しそうに働いているところだとうれしい。

Photo_3とにかくオイラはカロリーを制限しているから、食べる量は限られている。せめて雰囲気だけでもおいしく食べたい。

2015年11月18日 (水)

なつかしい、味噌ラーメン

Photo_7
1970年から1976年までのおよそ6年間、この写真の中華屋「庄屋」さんの出前にはお世話になった。

好きだったのは「味噌ラーメンライス」。カロリーと塩分がオーバーだから、いまでは到底こんな食事はできない。

 それを食べて感じていた満腹感がなつかしい。

一度、張り込みの現場にここの出前を頼んだことがある。

このお店、周囲の地形が道路の拡張などで昔とは変わっている。

睡蓮の池の白い雲

Photo_6初夏から晩秋にいたるまで楽しめるスポット。

ソニーのミラーレスカメラで撮影。画面に太陽が入っているのにきちんと写っている。写真はカメラの値段では決まらない。運も大切な要素。以上、自慢。
 16日に撮影したもの。

このカット、オイラには珍しくプリントした。

植物園を歩く人

Photo_2
昨日撮った写真

Photo_3

2015年11月17日 (火)

ゲンノショウコの種子の放出

Photo_5

Photo_6ゲンノショウコの種子の放出方法がわかった。

花が終わると実ができるけれど、その形が変わっている。槍か剣のように尖った実なのだ。その穂先の根元に5つの玉を作る。その玉の中に種子が入っている。

Photo_5

じつは穂先の部分は乾燥してバネになる。そして

ある日、5つの種子を弾き飛ばす。そういう仕組みだ。

下の写真が種子を放った後の姿。ガッツポーズだ。

どれくらいの距離に投げ飛ばすのかは知らない。

余 談
タネを飛ばした後の抜け殻・残骸の写真にいいショットがなかったので,日をあらためてニコンのマイクロレンズで撮りなおした。撮り終えるころ、ぽつぽつと雨が降り出した。

実の写真を追加

フォーカスもマニュアル(手動)

Photo_4

散策する人たち

Photo_4
カメラに備わっている「エフェクトモード」がおもしろい。
版画のような「絵」が撮れる。

こういう写真を同好会の仲間たちに発表したい。
ン十万円という高級フラグシップ機にはこの機能はない。

大石さんに見せびらかそうと思う。

大切なたいせつなブナ

Photo_3
日本は豊かな自然に恵まれている。森林がその豊かさに大きな役割を果たしているそうだ。

とりわけブナ林 ←クリック

写真はブナの葉(ヨーロッパブナ)。

2015年11月16日 (月)

イロハモミジは紅葉の最盛期か

Photo_2カメラマンが1本のモミジに群れていた。オイラも彼らに混じってレンズを向けた。

いまが一番の見ごろなのだ。そして明日はあまり日差しがない見込み。

日本庭園からから正門までを歩いた。オイラには体力がなかったが時間はたっぷりあった。車にたどり着いたときはヘトヘトになり、立っているのがやっとだった。

今日からクリスマスイルミネーションの準備が始まっていた。

ここに自転車が通る景色

2

 2年越しのショットが撮れた。ここのイチョウが紅葉したら、その下を通る自転車を撮りたい。
 などと考えたのは2年前のことだった。

ヨーロッパブナの木を見に行ったとき、ここのみごとなイチョウが目に入った。多くの人が写真を撮っていた。

2015年11月15日 (日)

ちょうちんデモ

Photo
三鷹市内を通ったら「ちょうちんデモ」に出くわした。このデモ行進、毎月実施しており、今年で48年目になるそうだ。

のぼりを持って歩いている人2人。こうやって50年近く信念を主張し続けてきた人は、足取りがしっかりしている。

敬意を払いたい。

2015年11月14日 (土)

ストロボによる近接撮影

Photo_4ストロボでスギゴケを撮る様子

サンパックのストロボ

カメラもストロボも、ぜ~んぶマニュアルで撮影。ISOも絞りも手動設定。

さくらもみじ

Photo_3これは11月7日の撮影。画面中央のソメイヨシノの紅葉を撮ったつもり。

昔はオイラがいくら「さくらもみじ」に心を動かされても、それを写真に再現することは難しかった。

近年の技術の進歩がうれしい。

水鳥の池のボート

Photo_2去年も同じ構図の写真を撮影した。池のほとりには真っ先に色づく1本のモミジがある。そこで待っているとボートがやってくる。

この写真は先月10月19日に撮影したもの。

2015年11月13日 (金)

ムラサキセンブリの花束

Photo_3
自宅を出るのが遅れてしまい、神代植物公園に着いたときは閉園時間が近かった。

どんよりと厚い雲が垂れ込めて、撮影日和にはほど遠い条件。しかし秘密兵器のストロボがある。

先日のムラサキセンブリ、今度はストロボ2灯で撮ってみた。

豪華な花束のように写った。

 余 談
オイラはセンブリを煎じて飲んだことがある。1977年ころのことだ。職場の同僚がどこかから持ってきた。とんでもなく苦かったけれど、胃を痛めていたからありがたい気持ちで飲んだよ。胃が痛くなる職業は「神経労働」に分類される。
 この年、エルビス・プレスリーが死亡。翌年、1978年に3人娘のグループ、キャンディーズが解散した。

エビヅルの紅葉

Photoヤマブドウ。エビヅルというらしい。ブドウのような果実ということだが雌雄が別の株らしい。そしてここにはブドウの実がなかったからオスの株なのだろう。

それにしても一枚ずつの葉っぱがさまざまに色づいている。色彩のにぎやかなバリエーションは、この植物の味だ。

2015年11月12日 (木)

青空とイチョウ

Photo_4
最近オイラは昭和記念公園に「通勤」している。
本日わずかな時間、晴れてくれた。

 ここの雲はみごとだった。

Dsc05808_2

 

2015年11月11日 (水)

ナンキンハゼとその実

Photo_3この時期の紅葉はナンキンハゼがいちばん。
 ちょうど実が付いている。カラスがこれを食べる。

 カラスが食べてあちこち糞をする中にタネが入っているのだろうか。昭和記念公園のあちこちで小さなナンキンハゼを見ることができる。

余 談

本日Win8.1のノートパソコンをWin10にアップグレードした。意外に簡単だったし、各種の設定はWin8.1から自動的に引き継がれていた。

花の丘

Photo花の丘の北側部分、今年の夏はひまわりが育っていた。去年までは手前の畑には紅いソバが咲いていた。
今年は何も植えられていない。

Photo_2
ボケが咲いていた。赤い花を真ん中に配置して日の丸のようにした。

2015年11月10日 (火)

道を探す

Photoその道をたどっていくと思いがけない物語が生まれそうな、そういう空想ができる道を探してきた。

さまざまなバリエーションの道があるのは昭和記念公園だ。

2015年11月 9日 (月)

チョコレートコスモスは濃い赤だった

Photo_4このチョコレートコスモスにだけ日が当たっていた。
 この写真を見ると花がチョコレート色に見えるのは赤の色素が異常に濃厚だからだと分かる。

10mmの超広角レンズで撮影した。(35mm換算16mm)

ストロボで野草を撮影すると

Photo同じヤクシソウの写真、ストロボを使わない一コマがあったからここにアップしてみた。

Photo_2
同じ花を、ストロボを使って撮影するとこうなるというタネ明かし。
日が暮れるのを待って撮影したわけではない。

2015年11月 8日 (日)

ずぶ濡れのバラ

Photo_2こういう日は虫たちはどこで羽を休めるのだろうか。

雨が降ったけれど、小雨程度ならストロボでの撮影には差し支えない。

自分を葉っぱにたとえてみると

Photo山桜の枯葉が散っていた。オイラを葉っぱにたとえてみると、少しは色づいているだろうし、虫に食われて穴も開いているはずだ。

むかし特攻隊員は自分を桜の花にたとえることが多かった…のだろうか。

2015年11月 7日 (土)

禁断の?逆光撮影

Photo_4ストロボをあえて逆光で使った。被写体がみずみずしく強調されるし、周囲のよけいなものが省略できる。

この写真はうっかりストロボを画面に写しこんでしまったもの。なお、ストロボはもう1灯、合計2灯発光させている。

冬の赤トンボ

Photo_3

立冬だというのに、赤トンボがいた。今年最後のアキアカネかもしれない。
 神代植物公園のハーブ園の一角にアキアカネが6匹もいたのだ。

ストロボを使って胸の模様をはっきりとらえることができた。

冬の蝉

ヤクシソウ

Photo_2
この時期に黄色に咲く菊、ヤクシソウというそうだ。

つぼみは上向き、花が終わると下向き。

2015年11月 6日 (金)

タヌキマメ、怪しい野草

Photo_2神代植物公園の野草園の片隅に見たことのない草があった。

木札に「タヌキマメ」と書いてあった。立った姿も奇妙だし、タヌキという名前からしてなんとなく怪しい。有毒なのか?と疑いたくなる。

カツラの黄葉

Photoカツラの黄葉も見ごたえがある。この日(4日)傾きかけた夕日に照らされていた。

街路樹としてもよく使われている。

カツラの黄葉は樹木のてっぺんから始まって次第に下に降りてくる。それぞれの葉が「オイラがいちばん上だ」などと、その地位?を自覚しているかのようで面白い。

2015年11月 5日 (木)

お酉さま(一の酉)

Photo今日はお酉さま(おとりさま)だ。縁起物の熊手を売る店が並ぶ。

「朝倉」という旗が下がっているので、府中本宿の旧家、朝倉家と関係があるのかと思ったら、そうではなく縁起物の製作販売をしている埼玉県所在の老舗の名前「面亀・朝倉」だった。

「熊手を買うのはとても楽しいのだ」と浅草キッドのタマちゃんが話していたのをラジオで聞いたことがある。いろいろ駆け引きがあるらしい。買うほうも売るほうも最終的にはトクしたような、満たされた気分になるようだ。
 どうりで拍子木を打つとき、売り手も買い手も見物人もみんな笑顔だ。

ネットで調べてみた。
 熊手の買い方←クリック

Photo_2
おおきなフクロウを手に乗せているおっさんがいた。

ケバブを食べた。本日のび~るアイスは売っていなかった。

蛇 足
 露店の数が少なかった。よ~く考えてみた。その理由は「お酉さま」はここ大國魂神社だけの行事ではなく、あちこちの神社で一斉に行われているからだ。業者が分散するわけね。

2015年11月 4日 (水)

ヨーロッパブナの木

Photo_3
昭和記念公園にヨーロッパブナの木が植わっている。1985年に植えられたそうだから樹齢37年になる。

これが美しく紅葉するらしい。果実(どんぐり)も実らせるらしい。その秋の様子が知りたくてここに通っている。

その実は食べられるというではないか。ロビンフッドも食べていたはずだ。

すこし紅葉は始まっているが実は着いていない。

珍しい、雲ひとつない青空とは

Photoみごとな青空だったから、水鳥の池に行けば白い雲が輝いているだろうと思った。ところが雲は一つも見られなかった。
帰路、多摩ニュータウンからは富士山のシルエットがくっきりと見えた。

右の写真はトチノキの黄葉。

Photo_2
ナンキンハゼの紅葉は今がピークか。

2015年11月 3日 (火)

ルドベキア・トリロバ

Photo_2別名(ブラックアイドスーザン、ルドベッキア・タカオ、オオミツバハンゴンソウなど)

花壇の隅にいつも咲いているこの黄色い花、以前から気になっていた。名前を調べるのが面倒だったが、本日調べてみた。「花壇」・「黄色い花」などのキーワードで案外すんなりと判明した。

今日は青空が素晴らしく、空の青と地上のこの花の黄色、その対比がみごとだった。

余 談
ポケットが擦り切れてしまったズボンから、本日新品のズボン(通販で980円)に履き替えた。太もものところにカーゴと呼ばれるポケットがない。これならダンスパーティーの会場などフォーマルなところにも出入りできる。

ムラサキセンブリ

Photo
小さな姿の小さな花、ムラサキセンブリというそうだ。リンドウの仲間。

ストロボをカメラから離して、異なる角度から発光させた。
このサンパックの小型ストロボ、以前からとても重宝している。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »