フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

お母さんにパンチ

2 多摩動物公園のアムールトラ、子どもたちはますます元気だ。

2010年10月29日 (金)

二足歩行のチータ?

1 多摩動物公園で久しぶりにチータを見た。

チータは突然目を見開いた。何かに驚いたようだ。

Photo

何に驚いたかというと「二足歩行のチータ」だ、たぶん。

3

2010年10月28日 (木)

ニラにたわむれるチョウ

Photo

10月1日に撮影したニラの花に戯れる「スジグロシロチョウ

このニラを料理に使おうとしてポリ袋を持っていったらすでに雑草として刈り取られていた。また来年のお楽しみだ。

多摩川原橋を渡って甲州街道に向かう途中の中央分離帯には野生のニラが群生している。

中央分離帯は収穫が難しい。

2010年10月23日 (土)

おいしそうな香りのラン

Photo_2

神代植物公園の温室の中にあった オンシディウム・シャーリー・ベイビーというラン。「においを嗅いでみて…」という説明なので顔を近付けたらまさに「バニラ」の香りだった。

ああ、「これがバニラのランなのか」と思ったほど。

しかしバニラの原料となるランは「バニラ」なのだそうだ。

2010年10月21日 (木)

トウキョウトガリネズミ

Photo 世界最小の哺乳類といわれる「トウキョウトガリネズミ」。とても小さい。名前はネズミだけれどモグラの仲間らしい。また、名前に「トウキョウ」と付いているが「東京」にはまったく関係ないという。

多摩動物公園の「モグラの家」に展示されている。この小ささを言葉で説明するのはたいへんだ。とりあえず指の先程度と言っておこう。このかわいらしさは実際にモグラの家に行かないとわからない。

この写真はトウキョウトガリネズミがアクリルの飼育ケースの壁面に手をつけて伸び上がったところを撮影したもの。

名前に「トウキョウ…」と付いているが、北海道に生息しているらしい。絶滅危惧種でもあるが、ものすごく小さいので、ただ発見が困難なだけかもしれない。

2010年10月18日 (月)

アムールトラの表情

Photo_2

最近、多摩動物公園のアムールトラに夢中になっている。我が家の家族「オレさまネコ」と同じような顔をして、同じような立ち居振る舞いをするから、特別に親しみを感じる。

子どもが生まれて、活発に遊ぶ姿も見られるから、いつもトラにくぎ付け。

上はお父さんの「リング」があくびをしているところ。だけど、阪神タイガースのトラのデザインにも似ている

Photo_3

下はお母さんトラの「シズカ」が子どもたちを呼んでいるところ…たぶん。

2010年10月12日 (火)

アムールトラの子ども

Photo トラの子ども、生後3ヶ月だ。多摩動物公園で今年7月に3頭が生まれた。

写真に撮って見比べるとそれぞれ顔の縞模様が違っているようだ。これからもたくさん撮影して個体の識別をしたいと思う。

トラの柵のところに3頭の写真と、それぞれの名前がわかる写真がぶら下がっているから。

2010年10月11日 (月)

ツマグロヒョウモン(メス)

Photo コスモス畑にツマグロヒョウモンが来ていた。

飽きもせずにひたすら蜜を吸っている。コスモスの赤が羽に映えていた。

 やはり蝶の撮影は逆光にかぎる。

2010年10月 8日 (金)

コスモスのミツバチ

Photo

今年の春はミツバチをあまり追いかけなかった。というのも、そのころ私は「ニッポンヒゲナガハナバチ」という軍歌でも歌いだしそうな名前の蜂に夢中だったから。この名前には渡辺キクちゃんも真っ青だろう。

秋になってコスモスの花にミツバチが群れていた。顔からお尻まで花粉まみれだ。

レンズフードに小型ストロボを付けた。ホットシューに取り付けるよりも被写体に近いから、少ない光量(短い発光時間)で撮影できる。

Photo_2

2010年10月 7日 (木)

アムールトラの母子

Photo_2

放飼場のトラの母子。アムールトラの母「シズカ」今日は水浴をしなかった。

子どもの水のみを見守っている。

先日9月21日の暑い日、シズカが水にどっぷりと浸かったのを見て驚いた。ネコは水浴を好まないからだ。

しかしトラは家猫ではない。インドのベンガルトラは水浴を好むようだ。

アオスジアゲハ

Photo

蜜を吸っていたアオスジアゲハが飛び立って飛び去っていった、その3コマを合成したもの。

2010年10月 4日 (月)

野生のニラ

Photo

野生のニラである。この時期、道端に白い花を咲かせているからすぐに見つけられる。

畑で栽培されていたニラから種がこぼれるなどして道端でも生育するようになったのではないか。

野菜としても重要な地位を占めていると思う。

むかし苗場スキー場で食べた「苗場ラーメン」に、刻んだニラがたっぷり乗っていたのを思い出した。ふつうラーメンには刻みネギが乗る。刻んだタマネギということもある。刻んだニラというのは苗場ラーメンだけ。

2010年10月 2日 (土)

ルリタテハ

Photo 相模原北公園を散歩していると、頭上で黒い蝶が2匹、空中戦をしていた。一方が逃げ去ったと思ったら、残りの1匹が地面のレンガにとまって羽を広げた。

ルリタテハだった。こういうところで縄張りを主張しているらしい。

Photo_2ぎりぎりまで接近して撮影しようとしたら逃げてしまった。

この個体、こんどはステンレスの手すりにとまっていた。こんどは羽を閉じている。

羽の裏は「迷彩色」だから、待ち伏せでもしているのだろうか。

2010年10月 1日 (金)

コノシメトンボ

Photo

いわゆるアカトンボなのだが、アキアカネとは異なり、羽の先端が黒い。コノシメトンボと思われる。胴体の透き通った赤が美しい。

Photo 胸の模様を再確認したところ「コノシメトンボ」に間違いないことがわかった。

本日からタバコが大幅に値上げされた。オーストラリアでは20本入りのタバコが1500円くらいだそうだ。私ごとだが、禁煙してからまもなく1年になる。喫煙していたときに比べると1日の出費が500円以上節約できているわけだ。

タバコを吸っている人を見かけると「彼らはお金持ちだナ」と、たのしい嫉妬も感じる。

今日は「ルリタテハ」も撮影できた。野生のニラも撮影できた。ニラの葉をかじったら餃子のにおいがした。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »