フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

キイトトンボ

Photo_5

地上10センチほどのところに黄色いものが漂っていた。その黄色はとても鮮やかで、蛍光色のように見えた。翅は透明で見えないから、空中を漂う棒は不思議な雰囲気だった。

黄色いイトトンボだった。数匹いたがその中にペアで産卵行動をしているのがいた。

Photo_3

産卵行動をしていたからこのメスを確認できたし撮影もできた。

2013年7月30日 (火)

ギンヤンマの大騒動

1_2

昭和記念公園、こもれびの池でのハプニング。
ギンヤンマがオスのサポートを受けて産卵している所へほかのオスがさかんに妨害していた。上から襲うのだ。

2

このペアと妨害するオスの3匹は水面に倒れこむ。

3

4_2

5

この3匹がドタバタしている所へ、さらに2匹のオスが上空にやってきた。

6

4匹めも右斜め上から突撃。

みんなで溺れたあと、全員無事、空中に舞い戻った。

7

2013年7月29日 (月)

オオセイボウの仲間

Photo 昭和記念公園の日本庭園の池、その東の端でトンボを撮影していた。

すると目の前の草に青い昆虫がやってきた。青い宝石といわれる「オオセイボウ」に似ている。

写真で見比べてみると、オオセイボウとまったく変わらない。
 ところがである。大きさが全く違うのだ。小さいのだ。体長がオオセイボウの半分ほどもない。調べてみるとセイボウ科に属する蜂には何種類かあるようだ。
残念ながら今の段階では特定できない。

余 談
この写真、70-200mmズームの最短撮影距離1.5mで撮影した。そしてかなりトリミングをした。無理な部分拡大をすると70-200VRⅡといえども色収差が出る。その色収差、Camera Rawというソフトがきれいに解決してくれた。

2013年7月27日 (土)

ギンヤンマとウチワヤンマ、2組のカップル

Photo_3

 

ギンヤンマのカップルが産卵していた。そこへ空飛ぶオートバイのような形で交尾したウチワヤンマのカップルがくりかえし“見物”にやってくる。

この“空飛ぶオートバイ”はただ遊んでいるとしか思えない。
楽しそうに飛び回っているうち水面に墜落してしまった。

ギンヤンマとウチワヤンマの空中戦←クリック

チョウトンボ・日本庭園にて

Photo

7月25日、チョウトンボの特徴である金属光沢を撮影することができた。このブログ、アップする写真は、残念ながら必ず寝ぼけた感じになる。

15時34分だから日は傾いていないが、ハスの実を見てお分かりのように逆光だ。

ニコン1 V2、ISO 800、絞り優先 f 8.0、1/2000sec. レンズ180mm。

昆虫や小鳥たちがもつ「金属光沢」その多くがメタリックブルーなのには何か理由があるのだろうか。

2013年7月26日 (金)

ギンヤンマの産卵(再)

Photo ハスの茎につかまって産卵。オスがサポートしている。この直後、水面下からカイツブリに襲われてメスは食べられてしまった。

2013年7月25日 (木)

ギンヤンマを食べるカイツブリ

Photo_2

本日7月25日はたくさんのトンボの産卵が見られた。とりわけギンヤンマの産卵が多かった。日本庭園では産卵中のギンヤンマのメスが次々に水鳥のカイツブリに襲われていた。

ギンヤンマはハスの葉の上から尾を水中に伸ばして卵を産み付ける。それをカイツブリは7~8メートルのところから見ている。そして水中に潜って水中からトンボを襲うのだ。

襲われても襲われてもギンヤンマは産卵にやって来ていた。シオカラトンボもチョウトンボもウチワトンボも産卵していた。この産卵ラッシュ、昨日1日中降り続いた雨との関係があるのだろうか。

チョウトンボを下から見ると

Photo

珍しくチョウトンボを下から撮影できた。

頭上2メートルほどのところで羽を休めていた。

2013年7月23日 (火)

コシアキトンボの産卵

Photo

こもれびの池でコシアキトンボが産卵していた。

尾を水面に打ち付けているようにも見えた。でもちょっと違った。水面の濡れた枯れ枝に尾をこすり付けているのだ。

Photo_3

パソコンで画像を確認したところ、枯れ枝の濡れた部分に卵らしい粒が付いていた。

2013年7月22日 (月)

ギンヤンマの後ろ姿

Photo

トンボを追いかけているうち少しずつ“熟練”してきた。

ギンヤンマはいつも飛び続けているが、どこで体を休めているのかオイラは知らない。まさか夜間も飛んでいるとは思えない。

こんど夕方まで粘ってみようかと思う。

 いつも飛び続けているギンヤンマだが、くりかえし同じようなルートを通る。そこを狙う。

2013年7月20日 (土)

すもも祭り

_edited1_2

大國魂神社のすもも祭りだった。月の明かりがきれいだった。

近年すももの品種が増えてカタカナの名前が多い。

日本一美しい蝶

Photo

オイラは日本で一番美しい蝶はこの「キアゲハ」だと思っている。とはいえヨーロッパにもアメリカにも生息しているそうだ。

希少種ではないが色彩とコントラストのバランスが絶妙だ。

2013年7月19日 (金)

ギンヤンマとウチワヤンマの空中戦

Photo_2

ギンヤンマ♂がしきりにウチワヤンマ(ウチワトンボ)を挑発していた。ウチワヤンマも果敢に応戦する。

撮影に工夫をした成果が表れた。

撮影データ
ニコン1 V2、30-110mmズーム(110端)ISO 640、シャッター速度優先、1/1000sec. f 5.3、+1EV

この場面が撮影できたことは幸運だった。幸運も実力であると思って自慢したい。

2013年7月18日 (木)

ジャノメチョウ

Photo

ジャノメチョウ。

草むらから現れて草むらに去っていくといわれるジャノメチョウ。

ジャノメチョウの仲間の中では大きいほう(最大?)。モンシロチョウよりも大きいと思う。

Photo_2

翅の裏のほうが美しい。

余 談
 昭和記念公園の花木園ちかくの「花みどり文化センター」で、本日からトンボの写真展が開かれている。

2013年7月17日 (水)

ショウジョウトンボのメス

Photo

昨日、ショウジョウトンボの交尾を見た。まっ赤っかのオスが黄色いトンボと交尾していた。このとき「メスは黄色いのか!!」と初めて知った。左の黄色いトンボがメス。先日写真には撮ったものの、名前がわからないためアップできないでいた。

CDに焼いておいたデータからその画像を引っ張り出した。

水辺にたむろしているトンボはほとんどがオスだ。そしてメスは近くの草むらや樹木に止まって獲物を探している。

2013年7月15日 (月)

クロイトトンボの産卵

Photo_3

クロイトトンボの産卵。
水面を漂う水草に産み付けている。逆光で撮影したためトンボの胴が透けているかのように写った。

クロバネツリアブ

Photo

黒い羽根の一部が青く光っているアブを発見。

昭和記念公園のこもれびの里の近くだ。クロバネツリアブというそうだ。

姿は春先に現れるビロウドツリアブに似ている。名前も似ている。両方ともツリアブ科に属している。

昭和記念公園のチョウトンボは、今日も「こもれびの里」のハス池の他では見られなかった。本日も暑かったが風があって心地よかった。

2013年7月12日 (金)

ウチワヤンマの産卵

Photo

昨日、昭和記念公園の日本庭園で観察したウチワヤンマ(ウチワトンボ)の産卵。

ウチワヤンマはこの池で、いつも一匹でハスなどに止まっていた。だから「孤独を愛するトンボ」のように感じていた。ところがこの日、ウチワヤンマは4匹ほどが飛び交っていた。

産卵していたのだからこの個体は♀。オスとメスとの外見上の差異は不勉強で、オイラにはわからない。

東京都の多摩地域、すなわち昭和記念公園がある地域では絶滅が危惧されているらしい。

余 談
 年間パスポートを購入した。1年間2000円で何度でも出入りできる。購入してみてわかったのだがオイラの場合、駐車料金も100円割り引かれるそうだ。
 この公園にはオイラの空想をかきたてる魅力がある。たとえば時どき樹木の陰をくぐり抜けて歩いていけば、森の向こう側には日常とは異なる不思議な世界が広がっているような錯覚を持つ。
去年の10月、水鳥の池を眺めていた時、対岸の森を見て「あの森の向こうにロビンフッドがいる」そのように想像してみて、ひとりニコニコしたことを思い出す。

2013年7月11日 (木)

ギンヤンマの産卵・再

Photo

本日は危険なレベルの猛暑。昭和記念公園には来園者が極端に少なかった。

冷たい水を用意して日本庭園に向かった。ギンヤンマの産卵が始まった。ギンヤンマの産卵は動画でも撮影できた。つづいてウチワヤンマ(ウチワトンボ)の産卵も見られた。

不思議なことに去年あれほどたくさんいたチョウトンボは、日本庭園では全く見られない。チョウトンボはこもれびの里のハス池だけ。

2013年7月10日 (水)

大青蜂(オオセイボウ)2年ぶり

Photo

2年ぶりに大青蜂(オオセイボウ)に出会った。

神代植物公園のハーブ畑。2年前にここのオレガノの花に来ていたので、今回も来るかもしれないと期待した。

全身のメタリックブルーが美しい。

2013年7月 2日 (火)

ウチワヤンマもやってきた

Photo

ウチワヤンマ(ウチワトンボ)もやってきた。

チョウトンボはこもれびの里のハス池にたくさん飛んでいた。

垂直に伸びる植物の茎にはたくさんのヤゴの抜け殻が付いていた。

2012年のウチワトンボ(同じ場所)

2013年7月 1日 (月)

チョウトンボも現れた

Photo_4

7月1日、チョウトンボ発見。昭和記念公園のトンボの湿地にも日本庭園にもチョウトンボはいなかった。けれど「こもれびの里」のハスの池に2匹飛んでいた。

ハスの枯れた茎に止まっているが、よくみると下にはトンボのヤゴの抜け殻が付いている。

Photo_5

昨日、ホームセンターでキャリーバッグを見つけた。飲み物などを冷たく保つためのもの。キャンプ用品。

カメラを運ぶのに最高。カメラをもう一台フィールドに運べる。ストロボも持っていける。

オオシオカラトンボの産卵

Photo オオシオカラトンボの産卵に出くわした。昭和記念公園のトンボの湿地だ。

メスの産卵をオスが上から見守っていた。これを警護付き産卵と説明しているサイトがあった。このトンボ特有の習性かもしれない。 近似種のシオカラトンボもこのような警護をしていた。

Photo_2

ニコン1、V2、ものすごくよく写る。去年までフルサイズ機D700での苦労から解放されて、とても満足。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »