フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

新宿駅西口に通りかかった

Photo本日、ほんとうは社会問題化しつつある渋谷のハロウィン騒ぎを見てみたかった。

オイラの足腰では雑踏の中を歩くのは無理なようだった。そこで新大久保のコリアタウンに出かけた。

久しぶりにここでエキゾチックな雰囲気を楽しんだ。ケバブも食べたしカレー味の焼き鳥も食べた。

ここでは10kgの米が税込1400円で売っていたよ。

写真は帰る途中に通った新宿駅付近の風景。

車の中では映画音楽の「河は呼んでいる」をしみじみと聴いた。

2015年10月30日 (金)

イギリス館の部屋

Photo去年のこの時期、横浜のイギリス館はハロウィンの飾り付けが楽しかった。

ところが今年はなにもなかった。

去年のイギリス館←クリック

2015年10月29日 (木)

秋のバラのシーズン

Photo相模原北公園でも秋のバラのシーズンが始まった。甘い香りが漂っていた。雨が降ったのか水滴がついていた。

2015年10月28日 (水)

オウギバト

Photoズーラシアの中にわれわれ観覧者が歩くことができるケージ「鳥かご」がある。

そこの手すりにオウギバトが止まっていた。

2015年10月27日 (火)

くもを眺めに行った

Photo_5

空が青かったから白い雲が見られると思った。

強い風が吹いてさわやかだった。

Photo_2

オイラが好きなプラタナス、こもれびの光を写しこんでも最近のレンズは悪さをしない。

2015年10月26日 (月)

ゆうぐれのホシホウジャク

Photo撮影に出かけたとき、そろそろ帰ろうかなと思うとき、このホシホウジャクに会うことが多い。

この写真も夕暮れ時に撮影した。シャッター速度は高速の1/1250secだけれど、ISOは8000だ。画面を見ただけでは現場の“暗さ”がわからない。

ところでこの昆虫は夜行性なのだそうだ。

真夏にとても美しい白い花を咲かせるカラスウリという植物がある。このカラスウリは夜に花を咲かせて朝にはしぼんでしまう。

カラスウリの受粉には夜行性で吸蜜管の長いホウジャクなどのスズメガの活躍が欠かせないそうだ。カラスウリの花を訪れるホウジャクを見てみたいものだ。

2015年10月24日 (土)

コウヤボウキ

Photo不思議な花だ。以前多摩動物公園の土手でこれを撮影した。名前のわからないまま、これをブログにアップしたら、樂さんから「コウヤボウキ」だと教えられた。

本日神代植物公園で久しぶりにコウヤボウキに再会した。多摩動物公園の昆虫館からアフリカ園に向かう途中のトンボ橋、そのわきの土手の上で今年も咲いているんだろうな。

足腰が弱くなったオイラにはちょっとキツい。
 でも、寒くなれば蝶の温室で体を温めるためにまた行きたい、と思う。

2

2015年10月23日 (金)

秋のおとずれはケヤキから

Photo_2水鳥の池のバードサンクチュアリー側を撮った。

ケヤキが色づいてグラデーションが美しい。

余 談
 
作業ズボンを注文したワークマンのオンラインストア、1週間近く経っているのにまだ届かない。Amazonの爆速配達に慣れているからもどかしい。

追 伸

作業ズボン、10日ほど経って届いた。こんなのネット通販ではない。

小さな菊

Photo雑木林の片隅に菊が群れて咲いていた。一瞬、野生かな?と思ったが、園芸種のようだ。名前はわからない。

文部省唱歌の「野菊」という歌が好きだ。

この菊の名前を思い出した。「ミヤコワスレ」だ。昔の人が日本の野菊を品種改良して作り出したそうだ。秋に咲くミヤコワスレもあるらしい。

2015年10月22日 (木)

語らいの丘

Photo_5オイラはこのベンチに腰掛けることが多い。ここに座って「さてどちらに行こうかナ」と考える。

交通の要衝になっているからね。

二十三夜塔

Photo_2
むかし、二十三夜の月を拝む信仰があったそうだ。人々は集まって飲食したあと、この月が出るのを待ったという。二十三夜の月は深夜0時ころに地平線から上ってくる。われわれの祖先はそのような信仰心と習俗の中で生活していたようだ。

 なにやら風流な習慣のような印象を受けるが、当時の人々には切実だったようだ。
 右の写真は郷土の森のプラネタリウム入り口に展示された写真と石塔。

月待塔←クリック

Photo_3

この写真の下に撮影データが印字してある。撮影時のフイルムやASAなどの単位がなつかしい。

Photo_4

2015年10月21日 (水)

昭和43年10月21日

いまから47年前、1968年10月21日、新宿騒乱事件が起きた。この日オイラは新宿駅南口で警備についていた。そして暴徒の投石を受け、我々の部隊は蹴散らされて二つに分断されてしまった。

その日は当時「10・21国際反戦デー」といわれていた。…遠い…昔のことである。

その翌年、1969年3月30日、パリで一人の女性が焼身自殺をした。彼女の名はフランシーヌ・ルコント。この事件をきっかけに日本で「フランシーヌの場合」という曲が生まれた。…遠い…昔のことである。

 老いたオイラはいま、歩んできた「道」を考え、探しあるいている。

きぼうの道

Photo_5うれしい予感に胸をふくらませて向かった道。思い出を両手にいっぱい抱えて帰る道。

黄金のトンボ

Photo_32年前の7月に出会ったトンボ。ショウジョウトンボの♀だ。

初めて出会ったとき、金色の金属光沢に驚いた。

金属といえばチョウトンボも鋼(ハガネ)のような光沢が美しい。

赤トンボいろいろ

Photo
コノシメトンボの♂
先日19日、昭和記念公園で一匹もトンボを見なかったのに、本日(20日)、府中の郷土の森ではこのほかにもミヤマアカネやアキアカネにも出会った。

Photo_2

下の写真はマユタテアカネの♀

2015年10月20日 (火)

ホトトギス

Photo_2雑木林の中のホトトギス。上等な蜜を出す花なのだけれど、今日はハチの来客は見られない。

ヒヨドリの行水

Photo府中の郷土の森の渓流でヒヨドリが水浴びをしていた。たくさんのヒヨドリたちが大騒ぎをしてつぎから次へと水に飛び込んでいた。

とっさのことだったのでカメラのISOやオートフォーカスの設定変更に、あわててしまった。

ISO4000、F9.0、1/200sec. 280mm相当

池のほとりのすずかけの道

Photo_3オイラが通いなれたすずかけの道だ。画面右下池の対岸は〝ロビンフッドの森〟。

鈴懸とはプラタナスのこと。
 今日(19日)はトンボの姿は見られなかった。

 西立川口の花壇ではチョコレートコスモスが虫たちに無視されながらも、静かに存在感を示していた。
 群れずに個々の花が、おもい思いの角度に傾いて咲く姿、そこにオイラは個性と存在感を感じる。

2015年10月19日 (月)

海上自衛隊呉音楽隊

Photo_2オイラはブラスバンドの鑑賞が大好きだ。先日の17日赤レンガ倉庫の広場で海上自衛隊呉の音楽隊の演奏とパフォーマンスを楽しんだ。

この日横浜港には3隻の護衛艦が停泊していた。翌日横須賀で行われる観艦式に参加するためだと思う。以下オイラの推測だけれど、この3隻それぞれに音楽隊が乗船していたのだ。

その3つの楽団が17日に交替で1回ずつ演奏したというわけ。
3隻のうち1隻は中国が神経をとがらせている「(空母?)いずも」だった。

思索の小路

Photo音楽の才能がある人なら、こういう道を歩いているときに何かインスピレーションを受けるんだろうな…と思う。

余 談

5年間、撮影に出かけるたびに着用してきた作業ズボン、ついにほころんできた。半年前に比べて体重が9kgも減って、サイズも合わなくなってきた。ワークマンのネット通販で新しい作業ズボンを注文した。アスファルトの上に座り込んでも傷まないような丈夫なやつ。

2015年10月17日 (土)

港の見える丘

Photo_3

港の見える丘へ行った。というのも、そこから大さん橋に停泊している「護衛艦いずも」の電飾が見えると思ったからだ。

でもやはり護衛艦は昼間に眺めるべきだ。

Photo_4

この丘からは横浜ベイブリッジが見える。海から吹いてくる風がさわやかだった。

秋の赤レンガ倉庫

Photo_2
横浜の赤レンガ倉庫はオクトーバーフェストの最終日

2015年10月16日 (金)

ハリスホーク

Photo_3しとしと雨が降っているから鳥の写真を

2015年10月15日 (木)

新種のダリア

Photo皇帝ダリアと従来のダリアを交配したというハイブリッドのダリア、名前もついていないし売り出されてもいない。

そういうダリアのいくつかを昭和記念公園で見ることができる。

まだ数は少ない。11月が見ごろか?

2015年10月14日 (水)

ヒメアカタテハ

Photo_5虫や蝶は花壇のチョコレートコスモスには見向きもしないで、黄色い花に群れていた。

そのなかにヒメアカタテハがいた。一見するとツマグロヒョウモンに似ている。

チョコレートコスモスに虫はまったく来ないのかな。

この国を背負う者たち

Photo_3
秋の遠足シーズンということで昭和記念公園には小学生たちの歓声が響いていた。

オイラの計算で足し算すると、彼らは間違いなく10~20年後のこの社会を背負っていくことになる。たくましく育ってほしい。

余 談
 毎日履いている作業ズボンだが、すそがほころび始めてきた。通販で新しいズボンを注文した。

チョコレートコスモス

Photo今年もチョコレートコスモスを見ることができた。オイラはめったにいい写真は撮れないけれど、この一コマはうれしかった。

ニコンD7100、70-200mmズーム、200端

2015年10月13日 (火)

メイクとホイッスル

Photo_2
お会式にメイクをしたイケメンの男性がいた。お会式はかなりテンションが上がるお祭りだ。

2015年10月12日 (月)

お会式(おえしき)

Photo_4
お会式に行ってきた。今日は休日のためか子連れの参加者が多かった。

Photo_5
ホイッスルも盛大に鳴らしていた。サンバホイッスルならもっと楽しいのに…と思った。

Photo_6
仮面の参加者。…お会式はニッポンのカーニバルだった。

紅葉前のナンキンハゼ

Photo_3

昭和記念公園、西立川口駐輪場。ここのナンキンハゼは天下一品の紅葉を見せる。

青空が広がった8日、1本のナンキンハゼが背筋を伸ばして〝これからみごとに紅葉してみせるぞ〟という自信を漂わせていた。

12月になるまで落ち着かない日々が続きそうだ。

2015年10月11日 (日)

サイクリング

Photo_2本日(11日)がどんよりしていたから、先日8日の写真をアップしてみたい。
昭和記念公園で見かけたひとコマ。イチョウの下を颯爽と走る自転車。

わずかに色づいたイチョウ、輝いて見える。この時期イチョウの葉は透明感を増してくる。日差しが葉を透過するから、明るいと感じるのか。

雨上がりのホウジャク

Photo雨上がり、水滴の付いた酔芙蓉にハチドリによく似たホウジャクが来ていた。

明日は池上本門寺の「お会式」がある。

2015年10月 9日 (金)

アキアカネ

Photo_3
赤トンボの代表、アキアカネ。

2015年10月 8日 (木)

盛況!シオンの酒場

Photo_5今月6日のシオンの酒場、ここの虫たちの騒ぎを示す写真を紹介したい。
 ①アオスジアゲハの上をアブが通りかかった。こんなところ通らなくていいのに…。
 

Photo_6②次の瞬間そのアブはアゲハの羽に挟まれてしまった。状況を読むのがニガ手なアブ。

Photo_7

↓③丸で囲んだ部分

水鳥の池から

Photo_4
今日も〝シオンの酒場〟に行きたかったけれど、そこの常連たちにオイラが毎日ヒマを持て余しているのがバレてしまうから、昭和記念公園に変更した。

この撮影ポイントに立ってオイラは「対岸にはロビンフッドが暮らしている…」と空想してみる。すると不思議と必ず楽しい気分になる。それは魔法の呪文だ。

Photo

この時期、ここには小さな赤トンボが見られる。胴体が赤く透き通っているのが美しい。マユタテアカネと言って、アキアカネよりも謙虚で、低いところに止まる習性をもっている。

 本格的な紅葉はまだだが、着実に色づきつつある。

虫たちのお祭り?

Photo_2
シオンの酒場は今日もお祭り状態。ツマグロヒョウモンが求愛活動をしているところ、そこにハナアブが通りかかった(画面右上)。

ところがここはスズメバチにとっては絶好の狩猟の場所だ。アブや蝶に次々に襲いかかっていた。

2015年10月 7日 (水)

オオハナアブ

Photo_5
ずんぐり丸い形と単純な模様でかわいらしく感じる。名前も単純、オオハナアブ。

キョウコシマハナアブとキオビツチバチ

Photo_4キョウコシマハナアブというそうだ。このキョウコ…というのは女性の名前から取ったのだろうか。

Photo_3
下はキオビツチバチ。名前を調べるのにとても苦労した。胴体を拡大してみると毛がたくさん生えている。毛の多い蜂はツチバチに多いということを学んだ気がする。

2015年10月 6日 (火)

ミドリヒョウモン

Photo_3毛色の変わったヒョウモン蝶がいた。場所はシオンの〝酒場〟だ。
 緑がかって見えたからミドリヒョウモンだと分かった。久しぶりの対面だった。オイラは2010年に陣馬山で初めて出会った。それ以来のことだ。

ヒョウモン蝶の斑点の模様を比べるのは大変だ。しかしこの蝶の場合、後翅の裏側に特徴がある。

Photo_4
5年前に陣馬山で撮影した写真、色調が少しおかしいかな?。後ろ羽の裏側を撮っておいたのが幸いした。

ツマグロヒョウモンの求愛

Photo_2ツマグロヒョウモンの求愛。下がメス。

マユタテアカネの♀

Photo
神代植物公園のシオンの花。そこは甘党の虫たちの〝酒場〟になっている。ハチやアブ、コガネムシ、蝶たちの社交場だ。

するとシオンの根元近くに翅の先が褐色になっているトンボが止まった。〝酒場〟を訪れる小さなアブでも狙っているのだろうか。

このトンボ、マユタテアカネの♀だった。マユタテアカネのメスには色や形に4つのバージョンがあるらしい。この個体は褐色つま黒型

先日オイラは昭和記念公園でこのトンボの交尾を撮影した。

Photo

羽の先が透明なメス→

2015年10月 5日 (月)

枯葉とキツネノマゴ

Photo本格的な秋になった。秋は野原の生き物たちが目まぐるしい変化を見せる。

桜の落ち葉は美しい。黄色や赤く色づいた桜の葉を「さくらもみじ」というそうだ。

Photo_3

キツネノマゴも小さなピンクの花をつけている。

むかし、この花の名前を調べるのに苦労したことがなつかしい。

今日は昭和記念公園を歩いた。水鳥の池を左回りに回った。そして芝生の広場にも足を延ばした。むかしオーストリアから贈られたという「ウイーンの森のブナの木」があった。この大きな「ヨーロッパブナの木」は美しく紅葉するらしい。これからが楽しみだ。
 さらに日本庭園、トンボの湿地にも足を延ばした。

この公園でパークトレインには頼らず、これだけの距離を歩けたのはうれしい。

2015年10月 3日 (土)

コガネムシと蜂

Photo甘党の虫たちに人気の〝酒場〟シオンの花。

ここの常連、コガネムシのコアオハナムグリ。そしてキンケハラナガツチバチは名前の通り胴長の蜂。

ここには肉食のはずのスズメバチも来ていたが、何をしに来ていたのだろう。

キゴシハナアブ

Photo_4
キゴシハナアブ

ソニーα6000に30mmのマクロレンズを付けて撮影。

シオンに来る虫たちを数年にわたって観察しているが、このアブには初めてお目にかかった。今日はたくさんいたから希少種ではなさそうだ。

2015年10月 2日 (金)

モンキチョウの求愛

Photo_3
神代植物公園ではシオンの花が咲いた。

花の少ないこの季節、ここにたくさんの虫たちが集まる。

吸蜜しているモンキチョウにもう1匹が猛烈にアタック、求愛行動のように見える。そして下のモンキチョウは拒否のポーズ。
 しかし両方とも♂のように思えるのだが、よくわからない。

下の蝶はメスと判明。まぎれもなくこれは求愛行動。

2015年10月 1日 (木)

メンフクロウの飛翔

Photo_2
今日は雨のため気分が晴れない。こういう日には散髪してもらうにかぎる。

ピントの練習で撮影したメンフクロウ。飛んでいるのだから風を切っているはずのフクロウの顔、細かい毛が前方に向いたままなのが不思議。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »