フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

ロージナ茶房

1オイラは自分が歩いた現場を訪ねるという作業を数年前から行っている。

そこが自分にとっての「古戦場」であったり、その場所がオイラの人生の分岐点だったり、あるいはだれかとの「出会いの場」だったりする。

オイラが二十歳のころ、友人と熱っぽく語らった喫茶店がある。京王線府中駅の南口の「ロージナ茶房」だ。
いまはない。しかし同じ名前の店が国立(くにたち)の駅前にある。

そこを訪ねるてみると、なるほど雰囲気は似ていた。府中の店との関係はないという話だった。

そこで「ロージナ」とはなんのことか?と思った。ロシア語で「祖国」とか「故郷」という意味だという。日本語読みだと「ロジーナ」ロシア人の発音だと喫茶店の名前のように「ロージナ」と聞こえるそうだ。

それにしても国立の駅前には喫茶店が多い。いかにも学生の街らしい。

ミータンが永眠しました

Photo_2
本日正午、わが家の一員「ミータン」が永眠しました。20歳。

27日の火曜日から食事を受け付けなくなりました。獣医さんに行って点滴など。

牛乳にハチミツを混ぜ、スポイトで口に流し込む。すると少しは元気になり、昨日夜11時ころ、ヨタヨタした足取りで縄張りのパトロールに出かけました。

しかしその夜は帰ってきませんでした。引き留めておけばよかったと後悔。

 今朝早朝、隣家の庭に倒れていました。水やハチミツ牛乳を与えました。ミータンは腹這いになって動くことはできましたが、どんどん衰弱し本日正午に息を引き取りました。

 

サクラマンテマ

Photoサクラマンテマというらしい

29日、雲行きが怪しかったので温水プールへ出かけた。

衰えた足腰をなんとか回復したいのだ。

プールから出ると快晴だった。相模原北公園に向かった。
このピンクの花「サクラマンテマ」というそうだ。

わが家の猫、元気がない。ことし20歳になった。

余 談
東京大衆歌謡楽団」というトリオが気になっている。彼らの路上ライブを見てみたいと思う。

2014年5月27日 (火)

雨のコリアタウン

1

今日(26日)は通院日だった。診察を受けてからどこかに出かけようにも、中途半端かな。しかしオイラにはコリアタウンがあるのだ。
日が暮れて雨が降り出した。雨が降る夜の都会も趣があるはずだ。

カメラを濡らさないようにポリ袋をかぶせた。穴をあけてレンズを覗かせる。

撮影データ
1/320sec. F4.5、ISO6400、

2014年5月26日 (月)

飛んでいるフクロウの顔

Photo_2

19日、ズーラシアでのバードショー。フクロウが我々の目の前を飛んだ。飛ぶときの音が聞こえなかったことはこのブログに書いた。

その一コマを部分拡大したところ、何とも不思議な写真であることに気が付いた。

Photo_4

下がその部分拡大したフクロウの顔。左から右へ飛んでいるのに顔の羽毛に風があたっているように見えない。
 

やわらかいはずの羽毛は飛んでいく方向に伸びたまんま。

2014年5月23日 (金)

川崎のケバブ

1

川崎大師の近くに「アイディーン・ケバブ」というケバブ屋さんがある。

所在地は神奈川県川崎市川崎区東門前1丁目12−19だ。

肉はハラルのチキン、野菜はキャベツ・玉ねぎ・トマトで、おいしい。新大久保のケバブには玉ねぎは入っていない

店舗を構えたケバブで、カウンターにわずか3つのイスながら、客席があるのはうれしい。

定休日は日曜日と水曜日。

1_2

2014年5月20日 (火)

竜馬が飛ぶ

1_2

竜馬がゆく」は司馬遼太郎の長編小説。
(竜馬=りょうま)
ズーラシアのバードショウでは鷹の「竜馬君」が飛び立つのだ。

人と鳥が一体になっていた。猛禽類のタカやハヤブサを自由に操る女性たちは輝いていたよ。(拍手!

2_4

3_2

ピントを合わせの練習

1

オートフォーカスの機能、目標さえ外さなければけっこう正しく追尾してくれる。
 しかしオイラの場合、外してしまうことがほとんど。
 ここのバードショウ、とてもいい練習ができる。

2_3

3

2014年5月19日 (月)

バードショウ

Photo

フクロウが目の前を飛んだ。ズーラシアのバードショウだ。

フクロウは翅の音をたてずに飛ぶといいう。そのことが耳で確かめられる。

撮影データ(2枚目の写真、鷹の竜馬君)
 ISO320、70-200mmズーム、135mm、1/3200sec、f3.5、

原画はおそろしくシャープなのに、ブログに載せると解像度が極端に落ちる(いいわけ)。

Photo_3

Photo_4

 

2014年5月16日 (金)

土方歳三の絵馬

1

どこかに出かけるためには中途半端な時間しかなかった。そこで近場の高幡不動に出かけた。そこに行って「くずもち」でも食べようと思った。

高幡不動は新選組、土方歳三の菩提寺。銅像も石碑もたっている。
観光バスから降りてきた団体さんは真っ先に土方歳三のところへ来た。

ここの絵馬に、その土方歳三の絵馬があった。

くずもちは無く、そば屋でざるそばを食べた。観光地のそばは量が少ない。それがオイラにはちょうどよかった。

2014年5月13日 (火)

