フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

梅の盆栽

Photo_3博物館に置かれている梅の盆栽。樹齢100年は超えているだろう。盆栽とはいえ人の背丈ほどの大きさ。小さなつぼみはまだ固い。

2012年1月30日 (月)

明日に向かって飛ぶ

Photo

関東の冬は夕焼けが美しい。富士山を覆い隠している雲が去るのを待っていたら飛行機が視界に入った。よく見ると車輪を出している。横田基地への着陸態勢に入っているようだ。

撮影データ
NIKON D700、70-300ズーム(300端)、ISO 2500、ホワイトバランス=オート(-0.33eV 1/1600sec.f 20)うっかりホワイトバランスをオートにしたままこの色が写った。ISO高感度設定も無用だった。アクティブDライティングはOFF。

2012年1月29日 (日)

ネコヤナギとカマキリの卵

Photo_7
1週間前、雪にあたった後のネコヤナギだ。葉はすっかり落ちている。

この殻がはじけてビロードの毛が現れるのは、ひと月ほど先のことだろうか。

Photo_2よく見ると根元の近くにカマキリの卵が産み付けられていた。

カマキリも春の訪れを待っている。

NKON D700、アクティブDライティングをOFFにして撮影した。画面がすっきりしたような気がする。

2012年1月28日 (土)

ナンキンハゼの丘

Photo
この丘を撮りたくて昭和記念公園に行った。じつはこの構図で水彩画を描きたいと思っている。きっかけは去年の秋のことだ

写真はとうてい手描きの絵にはかなわないのではないかと思うようになった。

うっかり薄着をして行ったため、寒さがホネにこたえた。

富士山の方向を眺めた。雲が富士山を覆い隠しているようだった。

2012年1月27日 (金)

富士山に沈んだ太陽

Photo

今日の夕焼けはいちだんと鮮やかだった。太陽が富士山のかなたに沈んだところだ。陣馬山の絶景スポットから眺めたならば、もっとダイナミックに見えたことだろう。
多摩ニュータウンの丘から撮影。

撮影データ
NIKON D700、70-300mm(300端)、1/640sec. f 5.6開放、

2012年1月26日 (木)

雪を食べる猿

2
サル山の猿が雪とたわむれていた。

1飼育員さんがお猿たちが遊べるように雪を盛り上げてくれたようだ。

このお猿、左利きかな?

3

2012年1月24日 (火)

厳冬の八ヶ岳

Photo_2

山梨県北杜市の清里に出かけた。白い八ヶ岳が見られると期待した。しかし青空を背景に写すことはできなかった。

いろいろ撮影場所を探していたら、目の前を10頭ほどの鹿が横切っていった。手元のカメラはあいにく広角レンズが付いていた。あわてて望遠レンズに付け替えた。そんなことをしているうちに鹿の群れは立ち去ってしまった。

八ヶ岳山ろく「清泉寮」付近からは富士山も見られる。ここから見る富士山は非常に雄大なのだ。しかし本日は雲に隠れていた。

2012年1月20日 (金)

冬の洋ラン

2_edited1
暖かさを求めて温室に行った。神代植物公園だ。
ここではランの花が美しい。私が撮影していると係りの女性のご厚意で特別にスポットライトを点灯してくれた。

この写真は右からストロボを“やわらかく”当ててみたもの。やわらかく当てるとは「点光源」のストロボを広く白い紙に透過させて「面光源」にしたということ。こうすることで不自然な影を防げる。

撮影データ
NIKON D700、ISO800、105mmマイクロ、マニュアル露光、1/160sec. f 8。

初雪

Photo

雪が降った。それがうれしくて雪道を走ってみた。

ISO 3200、シグマ24ミリ、プログラムオート、1/40sec. f 3.2

2012年1月19日 (木)

キンカチャ(金花茶)

2_edited1
黄色いツバキ(椿)だ。神代植物公園の温室に咲いていた。

むかし青いバラができたといって話題になっていたが、そのバラはその後どうなったのだろうか。

1

撮影データ(上)

NIKON D700、ISO 6400、プログラムオート、105mmマイクロ、1/25sec. f 8、

私はISO 6400以上の高感度にこだわっている。D700がもつこの性能のおかげで三脚を持ち歩く必要はない。ごく近い将来、高感度と高画素が両立する時代が来るようだ。

2012年1月16日 (月)

富士山の夕焼けとジョギングする人

Photo_2

写真データを整理していたら、先日7日に撮影した富士山の夕焼けを見つけた。人がゆっくりしたペースで走っている。

余談
本日16日はどんよりした曇り空だった。こんな日の撮影は楽しくない。そこで新宿のニコンサービスセンターに行った。愛用のニコンD700、その撮像センサーにこびりついた脂質のごみをクリーニングしてもらうためだ。あちこちきれいに掃除してもらえた。新品同様。

奥飛騨温泉郷の入口 平湯料金所

_edited1 富山に行くには松本ICから上高地に向かう国道158号線が近道。むかしは曲がりくねった道に苦労したが、いまはトンネルが多くなり、ずいぶんカーブも減った。

むかしの難所、安房峠を通る必要はない。いまはトンネルが貫いている。その出口は「平湯料金所」。600円。

そこでは凍結を防ぐために道路に温泉を流している。

Photoそこから坂道を下っていくと奥飛騨温泉郷の「栃尾温泉」に突き当たる。そこがオイラの休憩地点。

ゴリラという酒屋さんがあり、店の前に温泉が提供されている。下の写真、湯気が上がっている。24時間流しっぱなし。ここで顔を洗う。

今回ここの駐車場に車を停めて寝ている人がいた。

2012年1月14日 (土)

冬の富士山

Sa_2

12日に中央高速・双葉SAで撮影した富士山。

雪は意外と少ない。昨年末から関東地方にはまとまった雨が降っていない。それなのに毎日のように雪は季節風に吹き飛ばされていた。おいらはその雪煙を何回も撮影している。

そのために山頂付近はこのような姿になっているのだろう。

この写真、雪の様子がわかりやすいようにレタッチしてある(やりすぎ?)。

双葉SAといえば、のぼりのSAのインド人のサンドイッチ、ナンの売店がなくなっていた。残念。

2012年1月13日 (金)

奥飛騨のバス停

Photo

雪景色が見たくなって奥飛騨栃尾温泉のあたりをうろついた。

奥飛騨はバス停もしゃれていてログハウスになっている。

風雪にさらされてバスを待つことはない。

この写真、色が少しおかしい。それはこのバス停の向かい側の自販機の照明の影響。

余談
おいらの軽自動車、ブレーキはABSだ。凍結した道で速度を出しすぎ、急ブレーキを踏む場面があった。が、ABSがはたらいてハンドルが利き、助かった。反省!!…。

2012年1月 9日 (月)

池上線・蓮沼の支那そば「インディアン」に行ってきた

Photo_2

ラーメン屋なのに店の名前は「インディアン」。ここではラーメンを「支那そば」という。そしてカレーとのセットを提供している。

20年前、ここらあたりで仕事をしているときに蓮沼のおまわりさんに教えられて何回か食べた。

今回カレーはおなかの都合で食べなかったが、20年前は辛口だった。

Photo_3
この「インディアン」というお店は、ラーメンの味が優れているだけでなく、イメージ戦略が抜群だ。

どんぶりの盛り付けも洗練されている。

2012年1月 8日 (日)

春を待つネコヤナギ

Photo_2
ネコヤナギの冬芽を観察した。固い殻に守られている。葉に触れてみると完全に枯れており、カサカサになっていた。この葉はちょっとした風や雨に当たれば落ちてしまうだろう。

去年2月22日のネコヤナギ(←クリック)

これから少しずつ芽をふくらませていくのだろうか。

11月初旬のネコヤナギ(←クリック)

1月29日のネコヤナギ(←クリック)

2月12日のネコヤナギ

2012年1月 7日 (土)

富士山の夕焼け

2

今日は夕焼けの富士山がきれいだった。

去年までの冬は、ひたすら春の訪れを待ちわびていた。

今年は雪国にも出かけていきたい。

余談
最近、おいらのカメラ、よく写るようになった。3年も使い込むとウィスキーのように熟成するのだろうか。

2012年1月 5日 (木)

2012年・明日に向かって

Photo例年よりも暖かい正月、2012年1月2日の夕暮れ。河原の土手を自転車が走っていった。

2012年1月 2日 (月)

府中と王子の門松

Photo_6
王子の「狐の行列」を見物したおりに門松を見つけた。装束稲荷のすぐ近くの歯医者さんだ。

府中の門松(下の写真)よりも華やかだ。竹の太さは3本それぞれ異なったものを使っている。

_edited1

昭和記念公園の門松←クリック

Photo_8

2012年1月 1日 (日)

王子の狐の行列

あけましておめでとうございます。
今年のお正月も王子の狐の行列から始まりました。(装束ゑの木から王子稲荷にいたる狐の行列のこと)

2013年の行列は こちら
2014年はこちら

Photo

このお祭りでは装束稲荷近くの公園に設けられた売店で、狐うどんを200円で食べられる。去年は狐そばだった。このうどんがめちゃくちゃおいしい。おそらく商店会のお蕎麦屋さんの提供だと思う。

Photo_2
このお祭りはとても手際よく運営されていて、ふしぎな上品さがかもし出されている。そもそも屋台のうどんが200円というのはうれしい。運営する人たちの思いやりというか、感性の豊かさが感じられる。

Photo_3撮影は昨年望遠レンズを使ったが、いろいろ反省した結果、今回は24ミリの広角レンズを使った。

このページの写真、後日もう少し増やしてみたいと思う。Bgz_3
Bgz_2

2_2ここにアップした写真、実際はもっと鮮明に写っています。

アップするために画素数を減らす必要があります。またアップしてもさらに圧縮されてしまうからです。

写真データは、ご要望があれば関係者(主催者など)に限り、お送りします。


参考 ほんもののキツネ

_edited1

Photo_2

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »