フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

ヒメアカタテハ

Photo

蝶の中でもっともハーブを好む「ヒメアカタテハ」世界中に分布しているそうだが、そんなに簡単に見つけられるものではない。

ハーブ畑に訪れるのハチたちは、ハナバチは少なくなりツチバチなどほかの種が占めるようになった。

撮影データ
NIKON D700、105mm、ISO 1250 、1/200sec. f 16、ストロボ1灯右サイドから。

2011年7月28日 (木)

森の酒場のアカボシゴマダラ

Photo郷土の森のクヌギの樹液はますます盛んに分泌していた。ここにアカボシゴマダラがいた。カナブンと一緒に、醗酵しておいしそうな香りの樹液を飲んでいた。

この木の下にはカブトムシの死骸があった。夜はもっと盛大な酒場となって、虫たちはそれぞれブンブンとかプンプンと天下国家を論じているのかもしれない。

いうまでもないことだが虫たちは人間とは異なり、ウソはつかない。

アカボシゴマダラ、中国・朝鮮半島などで生息していたものが、15年ほど前に突如関東地方に出現して、いまでは東京多摩地区や神奈川西部に定着している。

撮影データ
NIKON D700、ISO 1250、70-200ズーム、1.4倍テレプラス(220mm相当)1/250sec、f 16、完全手動露出、ストロボ1灯。

2011年7月26日 (火)

オオセイボウ(大青蜂・・再)

2_2

今日もハーブの畑に座り込んでいたら先日のオオセイボウがやってきた。今度はもう少し接近することができた。

Photo_2

青光りする甲冑のようなファッションがじつに美しい。この個体、ミツバチと同じくらいの大きさ。

Photo_3

撮影データ
NIKON D700、ISO 1250、105mm マイクロ、1/320sec. f 25。ストロボ1灯(閃光時間 約3万分の1秒)

右の写真、飛行するオオセイボウ。ISOの設定を1250にしているから、1/320秒間の露光とストロボによる3万分の1秒の露光が重なっている。緊迫感のような動きが感じられる…と自画自賛。

2011年7月25日 (月)

ミカドトックリバチ

Photo

ハーブの畑は甘党のハチたちのレストランになっている。オレガノというしそ科の植物。

これはミカドトックリバチ、この体型でありながら別の模様のハチもたくさんやってくる。

トックリ型の巣がこの植物園のあちこちにあるはずだ。涼しくなったら森を歩いて探してみよう。

Photo_3

撮影データ
NIKON D700、ISO 3200、105mm マイクロ、1/250sec.f 25、ストロボ1灯

Photo

2011年7月24日 (日)

おサルの母子

Photo_2

久しぶりに訪れたサル山で先日の金曜日に撮影した。

オイラたちに心地よい天気はサルたちにも心地よい。のどかな風景がみられた。

2011年7月23日 (土)

アキアカネ

Photo_2

暑い盛りのころ、アキアカネは高原の涼しいところで生活しているという。秋が来ると平地に下りてくる。そのころにオスの体はすっかり成熟して胴体が赤くなっているそうだ。ふつう、それがアカトンボか。

昨日に続いて今日も涼しかったから、彼らは勘違いして平地に下りてきたのだと思う。

郷土の森のクヌギの林に止まっていた。「森のおはなし会」を撮影したまま設定を高感度に戻すのを忘れていた。ISO 200のまま。

撮影データ
NIKON D700、ISO 200、105mmマイクロ、プログラムオート(1/60sec.f 4)開放絞りに近いがオートフォーカスの高い精度に救われた。

ムギワラトンボ

Photo シオカラトンボのメスをムギワラトンボという。多摩動物公園の昆虫館とサル山との間に「トンボ橋」という木製の橋がかけられている。この橋の周囲には不思議とトンボが多い。以前「オナガサナエ」という珍しいトンボがこの橋の欄干に止まっていた。

このシオカラトンボは橋の近くの休憩所に止まっていた。

撮影データ
NIKON D700、70-200mmズームに1.4倍テレプラス(280mm相当)、ISO 1600、プログラムオート(1/640sec.f 13)

今日(22日)は5月なみの気温ということで、多摩動物公園に出かけた。アムールトラの子どもたちは満1歳となった。ライオン園には年長さんの子どもライオンと年少さんの子どもライオンが元気だった。

サル山にも赤ちゃんが生まれ、動物の家族はみんな幸せそうだった。来園した人間の家族もみんな幸せそうだった。

2011年7月20日 (水)

バッタを捕まえたハエトリグモ

Photoお花畑でハチを追跡していたが、目の前にハエトリグモの子どもがいるのに気が付いた。

このクモは葉っぱの切れはしのようなものを抱えていた。よく見るとそれはバッタの子どもだった。

105mm のマクロレンズは被写界深度が浅い。動かずに止まっているクモなら、ストロボの閃光時間を長くしてもよい。

そこで絞りをF 51にまで絞ってみた。

撮影データ
NIKON D700、ISO 800、105mm micro 1/250sec、f 51、ストロボ

2011年7月19日 (火)

オオセイボウ(大青蜂)

Photo台風の接近で明日から荒れた天気になりそうだ、今日のうちに神代植物公園に撮影〝取材〟に行っておかないと、このブログのネタが尽き、信頼にかかわる。

と意気込んで出かけたかいがあって珍しいハチにめぐり合った。調べたところ「オオセイボウ」というそうだ。

もう少し鮮明な写真はこちら←クリック

羽以外の全身がメタリックブルーだ。 このハチ、スズバチの巣に忍び込んで、その幼虫に卵を産みつけるらしい。

とんでもない悪党なのだ。

撮影データ
NIKON D700、ISO 2000、NIKON 105mmマイクロ、 マニュアル露出、1/250sec、f 25、ストロボ1灯(マニュアル発光)。

2011年7月14日 (木)

オイラが愛したラーメン

Photo

オイラが40歳代なかばで最も燃えていた時期に愛したラーメン。それをおよそ18年ぶりに食べてみた。池上線の池上駅、改札を出たところにある「田や」。昔とまったく味が変わっていないことに感動した。

店主もオイラの顔を覚えてくれていてうれしかった。変わったのは店内のテレビ。鮮明な地デジが備えられていた。

Photo_3

ここのいちばん安い「池上ラーメン」550円、これを食べるために高速道路を走って出かけて行った。中華麺そのものの風味と歯ごたえを尊重しているところが文句なしに立派だ。

40歳代のなかばで仕事に燃えることができたオイラはつくづく幸せだと思う。

2011年7月12日 (火)

裏高尾の道

Photo

以前yatarouさんが新宿から衝動的に電車に乗って訪れたという「裏高尾」に行ってきた。

車で走ってみて感じたのだがこの道には奥深い歴史がありそうだ。もしかするとこの道は甲州街道の旧道かもしれない、きっとそうだ。しっとりと落ち着いた清潔な町並みがつづいている。

裏高尾のバス停のところにタチアオイが夕日を受けて輝いていた。

補足
 やはり甲州街道の旧道でした。近藤勇たちも歩いた道。しみじみと納得。

撮影データ
NIKON D700、70-200mmズーム、ISO 640、プログラムオート、-1EV、1/1000sec f 16、

2011年7月10日 (日)

行列のできるすうぷ屋さん

Photo_5

郷土の森の水遊びの池は親子連れでにぎわっていた。なにしろ今日の暑さはふつうではなかった。

まほうのすうぷ屋さんもたこ焼きやさんと一緒にがんばっていた。行列ができていた。この2台、お祭りの出店と比べるとかなり上品な雰囲気だ。ヨーロッパにもこんなにしゃれた出店は見られなかったよ。

Photo_6このあと、たこ焼きやさんもすうぷ屋さんもすぐに売切れてしまったという。

Photo_7

すうぷ屋さんの車、外車だから左ハンドル。

Photo_8

オイラは暑さをのがれてここに来たのだけれど、それは正解だった。木陰に腰掛けていると吹き抜ける風が心地よかった。

撮影データ……省略…

2011年7月 9日 (土)

ミツバチ2匹

Photo 蜂を撮るときのストロボの当て方をちょっと変えてみた。上のほうから逆光気味になるようにした。

こうすると画像がスカッとする。しかしハチとストロボまでの距離が長くなるので3万分の1秒の閃光では弱すぎる。

1万分の1程度にして、さらにISO感度を2500に上げた。

本日は非常に暑く、お昼ころの外出はしたくなかった。午後5時ころに撮影した。ラベンダー畑には日光は当たっていないから、ほとんどストロボ光での露光になっている“と思う”。

撮影データ
NIKON D700、ISO 2500、105mm マイクロ、1/250sec、f 22。ストロボ1灯。

余談
先日、中古のノートパソコンを購入した。カタログではメモリーは最大2Gとあった。しかし取説をじっくり読むと「2Gを2枚挿した場合…」という記述があった。「2Gを2枚挿せる!」「そうすると3ギガ近くまで認識するかも」と思って、パソコンショップに相談した。もしダメなら返品してもいい、という約束をとりつけて、2ギガのメモリーを2枚買った。
 恐るおそる装着したところ、みごと3.25Gを認識した。このパソコン、サクサク動いた。゜

2011年7月 4日 (月)

コアラ館

Photo暑くて出歩くのが面倒になりがちだ。今日はどうしても動物園に行きたいと思った。

冷たい水を持って、そして暑さがキツければコアラ館に入ればいいと思った。ここはコアラのための冷房が心地よい。そして、ここを出たところに休憩所があってカキ氷も食べられる。

コアラの食事は午後1時半。そのときにはふだん眠っているコアラも多少は動く。 このコアラ、木を伝い歩きながら振り返った。

撮影データ
NIKON D700、ISO 5000、70-200ズーム+1.4倍テレプラス(220mm相当)、1/160sec.f 6.3

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »