フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 府中の門松 | トップページ | 府中と王子の門松 »

2012年1月 1日 (日)

王子の狐の行列

あけましておめでとうございます。
今年のお正月も王子の狐の行列から始まりました。(装束ゑの木から王子稲荷にいたる狐の行列のこと)

2013年の行列は こちら
2014年はこちら

Photo

このお祭りでは装束稲荷近くの公園に設けられた売店で、狐うどんを200円で食べられる。去年は狐そばだった。このうどんがめちゃくちゃおいしい。おそらく商店会のお蕎麦屋さんの提供だと思う。

Photo_2
このお祭りはとても手際よく運営されていて、ふしぎな上品さがかもし出されている。そもそも屋台のうどんが200円というのはうれしい。運営する人たちの思いやりというか、感性の豊かさが感じられる。

Photo_3撮影は昨年望遠レンズを使ったが、いろいろ反省した結果、今回は24ミリの広角レンズを使った。

このページの写真、後日もう少し増やしてみたいと思う。Bgz_3
Bgz_2

2_2ここにアップした写真、実際はもっと鮮明に写っています。

アップするために画素数を減らす必要があります。またアップしてもさらに圧縮されてしまうからです。

写真データは、ご要望があれば関係者(主催者など)に限り、お送りします。


参考 ほんもののキツネ

_edited1

Photo_2

« 府中の門松 | トップページ | 府中と王子の門松 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨年に続いて王子狐の行列を取材くださりありがとうございました。
コメントも嬉しいですし、すばらしいお写真ばかりです。
当会のHPや、王子と狐の広め活動の掲示板
http://kitune1.bbs.fc2.com/
等に使わせていただけませんでしょうか。

王子狐の会事務局 御中

私の写真をおほめ下さり、まことにありがとうございます。

写真はほかにもたくさんあります。DVDなどに焼いてお送りしましょうか。
ご自由にお使いください。

狐のお面の飾り方などについて質問があります。
自分は王子の狐の行列で参加者が被るお面を買ったのですが、そのお面は、来年には神社に返さなくてはいけませんか?
また、家のどこに飾ってはいけないかとか、どこに飾ったらいいかというのはありますか?
そして、そのお面に自分なりに改造を加えてもいいのでしょうか?

2013.1.1 コン回もご取材ありがとうございました。
お面のことですが、お回いただいたお面はとくに決まりごとをもうけてはございません。したがいましてお面の改造もご自由です。お面を各自が自作で良いのでは、というご提案もありますが、主催側からしますと苦しい問題です。行列実行には大きな事業費がかかっています。一般参加のみなさまから参加費をいただいていますが、足りていません。お面販売もそうした事業費になっているのです。伝統行事者に落としてくださるものは日本の一般の方は多くありません。参加常連さまの増加はお面販売の減少にも通じることで、難問のひとつです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516301/53622946

この記事へのトラックバック一覧です: 王子の狐の行列:

« 府中の門松 | トップページ | 府中と王子の門松 »