インコのおみくじ

D1

インコがよちよち歩いて鳥居をくぐる。さいせん箱に100円を入れる。隣のかごからおみくじを取り出して、人に届ける。

5月9日、ズーラシアでそんな練習をしていた。バードショーは2時30分からだけれど、その1時間前に本番に向けた練習を見ることができた。

ヨツボシトンボ

1

こもれびの池のヨツボシトンボ。

昭和記念公園、トンボの湿地にもトンボは増えてきた。カエルの鳴き声が盛大に聞こえる。そのカエルを狙ってヘビも活発に活動。

2014年5月10日 (土)

アフリカの小鳥

Photo_2

アフリカの小鳥、名前を記録してくるのは忘れた。ズーラシアのアフリカのエリア。

今年の夏の撮影計画
 
都会の夜を撮り歩いてみたい。くらやみ祭りに向けて、練習やら撮影の準備をしてきた。そのことから、夜の風景に興味を持ってしまった。雨降りの夜の風景写真などにもチャレンジしたい。
 
 

2014年5月 9日 (金)

さびしがりやのラスクマル

1_2

ズーラシアに行った。正門から入っていちばん奥のアフリカのエリアへは行ったことがなかった。

なぜかというと、いつも途中で疲れ果ててしまい、近道を通って出口に向かってしまうからだ。
 そこで今日はシャトルバス(200円)に乗って、いちばん奥の北門まで直行。

アフリカのエリアは新鮮だった。しかしそこから戻ってくるのは大変だった。いつもの順路を逆行し。へとへとの状態で像のところに来た。閉園時間が近づいていたから、入り口近くの象のところにはお客はいなかった。ラスクマルとオイラが1対1。ラスクマルはとても人懐こく、1対1になるとオイラのところに歩み寄ってくる。鼻を持ち上げてしぶきを吹きかけるのは前回と同じこれは挨拶なんだと確信した。

 立ち去ろうとするとオイラの後を追って見送ってくれた。上はその時の写真。

2014年5月 6日 (火)

くらやみ祭り、太鼓の饗宴

Photo

迫力満点。

自画自賛

御霊宮神輿(つづき)

Photo_6

2枚目の写真、色調が他と異なっている。ナトリウム灯のためである。強いオレンジ色をパソコンで補正するとほかの色が影響を受けてしまった。

ニコンのキャプチャーNX2ならもっと自然なレタッチができるはず。後日トライする。

Photo_2

Photo_9

Photo_7

Photo_8

御霊宮神輿(くらやみ祭り)

Photo

5月5日、くらやみ祭り本番。

写真の1枚目はISO 12800で撮影した。オーバー1万!

御霊宮神輿に焦点を絞った。ISO 6400。

1

2014年5月 5日 (月)

山車の巡行

1くらやみ祭り、山車(だし)の巡行。

駐車場探しに手間取り、着いたときには行事は終わってしまった。かろうじて、それぞれの街へ引き上げる山車の最後を撮影することができた。

ISO 8000、けっこうきれいに撮れた。この場所、2年前はナトリウム灯で照らされており、それがカメラマン泣かせだった。

この交差点、昨年から照明の半分は水銀灯に置き換わった。オイラの推測だけれど、防犯カメラの画像が悪影響を受けるのを避けるため…に違いない。ナトリウム灯の下では色彩がわからなくなる。
 それにしても防犯カメラは「見守りカメラ」と言い換えてもいいように思うな。

追伸 訂 正
 ナトリウム灯や水銀灯はLEDに比べて消費電力が大きいそうです。寿命も短い。そのためLEDによる照明に切り替える自治体が多いようです。八潮市の例 ←クリック
 したがって府中の撮影現場の照明は、一部がナトリウムからLEDに置き換わったのでしょう。

2014年5月 4日 (日)

渓流広場のチューリップ

1_2昭和記念公園、4月24日。

2014年5月 3日 (土)

こまくらべ(競馬式)

1

くらやみ祭りが始まった。5月3日、6頭の馬が甲州街道を疾走した。
 この行事、おお昔から昨年まではケヤキ並木を往復して走ったのだが今年は旧甲州街道を走った。
東京競馬場の関係者がたくさん参加していた。

撮影データ
ISO 2500、21m,、F4.0、1/13sec. たくさん連写したコマの中でブレの少ないものをアップした。
 5月5日の神輿の撮影に向けて貴重なデータが得られた。

2

2014年5月 2日 (金)

ギンラン

1_3

クヌギ林の中のギンラン。

余 談
オイラが見習っている写真のサイト。↓
勹″─于ョ≠ノヽ°─
の   はじめてのかめらkkp

 20代の女性ということだが、ここに掲載される写真は天才的だ。
 カルティエ・ブレッソン木村伊兵衛のようだ。ここに載っている写真から学ぶことは多い。

ムサシノキスゲ

1_2

郷土の森の「ムサシノキスゲ」。
 ニッコウキスゲとほとんど同じものらしい。府中の浅間山(せんげんやま)にだけ自生するという。 それをここに移植している。

余 談
 29日は庭のキンモクセイの枝を植木屋さんに剪定してもらった。2万2千円。フヨウの木がキンモクセイの日陰になってしまい、このままだと枯れることになるから。

 昨日5月1日、新しく買った32インチのTVをセットしてもらった。直ったと思っていた今までのTVは突然画面が消えるというトラブルが再発するようになったから。

くらやみ祭りの撮影に向けて、温水プールで歩行訓練。そして現場に赴き、最終的な実地調査。

そして
明日3日は本番の初日、ケヤキ並木での競馬式(こまくらべ)の撮影。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »