フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

スイフヨウ

Photo日本のハイビスカスとでも言うべきフヨウ(芙蓉)の花である。

早朝、夜明け前に純白の花を咲かせる。その色が夕刻にはピンク色になるのだ。美人がお酒を飲んでほんのり顔を赤らめる様子にもみえるから「酔」という字をつけて「酔芙蓉」というわけだ。なるほど。

昨日8月27日に二輪の花を付けた。この花は秋の花だ。、秋の訪れが早かった昨年は8月中旬に咲き始めた。

連日34℃という猛暑なのに今年のスイフヨウはどうして秋の気配を感じたのだろうか。

このスイフヨウは我が家の狭い庭で生態系の食物連鎖を見せてくれる。この葉にはたくさんの青虫が付く。殺虫剤は使わない。ほうっておくとアシナガバチがやってくる。葉の間を縫うようにして獲物の青虫を探す。シジュウカラは数羽のグループでやってくる。今年はウグイスが「ケキョケキョ」と省略したさえずりで枝の間を飛び跳ねていた。

その小鳥たちを食べようと狙うのは我が家の「オレさまネコ」なのだが、オレさまには一匹も捕まえられない。

2010年8月21日 (土)

相模原北公園のガビチョウ

Photo

久しぶりに外来生物・ガビチョウを見た。7月までは多摩動物公園の森の奥でさえずっていた。ウグイスも7月まではさえずっていた。

8月なかばにもなるとウグイスもガビチョウも子育てを終えるのだろうか。灌木の枝の間を餌を探して飛び回っている。

このガビチョウは、ウグイスと同じ環境で、同じような生活をしているから、ウグイスの生活を圧迫するのではないかと心配されるのだ。

声は自動車屋の佐藤さんと同じくらいやかましい。

2010年8月19日 (木)

サイの顔

2_3もしインドサイがパスポートをとったなら、そこにはこんな正面写真が貼られるだろう。

もしサイが言葉を話すなら、少しナマリがある。おそらく東北の会津地方のナマリだ。口もとの形から、そんな気がする

サイのお昼寝はこちら

Photo_2日本における最初のインドサイの飼育は多摩動物公園だという。

2010年8月17日 (火)

夏のコアラ館

Photo夏の多摩動物公園で最も快適なところは「夜の生ビール」ではなく コアラ館だ。冷房がここちよい。ここを出たところでアイスクリームを食べるのもいい

コアラは夜行性ということで、われわれ見学者のために照明を昼夜逆転している。つまり暗い。私はここに入るとき、カメラのISO感度を迷わず6400に設定した。

午後2時だったかな?コアラの食事。この写真は午後2時30分に撮影している。

食べているのはユーカリなのだが、同じユーカリでも葉の色や形はさまざま。コアラ館の出口には見学者のためにユーカリが置いてあり、自由に葉を取ってすりつぶしてにおいをかいだりと、いろいろできる。

2010年8月15日 (日)

動物園の夜

Photo夏の多摩動物公園は夜にかぎる。生ビールも飲める。

Photo_2

雑木林での虫集めのイベント。昆虫館から看板の矢印に導かれて行ってみた。虫たちは紫外線に導かれて集まるのだそうだ。日が暮れてまもなく、何種類かのコガネムシやカメムシたちが集まった。虫好きにはたまらない光景。

2010年8月 9日 (月)

アムールトラのお母さん

Photo

多摩動物公園のアムールトラに赤ちゃんが3頭生まれて、8月5日から公開しているそうだ。

そして本日、さっそく出かけていった。

残念ながら子どもたちはおっぱいをたくさん飲んで「おひる寝」なのだそうだ。姿は見えなかったけれど、どこかに子どもたちの寝室があるのだろう。

母親のシズカも満足そうに寝ていた。おなかの乳首は、赤ちゃんが吸ってまだ濡れていた。

おだやかな寝顔は我が家の「オレさまネコ」とかわらない。

2010年8月 7日 (土)

多摩動物公園のサマーナイト

Photo

今年の夏は暑いから、動物園には夜間訪れてみた。

「ひかりの動物園」も子どもたちに人気だ。

Photo_2

人工照明で浮かび上がった夜のライオンは、期待した以上に立派だった。

高感度撮影ができる D700 はありがたい。

2010年8月 3日 (火)

アムールトラの出産

Photo

多摩動物公園のアムールトラに3頭の赤ちゃんが誕生したそうだ。7月8日確認。

父親のリングは釧路市動物園から借りたもの。母親のシズカはこの動物園で生まれ育った。シズカにとって今回の出産は初産。

この2頭、昨年秋から交尾行動を繰り返していたそうだ。動物園のサイトによれば、妊娠にいたった交尾は3月下旬だという。

ちょうどそのころ、3月26日14時14分、私はその瞬間を撮影していた。ここに掲げたものがその写真。リングがシズカの首をくわえている。

2010年8月 2日 (月)

アゲハの吸蜜

愛車のオルタネータを交換して不安はなくなった。私の軽自動車スズキアルトは走行距離が13万キロを越えている。今回のオルタネータの交換で重要なパーツはすべて交換を終えたことになる。

気分も新たに撮影に出かけた。久しぶりだ。ほんとうは八ヶ岳山ろくの小動物の吊り橋をもう一度たずねたかった。

Photo

我が家の近くでアゲハチョウを撮影した。ずいぶん地味な色合いだった。

鼻のアタマから汗がぽたぽたと落ちた。

昆虫のマクロ撮影、私はニコンのフルサイズ機(D700)を使っているが、撮像センサーの小さいポケットカメラのほうがピントが合いやすいのではないかと思い始めた。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »