フォト

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月12日 (日)

殻を脱ぐネコヤナギ

Photo
小川のほとりのネコヤナギの芽が殻を脱ごうとしていた。まだほとんどの芽は殻に守られている。ことしの春の訪れは遅い。

府中の郷土の森博物館は「梅祭り」が始まっているが、ほんの一部の梅が咲き始めたばかり。

2012年2月11日 (土)

雪に埋もれた白川郷

1

雪に埋もれた「白川郷」に行ってきた。道路の両端は雪の壁だ。

2

ここを車で走るのは危険。オイラの車が脱出できなくなるといけないから早々に退散。下の写真は樹木の枝から大量の雪が落ちた瞬間。

Youtubeで見つけた画像で勘弁してください。

2012年2月 9日 (木)

福寿草が咲いた

Photo_2わずかな数だか、福寿草が咲いた。神代植物公園の「福寿草園」だ。先日の雨と一時的な暖かさのためだろうか。去年に比べて開花はだいぶ遅れている。

今度の土日に撮影しようとすれば、カメラマンは順番待ちとなるかもしれない。

2012年2月 3日 (金)

装束稲荷の初午(はつうま)

Photo_3
あの装束ゑの木の「装束稲荷大明神」の初午に行ってきた。参拝者が途切れることはなかった。

2011年の初午(二の午)

参道では甘酒が無料で振舞われていた。

おいらはここで「くずもち」Photo_4を買った。

このあと府中に行き稲荷神社2箇所におまいりした。

節分の富士山・日没

Photo

ついにまともな夕焼けの富士山をとらえた。画面下のほうに腕組みをして富士山を眺めている人が写っている。

ここは多摩川、郷土の森博物館に隣接した堤防の土手。

オイラがこどものころ何回も、数え切れないほど通った魚釣りや水遊びの場所だ。川の水深は浅く、対岸へ渡ることも簡単だった。中学生のころのある日、ときどきひとりで対岸の丘に渡り、そこで「フデリンドウ」という花を見つけた。また、さらに奥に入っていくと小さな湿原があった。その湿原には「モウセンゴケ」も生息していた。以上は余談。

参考
太陽をまともに画面に入れて写しているのに、ゴーストなどが写りこまなかった。

レンズは70-300mmズーム。

2012年2月 2日 (木)

富士山・日没

Photo_4

今日も夕暮れの富士山を狙ってみた。富士山の右側に不自然な雲がまとわり付いていて、ベストとはいえない状態だった。この場所、オイラのほかにもカメラマンがいた。

カメラの設定をいろいろ変更してシャッターを切ってみた。

撮影データ
NIKON D700、ISO 800、70-300mm(135mm)、プログラムオート、 マイナス0.67eV、1/640sec.f 13。ホワイトバランス=晴天。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »