フォト

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 神社の節分の一風景 | トップページ | 人見稲荷と千社札・井の頭黒門さん »

2011年2月 5日 (土)

お稲荷さんめぐり

Photo_2

2月8日の初午の日に、どこのお稲荷さんを見学しようかと今も迷っている。

今日は府中の「押立神社」に行ってみた。この神社は明治14年までは「手津久里稲荷(てつくりいなり)」という名称だった。

Photo_3

一対の狛狐が鎮座している。左の狐は「宝珠(ほうじゅ)」というありがたい珠(たま)を守っていて、右の狐は子狐を守っている。

お稲荷さんの狐が大切にしているものは、一般的に「珠(宝珠)」「鍵」「子狐」「稲穂」「巻物」などだそうだ。

節分では豆まきが行われたらしくカラスに食われることもなくあちこちに散らばっていた。

« 神社の節分の一風景 | トップページ | 人見稲荷と千社札・井の頭黒門さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516301/50785688

この記事へのトラックバック一覧です: お稲荷さんめぐり:

« 神社の節分の一風景 | トップページ | 人見稲荷と千社札・井の頭黒門さん »