フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

城ヶ島の夕日とトンビ

Photo 「晴れのち曇り」の予報、しかし夕方まで曇らずにいてくれた。

城ヶ島にはトンビがたくさんいて「ピーヒョロロ」と鳴いていた。

渡辺キクちゃんに見せてあげたい景色だ。

帰路、横浜横須賀道路の横須賀サービスエリアで「まぐろラーメン」を食べた。650円。サービスエリアのラーメンはまずいに決まっているけれど、ここの「マグロラーメン」は感動モノだった。(味覚には個人差があります

2010年11月27日 (土)

城ヶ島の残照

Photo

海に沈む夕日を撮りたくて城ヶ島に行った。出発時間が遅くなり、残念ながら日没には間に合わなかった。しかし残照は美しかった。

潮の香りは久しぶりだった。潮の香りを嗅ぐと食欲が出るのは日本人のDNAのため。マグロどんぶりを食べた。

2010年11月25日 (木)

サーバルと目が合った

Photo_2大型のネコともいうべきサーバルと目が合ってしまった。

サーバルがオレに話しかけた「おまえら人間はウソをつくんだってなァ」

おれ 「ウン、だからオレたちは、お互いに信用できないんだ」渡辺キクちゃんしか信用できない。

目が合った瞬間、以上のような会話が成立したような気がした。

ジュウニヒトエの紅葉

Photo 今年の春はホトケノザというしそ科の花の撮影で始まった。

同じしそ科に「ジュウニヒトエ」「ツクバキンモンソウ」というのがあり、それらは越冬するようだ。越冬するなら、条件がよければ年々株は大きくなるのだろう。ジュウニヒトエとツクバキンモンソウが一緒に育っている場所を観察してみたら、それぞれ健在だった。

ジュウニヒトエは紅葉していたが、…キンモンソウのほうは春先と同じような色かたちだった。

私は名前に惹かれる傾向がある。

2010年11月20日 (土)

ヤマトシジミ

Photo

ごくふつうに見られる小型のチョウ、ヤマトシジミ

幼虫の食草はカタバミ。カタバミというのはクローバーのような葉をして黄色い小さな花を咲かせる、どこにでも見られる雑草。雑草だけれど、そのたくましい生命力が戦国武将に愛されたようだ。カタバミと武家(ぶけ・たけやではない)との関係はWikipediaを参照。

シジミチョウの仲間は多いのだが、どういうわけか私が撮影できるのはこのヤマトシジミとベニシジミだけ。シジミチョウの撮影に強いのはyatarouさん

このヤマトシジミは眠っていた。このまま一晩眠り、朝になれば日の光を浴びて元気に目覚めることだろう。

2010年11月19日 (金)

晩秋のホトケノザ

Photo_3

ホトケノザといえば春一番にわれわれの目を楽しませてくれる雑草。シソ科の植物。

町田にある水生植物園入り口近くの畑に咲いていた。いわゆる狂い咲きかと思ったが秋に咲くこともあるそうだ。ふつうは越冬しないというが、この株は年を越すかもしれない。なにしろ栄養豊富な畑だから。

トラの顔

Photo_2

トラの顔、どう眺めてみても人間よりも立派だ。トラの仮面をかぶりたくなる男の気持ちはわかる。

多摩動物公園のアムールトラのひろば、もうすこし日当たりがよくならないものかと思う。冬になってこれから樹木の葉が落ちればよくなるのかもしれない。

2010年11月18日 (木)

クジャクの散歩

Photo コアラの休憩所でアイスクリームを食べていたらクジャクがやってきた。クジャクは私のアイスクリームをおいしそうに食べた。

写真のクジャクはそれとは別の個体。クジャクは人通りが少なくなるとメインストリートに出てくる傾向がある。

2010年11月12日 (金)

トラの母子、午後のひと時

11月9日午後、トラの母子は静かな午後のひとときを楽しんでいた。

Photo_2

2010年11月 6日 (土)

温室のナミアゲハ

Photo

多摩動物公園のナミアゲハ。背後から日の光を受けて空気が透明なように感じる。

これからの季節、温室での撮影が心地よくなる。

そのかわり出かける前にカメラを十分に暖めることが必要。そうでないと温室に入った瞬間レンズが曇る。

レンズだけを暖めた場合、レンズ交換しようとするとカメラの内部が瞬間的に曇るから要注意。

2010年11月 5日 (金)

ガビチョウ

Photo_2 多摩動物公園のガビチョウ。コアラのカフェテリアでアイスクリームを食べていたとき、植え込みの中でうごめく鳥を発見。ガビチョウだった。

特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

ガビチョウはのんびりと枯葉をどけて土の中からなにやら見つけ出して食べていた。ときどき小さな声で「ホーイ、ホイ」と鳴いて、それはまるで鼻歌のようだ。

今回はかなり接近して、目の周りの羽毛を写すことができた。

Photo_3

アキアカネ

Photo 神代植物公園のコスモス畑の竹ざおにたくさんのアカトンボが止まっていた。

アキアカネだと思う。なかには妙に人なつこい赤とんぼがいて、私の胸元に止まった。

今日も逆光気味の撮影に心がけた。最近は撮影機材が進歩したためか逆光の味わいを楽しめるようになった。

2010年11月 4日 (木)

カワセミの捕食

Photo 神代植物公園でカワセミの捕食を見た。一連の動きを合成。

水に飛び込むたびに獲物を捕らえていた。ちょっと食べすぎではないかと思うほどだ。それにしても狩りは見事だ。

2010年11月 2日 (火)

ヒグマのミチ

Photo

多摩動物公園にはヒグマがいる。ミチというメスの熊だ。Wikipediaにはエゾヒグマとしてミチの写真が掲載されている。

この写真はミチが水風呂に入っているところ。北海道のヒグマたちは川を溯上してくるサケを追っているのだろうか。

動物園のミチは食事が保障されているためか「冬眠」はしないという。

最近世間が騒いでいる熊の出没は本州に住んでいるツキノワグマのことだ。

ツキノワグマはヒグマよりもかなり小さい。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »