フォト

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

カンガルーのおなか

1_2

寒い一日だった。カンガルーの子どもはお母さんの袋の中にこもっていた。顔を出しているショットの撮影に失敗。引っ込む直前をなんとか撮影できた。

2

おなかの袋は衣類のポケットのように「すきま」になっているのではなく、きんちゃくのように絞るようにして閉じられる。

子どもは息苦しくなると顔を出すのだろうか。

2010年12月27日 (月)

猿団子(さるだんご)

Photo

今日は寒い、ということで多摩動物公園のサル山に行った。寒いときに猿たちは身を寄せ合って眠る。眠っているのか、ただ暖を取っているだけなのかはわからない。

より大きな団子が撮影できるよう、この冬もがんばる。

2010年12月24日 (金)

夕方の富士山

Photo

城ヶ島から見る富士山はこんなふうだ。意外と近くに見える。

先日、横々道路、横須賀SA(上り側)の「マグロラーメン」のおいしさをブログに書いた。それならば、横須賀SA(下り側)のマグロラーメンはどうなのかと思い、昼食をわざわざここで食べた。

くだりのサービスエリアの「マグロラーメン」はひどいものだった。マグロの臭みがそのまんま。ようするにマグロのぶつ切りをしょうゆで煮ただけのものをスープとして使っている感じだ。あちこちのラーメンを食べ歩いていると10年に一度くらいはこういう〝味の災難〟に遭遇する。

横々道路の通行料、ETCをつけていないと950円だけれど、ETCだと500円。ものすごい差別を受けていたものだと驚いた。これからは1回通るたびに450円トクするかんじょう。

そこで今日の帰路、のぼりのSAに立ち寄った。本物のマグロラーメンで口直ししようと思った。しかしカロリーの点で迷った。ここには「半カレー」という気の利いたメニューがあった。250円。おいしかった。

SAのぼりと下り、天国と地獄の違いだというおはなし。

2010年12月18日 (土)

ハナミズキの実

Photo_4

アメリカハナミズキの実が赤く熟していた。小鳥たちはこの実を食べるのだろうか。

この種を採取して発芽させるにはちょっとしたコツがいるそうだ。種を採ったら水で洗い、乾燥させないようにして冷蔵庫に入れる。翌年2月ころにその種をまくのだそうだ。ようするに原産地の北米の気候にあわせるということか。

2010年12月17日 (金)

散歩の途中で見上げた月

Photo日中、青空に白く見える月、この月には何か風流な呼び方があるような気がするけれど、わからない。

知っている人は教えてください。

2010年12月11日 (土)

リュウキュウムラサキ♂

Photo

蝶の温室を歩いていたら蝶が私の左手にとまった。リュウキュウムラサキだった。ここでリュウキュウムラサキに出会うのは3年ぶりかな?。初めてであったときはメスだった。

リュウキュウムラサキをランタナに移して撮影した。

2010年12月10日 (金)

とらえた!オオゴマダラのヘアペンシル

Photo_3

やった!ついにオオゴマダラのヘアペンシルをとらえた。多摩動物公園の蝶の温室でのことだ。写真をクリックすると拡大します。

体が大きいわりにブラシ状のヘアペンシルが小さいため、観察しにくい。これに対してツマムラサキマダラはとても目立つ黄色いポンポンを出す。

こんなに鮮明に写るとはとてもラッキー(自画自賛)。

ニコンD700、70-200ズーム(200ミリ端)、ISO4000、絞りf16、1/1000秒。今回はストロボ不使用。

Photo_4

2010年12月 8日 (水)

この木なんの木?ケヤキの木

Photo_2

この木なんの木」という歌。小林亜星が作曲した日立のコマーシャルソング。

こういう木の下に集う人はきっと幸せな人たちだろう。そしてこの木の下でまたいつか会いたいと願う。

散歩したい道

Photo国営昭和記念公園の片隅に、小さな道があった。ここに入っていくとどこに通じているのだろうか。どこに行けるのかわかりにくいから、誰も歩かないようだ。

地面の枯葉には人が歩いた形跡がない。こういう道を散歩したい。

2010年12月 5日 (日)

いちばん美しい

Photoこの写真はおそらくソメイヨシノの紅葉。

紅葉でいちばん美しいのは「桜」であると昔から思っていた。その気持ちは今も変わらない。

ウワミズザクラという桜がある。 名前は桜だけれど花はソメイヨシノとはまったく異なる。花は美しくはないけれど、その芳香がすばらしい。そしてその紅葉もすばらしい。

桜の仲間たちの美しい紅葉、それを画像として写しとめるのに写真ではどうしても満足できない。毎年この時期に思うのだが、楓もイチョウも、その美しさは「油絵(油彩)」でないと表現できないのではないか。

この写真は紅葉の鮮やかさが最も引き立つ逆光で撮影した。

2010年12月 4日 (土)

晩秋の湖面

1

睡蓮の池に紅葉が浮かんでいた。

水面は本日の青空を反射して青い。

タバコをやめて1年になる。ぶくぶくと太り、今まで着ていた背広が着られなくなった。本日安売りの洋服店で購入。

2010年12月 3日 (金)

池のほとりのメタセコイア

Photo_4 オイラが子どものころ、この木が1本あった。今から50年も前のことだ。オイラの兄貴がこの苗を通販で購入した。

メタセコイアは成長が早く、円錐形の整った樹形が好まれ、並木として植えられることが多い。

皇帝ダリアとミツバチ

Photo_3

帝王ダリアともいうメキシコ原産のダリア、キク科の植物。珍しくこの時期に大きな花を咲かせる。

霜が降ると枯れてしまうそうだ。そこにミツバチが来ていた。花の少ないこの時期、ミツバチも大変だなと苦労をねぎらいたくなる。

ニュースで知ったのだが、北国の養蜂業者はこの時期、南房総に巣箱を運んでくるそうだ。南房総は温暖で冬でも花が咲くという。オイラもこの冬は南房総に行ってみよう。

南房総にもおいしいラーメンはあるだろうか。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »