フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

イシガケチョウ

Photo

南国の蝶「イシガケチョウ」。

今日の多摩動物公園、温室ではイシガケチョウが元気だった。

ランタナで吸蜜している個体を撮影していたら別の個体がやってきた。通り過ぎていったから、求愛飛行というわけではなさそうだ。

2011年1月27日 (木)

サル団子

1 寒いときにサルたちが身を寄せ合って眠る(?)サル団子。

彼らはわれわれ人間に仲のよさをアピールしているように見える。たしかに身を寄せ合うことは優れた知恵だ。

2 仲良くすれば〝暖かい〟。その知恵をサルたちは私たちに示してくれていた。

2011年1月25日 (火)

落ちないオランウータンで験(げん)かつぎ

Photo オランウータンは「落ちない」のだ。

 この時期の多摩動物公園では、落ちないオランウータンの特異な能力にあやかって紙に願い事を書いて結びつけることができる。

 ひとり1枚だよ。

2その1枚の紙にあまりたくさんの願い事は書かないほうがいいと思うよ。たとえばもし大きいつづらと小さいつづら、そのどちらかを選ぶとしたらどうだろう。小さいほうを選ぶのが、なんとなく賢いような気がするネ…。

そして神様は、やはり賢い人に微笑むと思うよ。

2011年1月24日 (月)

熱帯のキツネノマゴ科

Photo左の写真は「キツネノマゴ」というかわいらしい名前の日本の野草。2年前の夏に撮影した。どこの野原にも生えている小さな花だ。花の大きさはマッチの頭ほど。

この花の名前は、神代植物公園で開催されていた「亀っ子倶楽部」の写真展で知った。

「キツネノマゴ科」に分類されていて、この科は日本にはこの種しかないようだ。

ところが熱帯にはこの仲間がたくさんあって、色も形も派手な花をつける。下は温室に咲いていたジャワ原産の「ディフルゴザ コロラタ」という花。名前を覚えようとは思わない。

Photo_2以下は愚痴

愛用のスズキアルトが車検で入庫。14年前のモデルで、現在までに走行は14万キロを超えた。老朽化のため車検費用の見積もりは15万円にもなってしまった。

故障をするたび修理に出してきた。大金をつぎ込んで修理したばかりの車を廃車するのはもったいない。その「もったいない」の連鎖で、毎年修理箇所と修理代が増えていく。

環境に良いことをしてきたつもりだけれど、出費の多さはエコポイントどころか「懲罰(ペナルティー)」だ。トホホ…。

2011年1月22日 (土)

梅一輪(うめいちりん)

Photo 「梅一輪一輪ほどの暖かさ」、この句を調べてみたら、江戸時代前期の俳諧師・服部嵐雪(はっとりらんせつ)の作だという。

明治の俳人・正岡子規が詠んだといわれれば、私は「なるほど」とうなづくことだろう。

今年の冬は例年以上に厳しいけれど、春の足音はたしかに近付きつつあるようだ。

東京小金井の弁天様、「貫井神社」にも梅は咲き始めただろうか。

2011年1月21日 (金)

バニラの花

Photo_2 神代植物公園の温室でバニラの花を見た。

バニラの花は想像していたよりも大きかった。赤ん坊の手のひらほどの大きさだ。花の形は典型的なラン。

以前この温室でバニラの香りのランを見たが、それは小さな鉢に植えられた小さな花だった。私はそのとき、この小さな花からバニラの香料を採取するのかと思った。

ところが香料を採取するために栽培されるバニラというランは株が大きくならないと花が付かない。この温室のバニラも人の背丈よりも大きかった。

2011年1月20日 (木)

ラーメンショップ

相模原市上溝3939-1にあるラーメンショップ「ラーメンショップ練間」という名称なのだろうか。

所在地は下の地図URLで確認できると思う。

http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.21.9.0N35.33.10.1&ZM=9

私が食べたのは「ネギのりラーメン」。丼のふちを海苔がぐるりと取り巻いている。

写真はまずそうに写っているけど、味は1級。 スープの塩分濃度は「1.2パーセント」。

幸楽園・290円ラーメンの1.0パーセントよりも濃い。

その塩分濃度、食べ進むうちにどんどん濃くなっていき、最終的には1.9パーセントと、味噌汁なみの濃さになった。濃度計の故障かと思った。あとで気が付いたのだが、ノリを食べるときそれをスープに浸す。そのつどノリの味がスープに溶け出したのだろうと思う。

Photo

2011年1月18日 (火)

ヤギは友達

Photo オイラにとって、ヤギはともだち。

不思議と懐かしさと親しみを感じる。

ヤギとの生活もいいか。

2011年1月17日 (月)

キチョウの飛行

Photo 寒さを忘れるために多摩動物公園の蝶の温室に行った。温室の中に入るとワクワクする。

今日はキチョウが比較的多かった。私はキチョウが飛んでいる姿をとらえることにこだわってきた。

ISO感度を高く(3200)設定し、シャッター速度は1/3200秒とした。

それでも絞りはF 7.1となっている。ニコンD700。

2011年1月16日 (日)

マクドナルドのエッグマフィン

Photoむかし、池上に通勤していたころ、乗り換えの蒲田駅構内にマックがあった。毎朝そこのマックでエッグマフィンを食べるのが楽しみ。

これは朝だけのメニュー。本日、偶然に午前6時ころ目が覚めたので、マックへ出かけた。

ものすごくおいしかった。

マクドナルドは業績が好調だという、納得。

2011年1月14日 (金)

どんど焼き

2

正月気分に別れを告げる行事「どんど焼き」。「どん焼き」「んど焼き」、「左義長」(さぎちょう)ともいうようだ。

子どもたちが枝の先に団子を刺して、この火で焼いて食べる。大人たちはこの周りでコップ酒を飲んでいる。

消防車が離れたところで見守っていた。

1

2011年1月11日 (火)

BOSS缶のトミー・リー・ジョーンズ

Photo_2缶コーヒーのBOSS、この男、「どこかで見たような…」とずっと思い続けていた。スポーツ選手かな?などと考えていた。

彼は「逃亡者」という映画でハリソンフォードを追い詰める腕利き刑事だった。

映画でのハリソンフォードは「死刑囚」だった。彼は逃亡して、このBOSSの追跡が始まる。この作品、映画史に残る傑作。

結末はハリソンフォードの無実が証明される。

DNA鑑定の進歩によって、アメリカ・テキサス州では2001年以降、無実が証明されて解放された服役囚が41人にもなったという。

清里のレストラン

Photo

冬の寒いときこそ、北国・雪国の屋内は暖かいのだ。

そういう暖かさを求めて標高1300メートルの高原に出かけてみた。

2011年1月 7日 (金)

秀郷稲荷大明神

Photo

最近お稲荷さんに興味を持っている。元日は王子稲荷の狐の行列を見学した。

いろいろ勉強しているうち、私が子どものころに遊び場にしていた「高安寺」(曹洞宗)境内の西の端に「秀郷稲荷大明神」という立派なお稲荷さんがあることを知った。

のぼりが立っていて、風がどちらから吹いても「秀郷稲荷大明神」という文字が読めるように配慮されている。

祠の中をのぞいてみると、毎年、初午の行事も行われている様子がわかった。

ようするに仏教寺院の中に鳥居があるということ。ただし狐の像はなかった。

2011年1月 5日 (水)

昭和記念公園

Photo 国営昭和記念公園の噴水。カメラの位置をブロンズ像よりもやや高い位置にした。

帰宅してカメラの設定を確認したらISOが64という低い値になっていた。

2011年1月 2日 (日)

空撮の実験

Photo神代植物公園は1月2日から開いていた。ここを知っている方なら、この写真が芝生の広場だということがお分かりだと思う。

 この高さから撮影するには、ふつうならそうとう高い脚立が必要だろう。

グラスファイバーの竿で地上6メートルの位置にカメラを持ち上げて撮影してみた。

将来的には凧にカメラをぶら下げて撮影してみたい。

2011年1月 1日 (土)

狐の行列

Photo あけましておめでとうございます。

大晦日から元日にかけて、王子稲荷の「狐の行列」を見物してきた。地元神社への初詣もいいけれど、狐の行列はなにか胸がわくわくしてしまう催しものだ。はるばると相模原から出かけていった。

2お稲荷さんについては、「稲荷信仰」ともいうが、その実体は宗教ではなく 、狐をあれこれ空想・想像して楽しむ風俗ではないだろうか。

装束稲荷神社の近くの児童公園では地元の人が甘酒(100円)や「狐そば」(200円)を売っていた。私の今年の年越しそばは、ここの狐そばとなった。

この行列を見て、私は日本人が狐や狸を愛するやさしさを感じた。行列に参加した子どもたち、よい大人に育つこと間違いなし。

2012年の狐の行列

Photo_2

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »