フォト

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

府中の門松

_edited1_3

東京府中の門松は、昔からほかのところとは少し変わっている。「門松」とはいっても「松」は使われず、この写真のように「杉の葉」が用いられる。

また、そのほかの飾りがなく、地味。

昔は市内の銀行とか大きな商店にこの「杉の門松」が飾られていた。今回おいらは町中を走り回って門松を探したのだが、見つからなかった。大国魂神社の社務所などの施設にこの伝統的な門松が見られた。

Photo
下の写真は社務所。ちょうちんは「菊のご紋」。ご紋がなぜ横を向いているのかはわからない。なにか理由がありそうだ。

東京・北区でみつけた門松。←クリック

高幡不動の門松←左右が逆だよ

さまざまな門松←クリック

2011年12月26日 (月)

富士山と伊達政宗の三日月

Photo

日が暮れて、しばらくしたら右上に伊達政宗のかぶとを飾った三日月が見えてきた。

冬型の気圧配置だったが、空を見ると雲がたくさん浮かんでいた。富士山にこれらの雲がかかっていると面白いと期待して「絶景スポット」陣馬山に向かった。

おいらが到着したとき、残念ながら雲はことごとく流れ去っていた。やがて日が沈むと右上に細い三日月が現れた。

撮影データ
NIKON D700、70-200mmズーム(70mm端)、ISO 2500、プログラムオート(1/50sec. f 3.2 ) ホワイトバランス=晴天

2011年12月24日 (土)

二人のナチュラリスト

Photo_2多摩動物公園の温室で見かけた二人。服装や機材など「ナチュラリスト」の雰囲気を200パーセントたたえている。

ハチドリを狙っているのだろうか。

2011年12月22日 (木)

客船・飛鳥Ⅱ

Photo_6赤レンガ倉庫から大桟橋(おおさんばし)を見ると大きな客船が停泊していた。「ASUKAⅡ」と書いてあった。

調べたところ、この客船は「飛鳥Ⅱ」で、日本最大の5万トンだそうだ。

出航を15分後にひかえ、船内放送でなにやらアナウンスしているのが聞こえた。

赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット

Photo

以前から横浜の「赤レンガ倉庫」に興味を持っていた。中庭でクリスマスマーケットをやっているという情報に接した。

ドイツのビールやらソーセージ、お菓子、スープなどが味わえるということだった。

真っ先にソーセージの売り場に行った。ところがソーセージ一皿で2000円とか3000円もした。2~3人分なのかな?

そこで紙コップの「グーラシュ」という、一種のビーフシチュウで我慢した。700円。5年ぶりの味。
 

2011年12月19日 (月)

蝶の温室に出かけた

Photo_2

お天気情報では「真冬の寒さ」だという。こういう日は多摩動物公園の蝶の温室に行くのがよろしい。室内はおそらく30℃、真夏の温度だ。

ここにはハチドリがいる。

じっとりと汗をかいて、外に出ようとしたら突然目の前でハチドリのホバリングが始まった。

カメラの設定は、シャッター優先オート、1/1250sec. ISO 5000、オートフォーカス。ハチドリは空中に静止しているのだから、オートフォーカスが効いた。

2011年12月17日 (土)

夕暮れの富士

Photo

太陽が沈んだ後の富士山。面白い写真は撮れなかった。富士山が確実に見える冬型の気圧配置のときに出かけた。そういう安易な“こころがけ”が悪かった。

今後は「低気圧が迫っている」とか、強い風が吹くとか、そういう条件を狙ってみたい。

2011年12月15日 (木)

富士山のデフォルメ

Photo富士山を葛飾北斎ふうに誇張してみた。

元の写真はこちら ←クリック

Photo_2

これはフォトショップの「レンズ補正」の機能を応用して原画を「糸巻き型」に変形させた。

下は補正している途中の画面。

2011年12月13日 (火)

陣馬山のサル

1

富士山の撮影に向かう途中、野生のおサルに出くわした。顔もお尻もまっかっ赤のオス。自動車が近づいてもリラックスしている。

津久井警察署佐野川駐在所のすぐ近くだ。近くには小学校もある。

2

この写真は運転席から撮影したもの。車から降りてサルに接近したところ、逃げられてしまった。

2011年12月12日 (月)

富士山・四方の山を従える

Photo_6

高尾山付近から見た富士山。「四方の山を従えて…」という歌詞のイメージにこれほどぴったりするアングルはないと思う。富士山の左すそには雪煙があがっている。

歌詞は「四方の山を見下ろして」が正しいです。

歌を聴く

2011年12月11日 (日)

冬の洋ラン

Photo_2神代植物公園に行ってきた。外は寒くても温室の中には花が咲いている。とくにランの花が美しい。

Photo_3

下の写真は「オンシジウム・シャーリー・ベイビー」バニラの香りがする。

皆既月食

2

久しぶりに皆既月食を見た。といっても、空を見上げるのが何分か遅れてしまった。

近所の塀に寄りかかって手持ちで撮影した。

撮影データ
NIKON D700、 ISO6400、70-200mm +1.4倍テレプラス(280mm相当) 1/30sec. f 4 ホワイトバランス 晴天

ノイズ処理・トリミング

2011年12月 9日 (金)

夕方の富士山

2
多摩ニュータウン付近で見た富士山。季節風で雪が舞い上がったのだろうか。

3

下の写真は山頂部分をトリミングしたもの。クリックして確認してほしい。

トラの姉妹

Photo

ある日のアムールトラの姉妹です。オイラのメモには生後1年3ヶ月とあります。

小春日和の心地よさを味わっているようです。

2011年12月 4日 (日)

昭和記念公園のイルミネーション2

3

葉の残ったイチョウのイルミネーション

2011年12月 3日 (土)

昭和記念公園のライトアップ

1

今日の土曜日から昭和記念公園のライトアップが始まった。本日ここに行ったのは正解だったと思う。葉が落ちていないイチョウに電飾が施され、それが意外とみごとだった。またそれまで降っていた雨が上がり、地面の光沢も美しかった。

2

ピラミッド状のイルミネーションの周囲が赤くなっているのはフレアではない。照明の熱で水滴が蒸発した際に立ち昇った〝湯気〟。

撮影データ
 NIKON D700、 ISO6400、プログラムオート+1.33EV(1/40sec.f 3.2)、シグマ24mmマクロ、ホワイトバランス=晴天、手持ち

2011年12月 2日 (金)

ヌスビトハギの紅葉

Photo

おそらく誰も見向きもしない雑草「ヌスビトハギ」。日当たりのよくない草むらで、秋になるとちいさな豆の花を咲かせる。マメ科の植物だから実は「豆の鞘」だ。このサヤは三日月形をしていて、表面に細かなトゲがあり、そのトゲでひとの衣服にくっつく。

そのヌスビトハギもこの季節には紅葉することがわかった。

余談
IE 9、さくさく快調に動く。

2011年12月 1日 (木)

ヤギ

Photo_2

 ヤギは紀元前何千年ものむかしから人類の友達。角が切り取られている。子どもたちと触れ合うような催しのためだろうか?。

写真にフォトショップで「アンシャープマスク」をかけた。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »