フォト

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

シラサギ(コサギ)

Photo まだ水は冷たいのに、シラサギが獲物を探していた。足で水底をかき回して、なにやら追い出して食べているようだ。

ザリガニのようなものやドジョウのような魚を食べている。

2010年1月30日 (土)

セツブンソウ

Photo_3 春を待ちかねて、国営昭和記念公園までこのセツブンソウを目当てに撮影に出かけた。

立川口から入ると、いちばん奥のほうにセツブンソウの群生が見られた。入り口からセツブンソウの往復だけでかなりの距離になる。

昭和記念公園は福寿草も見事だ。コケの地面から芽を伸ばして花を咲かせている。

ネコヤナギ

Photo

ゆうべ、布団の中で「ネコヤナギ」を思い浮かべた。何がきっかけだったか忘れた。

川べりにさりげなく光沢のある柔らかい芽を付けているはずなのだ、この時期は。

カワセミの砲列から離れて歩き出すとき、目の前にネコヤナギがあった。

2010年1月29日 (金)

カワセミの飛翔

Photo_2

植物公園の池にカワセミがいた。〝砲列〟が狙っている先にそのカワセミが止まっている。

水面にダイブ。これはシャッターが遅れた。しかし飛び上がってくるところは写しとめた。左下から右上へ3コマ。その3コマを合成してここにアップ。

いつもハチドリにチャレンジしている経験から、奥の手を使った。ISO感度を3200に設定してプログラムオート。

こうするとシャッター速度と被写界深度の両方が稼げる。ピントはマニュアルフォーカス。

2010年1月28日 (木)

キンカチャ(金花茶)

Photo

中国南部に自生しているという黄色い椿。

温室で撮影。温室の外は梅と山茶花、寒椿の季節だ。

2010年1月27日 (水)

ボリビアのネムノキ

Photo_2 明らかにマメ科の植物、ネムノキ。ただしボリビア原産。日本のものよりも大きくて見事だ。

ボリビアでも蝶の幼虫はこの葉を食べて育つのだろう。

その蝶は黄色であるにちがいない。

ホトケノザ

Photo 今年初めてホトケノザを見た。神代植物公園・バラ園のわき。とにかくバラの花壇には大量の肥料が投下されている。

したがってその脇の部分は〝雑草〟にとって特殊な環境なのだ。バラ園の脇という特別な条件でないとこの季節にホトケノザはまだ開花しないはず。

よく見るとホトケノザの周囲には次の役者〝ヒメオドリコソウ〟が葉を広げていた。ヒメオドリコソウの時期になるとミツバチがやってくるだろう。

2010年1月26日 (火)

エリカ(ジャノメエリカ)

Photo_2

エリカという花。英国名は「ヒース」

とかく殺風景なこの季節、豆粒ほどのピンクの花をいっせいに広げている。

小さなハエがこの花にひきつけられていた。

2010年1月25日 (月)

太陽に向かって

Photo 福寿草は太陽が照らないと花を開かせない、という。

Photo_2 梅は一度咲いたら夜が来ても花を閉じることはない。

太陽に背を向けても華麗に薫り高く咲いていた。

相模原北公園である。

2010年1月24日 (日)

獲物をさがすハチドリ

Photoハチドリは昆虫が大好きで、ホバリングしてよく食べる。

この写真は、おそらくこの花の裏側に何かの虫が付いているのだと思う。

2010年1月23日 (土)

梅一輪

Photo 「梅一輪、一輪ほどの暖かさ」

松尾芭蕉の弟子、服部嵐雪の俳句。

芭蕉はよい弟子に恵まれた、というよりはよい弟子を育てた。

私のパソコンの弟子にはロクな男がいない。

2010年1月22日 (金)

タネツケバナ

Photo タネツケバナが咲いている。小さな小さな花だ。花びら4枚。オシベ4本という単純な花。

ホトケノザはまだつぼみさえ付けていない。

ニコンの105ミリマイクロレンズ、このレンズ特有の描写が好きだ。

2010年1月19日 (火)

梅の開花

Photo 厳しい寒さもこれから数日間はひと休みとなるそうだ。

木曜日には福寿草もいっせいに開花することだろう。撮影助手を連れて行きたい。

2010年1月18日 (月)

梅のつぼみ(春よこい)

Photo_2 この梅、八重の紅梅で、いくつかの花は開いていた。

そこを我慢して、あえてつぼみを撮影してみた。春を待つ気分を共感していただけるだろうか。

2010年1月17日 (日)

春よこい(福寿草)

Photo 2日前には黄色い花びらのほんの一部をのぞかせていた福寿草、今日は全開とはいかないけれど、もう少しのところまで開いていた。

2010年1月16日 (土)

木の上のチータ

Photo チータは自分よりも大きい獲物を倒すという。

我が家のネコも顔つきは精悍だけれど、とてもチータには及ばない。

もしネコがチータ並みの戦闘力を発揮したら、近所の小型犬はみんな食われてしまうだろう。

2010年1月14日 (木)

おサルのまんじゅう

Photo 冬の昼下がり、サル山はほんのひとときだけ静かな光景を見せる。ひとつの家族と思われる集団が、おしくらまんじゅうをして昼寝をする。1月14日午後12時48分。

サルたちは必ずしも眠っているわけではなく、この家族は何かを見つめていた。Photo_2お父さんとお母さんとお兄さんとボクと妹。

まじめなまなざしは尊敬できる

2010年1月12日 (火)

チータのお母さん

Photo チータの子どもが我々訪問者の前で無邪気に戯れているとき、お母さんは気が気でないようだ。

我々をズーッと監視し続ける。

見るからにやさしそうなお母さんだ。

2010年1月 5日 (火)

コアラの食事

Photo_2 コアラは夜行性だそうだ。

多摩動物公園では観客のために展示室を人工的に昼夜逆転させている。

わずかな明かりで撮影するため、カメラのISO感度を5000に設定した。

コアラがユーカリの葉をくわえているところが撮影できた。

チータの子ども

Photo 子どもながらするどい眼光を放っている。

人間よりも立派な風貌をしている。まつげが長い。

2010年1月 3日 (日)

季節はずれのウグイスカグラ

Photo 本日1月3日、神代植物公園にでかけた。

梅の花などモノにしたいと考えた。しかし私のセンスでは今日の梅はダメ。

ウグイスカグラが咲いていた。これはサクラの季節に雑木林の中で人知れず花を咲かせる花。デジタル一眼を使い始めた当時、オリンパスE-300で撮影し、名前を調べるのに苦労したことを思い出す。

それにしても「厳冬期」であるこの時期に花を咲かせていたとは驚いた。ふつうは下向きに枝からぶら下がるように咲くのだが、3個の花のうち2個は斜め上を向いて咲いていた。残りのひとつがこれ。横を向いている。

FUJI S5 Pro  105ミリマイクロに1.4倍テレプラス。ISO250、絞りF32、ストロボを斜め上からと斜め下からの挟み撃ち。

2010年1月 2日 (土)

ユキヒョウ

Photo トラに似ている

Photo_2

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとう

Photo 新年を迎えた。

写真はふるさと府中・大国魂神社の参道。元日の午前3時、初詣の様子。ISO6400、手持ち撮影。ストロボは使っていない。

Photo_2 日本のお祭りの楽しみ方のひとつに「露店」がある。

露店ではケバブを食べる。

トルコ人のお兄さんに顔を覚えられてしまった。今夜は夜通し営業するのだろう。気温はおそらく氷点下。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »