フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月24日 (水)

赤レンガ倉庫のクリスマス

Photo今年のクリスマスマーケットは盛況だ。今日は平日だけれど、クリスマスイブということで混雑していた。

ここからは小さな遊覧船も発着している。来年は海上から横浜の夜景を楽しんでみたい。

2014年12月23日 (火)

飛鳥Ⅱの出航

Photo_2
今年も赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットに出かけた。

過去2回、オイラは偶然ここからASUKAⅡの出航を見てきた。そこで今回は大桟橋の時刻表をあらかじめ調べておいた。この時期、アスカⅡは大桟橋から近距離のクルーズに出かけるのだ。
↓クリック
「Xmas 横浜ワンナイトクルーズA」

予定よりも1~2分ほど遅れて出航していった。流行りの歌はなく、飛鳥Ⅱは汽笛を3回鳴らした。(ときどき汽笛ではなく霧笛ですね)

2014年12月22日 (月)

伊豆の日没

Photo先日、西伊豆「出逢い岬」で撮影した日没。

1/4000sec. F 7.1 -2Ev

2014年12月21日 (日)

クリスマス・パーティー

_edited1_2ヨコミチ・ダンスプラザ

のクリスマスパーティーに顔を出してみた。

このような逆光での写真を撮ってみたかった。ダンス関係のWEBを作るとすれば、こんな写真も効果的かなと考えている。
 照明の色が目まぐるしく変化する。このばあい、スポットライトだけが頼りだ。

ISO=いつもの2万

2014年12月18日 (木)

出逢い岬の夕日

_edited1_2
夕日を眺めるために西伊豆に出かけた。強い北風のため日の入りが見られるに違いない。

優秀な現地ガイドの案内で「出逢い岬」でカメラを構えた。
 写真の左隅は戸田(へだ)港。画面の傾きを直した。

駐車場は無料。トイレあり。

しかし太陽がまぶしすぎた。

2014年12月 9日 (火)

家族のシルエット

Photo正しい家族のシルエット。

今週末もイルミネーションを楽しみたい。

2014年12月 7日 (日)

昭和記念公園のファンタジアトレイン

Photo_3
昨日からクリスマスのイルミネーションが始まった。

これから3週間もの間、夜店も出て、お祭り状態となる

おとぎの国の乗り物「ファンタジアトレイン」今年は去年よりも華やかになった。

イルミネーションの点灯式

Photo師走の土曜日ということで、この日にイルミネーションを点灯するところが多かった。

大野北公民館には今年も共和中学校のブラスバンドが来てくれた。迫力ある演奏を鑑賞できてうれしかった。

オイラが好きな楽器はチューバ。その低音の響きはステレオでは再現できない。

肖像を保護するため表情が写った写真は載せない。

ISO 25600、(オーバー2万)1/200sec、F 7.1、-0.3Ev、ホワイトバランス=オート

2014年12月 2日 (火)

なごりの紅葉

Photoきょうはスカッとした青空だった。湯河原の「ゆうゆうの里」を経由して、西伊豆の夕日を見に行こうかと迷った。迷った末に、近くの昭和記念公園にした。並木のイチョウはほとんど葉を落としている。

 ところどころ、まだ美しく紅葉しているモミジがみられた。それをニコ爺が熱心に撮影していた。この人のピントへの執着は、失礼ながら〝病的〟だと思った。

今週末、ここ昭和記念公園では冬のイルミネーションが始まる。

2014年12月 1日 (月)

母校、府中四中訪問

Photoオイラの母校、府中市立第四中学校を訪ねた。
卒業以来、じつに50年ぶりだ。

11月28日(金)、われら四中第5期生は同窓会を行った。年齢は67~68歳。まず母校を表敬訪問してその後しかるべき場所で懇談するという段取り。

ことしわれらが後輩の合唱部は、
第67回全日本合唱コンクール全国大会・混声合唱の部において 金賞を受賞したのだ。おめでとうを言いに行った。

Ob

校舎に昔の面影は全くなかった。
 校長先生の案内で合唱部を訪ねると、メンバーがあたたく迎えてくれた。

そして校歌の斉唱。
「武蔵野にすくすくのびるけやきのように…」の声で、瞬時に50年前にタイムスリップして、気持ちは生徒たちと一体になってしまった。

 涙を流して歌うジイさんバアさんを見て、孫の世代の彼ら生徒は何を思ったことだろう。

_edited1
この学校の生徒だったオイラの制服姿も貼り付けてみた。

それがし、ひと

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »