フォト

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

ニホンザルの母と息子

Photo_3 猿が人間より優れているのは、彼らはけっしてウソをつかないことだ、と思う。彼らはできもしないことを約束しないし、裏切らない。おだてには載らないし、流行にも左右されない。

最近、子育てをする動物に興味を持つようになった。

ナガメ(カメムシ)

Photo Photo_2 草むらにマクロレンズを向けて進んでいくと、前方の枝をカメムシが交尾した状態で横切っていった。

まるでプラスチック製のような色合いだ。

カメムシは捕まえるといやな匂いを出すからこれを収集する人はよほどの物好きといえる。

2009年7月30日 (木)

トキワハゼの汗?

Photo_3 早春から晩秋まで、日当たりがよかろうと悪かろうと咲き続ける花「トキワハゼ」

今日の気温は午前中に30度を超えた。カメラを持って外出するのにちょっとためらう。

トキワハゼは暑さの中でも元気だった。撮影中は気付かなかったが帰宅して画像を確認すると汗をかいているように見える。写真をクリックして確認してほしい。

ベニシジミ

Photo 平地の蝶の中で最も魅力的な色彩をしている(と思う)。

ベニシジミは晩秋11月ころまで見られる。寒いときは行動が緩慢で、撮影は比較的ラクだ。 ところが今の季節はきわめて敏捷。

サキソフォン奏者の佐藤さんの家から奥さんが作った「おからのハンバーグ」をもらってきた。このハンバーグは傑作で、さっぱりした口当たりがうれしい。

佐藤さんの女房にしておくのはもったいない、と思う。

2009年7月29日 (水)

ユウゲショウ

ユウゲショPhotoウ(夕化粧 アカバナユウゲショウ)

再度アップです。この花は夕方にはしぼんでしまう。

花びらが4枚。オシベは8本、メシベの先端は4つに分かれる。

大賀ハス撮影の帰途、朝日に当たって輝くように道端で咲いていた。このときは川から吹く風が強く、花にピントを合わせづらかった。左手で揺れを押さえ、手持ちのカメラをレリーズした。

草花の撮影で、私は三脚を使ったことがない。

マメコガネ

2 コガネムシの仲間の「マメコガネ」バラの花にも付いていたが、花の真ん中で食事中だった。食事中のマメコガネはフンを垂れ流していて、なんとも見栄えが悪い。

この写真は「ヘクソカズラ」の葉の上で何か考えごとをしていたようだ。

タマムシもコガネムシも、見事な金属光沢を持っている。小鳥のカワセミもハチドリも金属光沢が美しい。

人間の金属光沢への憧れが「コガネムシは金持ちだ」という印象になったと思う。

2009年7月28日 (火)

大賀ハスとハチ

2 Photo 今から2000年前の弥生時代の遺跡から発掘されたハスの種3個、大賀博士はそのうちの1個を発芽させ花を咲かせるのに成功した。

現代のハスとは品種が異なるのだそうだ。

大賀博士はその後、中尊寺の埋葬品の中から見つけたハスの種の発芽にも成功している。中尊寺のハスは800年前のもの。

このハスにはクマバチやそのほかのハナバチも来ていた。

2009年7月27日 (月)

ハキダメソウ

Photo Photo_2  ヘクソカズラと並ぶ ひどい名前の筆頭か

ハキダメソウ、牧野富太郎博士が名づけたというアメリカからの帰化植物。

名付け親の牧野博士の高笑いが聞こえてきそうだ。

この花の特徴は「山」型の白い花弁5個が外周を取り巻いていること。

2009年7月26日 (日)

ハイビスカス

Photo 気になる花、ハイビスカス。

花粉の粒がひじょうに大きい。この写真300ミリのズームレンズで撮影しているが、メシベの先に付いた丸い花粉が写っている。

この花粉の粒をさらに拡大して撮影するとたくさんの突起があるそうだ。ハイビスカスの仲間「ムクゲ」の花粉にも突起があるのを確認している。ムクゲの花粉も大きいがハイビスカスには及ばない。

神代植物公園の温室にはハイビスカスの原種?「フウリンブッソウゲ」があるけれど、それはいつ花を咲かせるのだろうか。ハイビスカスの仲間には花が一日しかもたないものがある。

フウリンブッソウゲの花にお目にかかるのは難しいかもしれない。

2009年7月25日 (土)

モンキアゲハ

2 オニユリにピントを合わせていたら、突然黒いものが視界をさえぎった。黒いアゲハチョウだった。

ちびっこ昆虫学者だった私は当時はこの蝶を見たことはない。

この蝶は南方系で、関西以西ならばごくふつうに見られるそうだ。関東も温暖化が進んでいるのに違いない。

2009年7月23日 (木)

ヘクソカズラ

Photo_2 ヘクソカズラ(屁糞葛)は葉も茎も実も、すりつぶすとかなりくさいので知られている。

むかしラジオの番組がこの草のニオイで盛り上がっていたのを思い出す。

万葉集にも「くそかづら」という名前で歌われている。この草を忌み嫌った歌ではなく、まとわりつく力強さをこの植物にたとえたようだ。

数年前からこの「ヘクソカズラ」を思い出すことが多かったが、この花の季節のときはどういうわけか頭に浮かぶことはなかった。

日本にはハキダメソウとか、ひどい名前の雑草が多いが、この夏はそれらのすべてを見てみたいと思う。

2009年7月22日 (水)

ハナゾウムシ

Photo ゾウムシとは鼻の長い甲虫で、私の世代ならばコクゾウムシの名前を知っている。コクゾウムシは穀物を食べるが、これはハナゾウムシ。バラの花の根元に付いていた。

ハナゾウムシには違いないと思うけれど、正確な名前はわからない。

それにしてもバラの花は、多くの生物にとって恵みの多い花だ。

2009年7月20日 (月)

カワラナデシコ(ヤマトナデシコ)

Photo 日本の自生種であるが、東アジア一体に生息している。

私のふるさと東京府中を流れる多摩川の河原にふつうに生えていた。このカワラナデシコの別名がヤマトナデシコだとは最近まで知らなかった。

明日の朝放送される日本テレビのニュース番組のビデオ収録に行ってきた。帰り道の乗換駅東神奈川の立ち食いうどんを食べた。15年ぶりくらいかな、ささやかに懐かしく、おいしかった。

最近、殺人事件が多い。それにもかかわらず殺人事件は近年急速に減少しているという統計データとなっている。ふざけた話だ。そのカラクリは見え透いている。アメリカのメディアが、ニッポンの治安の七不思議を解き明かす日は近い。

ニッポン警察にはヤマトダマシイが見られない。

2009年7月18日 (土)

アカトンボ

Photo_2 アカトンボのメスと思われる。マイコアカネかな?。アカトンボの仲間のようで、鮮やかに赤いのはオスで、メスは赤くならない。

静かに休んでいるように見えるけれど、獲物が近付くのを待ち構えているのだ。

ソフトクリームがおいしかった。

ネムノキ

Photo この木は観賞用らしい。しかし東南アジアから日本の東北地方にかけて広く生育している。そして実った豆(種子)から繁殖して野生もしている。

 養分の少ない荒地でも、この木はマメ科のため根っこに住み着いたバクテリアから窒素分が供給されてよく育つ。

荒地にまずこの木を植えると、そこから生態系のサイクルが始まり、みどり豊かな土地に変わっていくそうだ。

とても人に好まれる樹木であり、この木を嫌うべき理由は何もなさそうだ。人間の男は歳をとるとクソジジイになっていき、とかく周囲に騒ぎを引き起こすことになる。

2009年7月14日 (火)

ヤブラン

Photo ヤブラン、名前はランだけれどユリの仲間。

神代植物公園の野草園、チダケサシも咲いていないし、じつにさびしい。

 植物公園はカワセミやその他の野鳥を狙うカメラマンが多い。スイレンの池に立っていると、私の目の前2メートルほどのところをカワセミが横切って飛び去った。

2009年7月13日 (月)

アオタテハモドキ♂

Photo 久しぶりに多摩動物公園に行った。そして2年ぶりに「アオタテハモドキ」に対面した。

蝶の温室、チャムネエメラルドハチドリ、カップルが成立して卵を産んだようだが孵化は確認できないらしい。悲しいことにハチドリの数は半減して現在は4羽が確認できるだけとのこと。

「4羽が確認できる」という言葉には重みが感じられる。導入した数から死亡したハチドリの数を引けば現在の数がわかりそうなもの。おそらく来場客がハチドリの死体を運び去ったか、あるいはハチドリを捕らえて持ち去ったか、そういう可能性もあるということだろう。残念なことだ。

2009年7月10日 (金)

映画デビュー?

Photo 7月7日、アメリカのドキュメンタリー製作会社「ジグソー・プロダクション」のインタビューを受けた。

 中央がプロデューサーのピーター・ブールさん。エミー賞を受賞している。

 日本の視聴者は彼が製作した番組「太平洋の世紀」をNHKで観た人もいると思う。私も彼の作品を何点かNHKの番組で見ている。

 私のインタビュー映像、「サンダンス映画祭」に出品するそうだ。

2009年7月 6日 (月)

ムクゲの花粉

Photo ムクゲの花粉、拡大してみると温かくおいしそうに見える。

ムクゲは、芙蓉・ハイビスカス・綿花・オクラなどと同じ「アオイ科」

徳川家の紋章も「アオイ(葵)」だけれど、紋章のほうはフタバアオイで、まったくの別物。それはウマノスズクサ科。

フタバアオイは日の当たらないところに、ひっそりと葉を広げて、白く地味な花を咲かせるそうだ。戦国武将は地味な植物を好む。

2009年7月 5日 (日)

モモブトスカシバの飛行

Photo_2 ホバリングしながら花の蜜を吸うスズメガの仲間。

本日ミツバチに混じって飛んでいるところを発見。大きさもミツバチと同じくらい。足に何か大きなものを抱えているように見えたが、それは後ろ足にたくさんの長い毛が生えているためと判る。

 虫たちのファッションにはほとほと感心するほかない。

肉眼では羽は止まっては見えない。3万分の1秒の露光で写しとめた。

ムクゲのメシベ

Photo ムクゲはハイビスカスの仲間。ハイビスカスの花粉は1.5メートル離れたところから300ミリのズームレンズで撮影しても、花粉が丸く写るほど大きい。

 ムクゲも花粉が大きいようだ。公園にムクゲが咲き始めたので撮影するチャンスを狙っていた。

 メシベには花粉がびっしりと付いていた。超クローズアップで撮影すると花粉にはトゲがたくさん付いていることが確認できた。

 お花屋さんの店先にハイビスカスが置いてある。超クローズアップ撮影の目的だけでも買う価値がありそうだ。お花屋さんの店先で三脚を構えるほどの度胸はない。

2009年7月 4日 (土)

モンシロチョウ

Photo モンシロチョウ、ストロボを使わないで撮影した。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »