フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

ヒメジョオンとアブ

Photo 「ヒメジョオン」は漢字に直すと「姫女菀」となる。「姫」は「小さい」、「女菀」は「中国産の野草」を表す。(Wikipediaから引用)

 3月ころに咲き始める「ハルジオン」(春女苑・春紫苑)とは別なのだけれど、二つの種が同じような場所で連続して咲くので、ふつうの人は区別しないと思う。どちらも典型的な雑草。

この花の蜜を吸っているのはヒラタアブと蟻。ヒラタアブにも、たくさんの種があってそれぞれ似ている。

2009年5月30日 (土)

ミツバチ

Photo_2 足に大きな花粉の団子をつけている。

雨が降り続いた後久しぶりに日が出たから、ミツバチも忙しい。雨に洗われた花と、開いたばかりの花を区別しているようだ。花壇にたくさん咲いているバラの中でも蜂は新しい花を選んでいた。

そのために撮影もはかどった。シャッター速度、1/2500秒でも羽を写し止めることはできなかった。

コノテガシワ

公園などに植えられている針葉樹。実際この写真も公園で撮影。

Photo ヒノキに似た樹木に白いものが付いているので「何だろう?」と思った。花かと思ったけれど、これは「実」なのだそうだ。

何かの薬になるらしいけれど、試してみようとは思わない。

2009年5月29日 (金)

セリバヒエンソウ

Photo 中国からの帰化植物。この花の名前を突き止めるのは難しかった。詳しい人に問い合わせて判明。

多摩動物公園は起伏があり、歩き回るのはけっこう疲れる。しかし遊歩道のあちこちに野草が花を咲かせていて、その「観察」を理由に休息できる。

この花も遊歩道の脇に群生して咲いていた。

サックス奏者・佐藤さんの奥さんが野草を育てるのが好きなので、種ができるころ再び訪れて採取してこようかナと思う。

2009年5月28日 (木)

テントウムシの光沢

Photo テントウムシはどうしてピカピカした光沢をしているのだろうか?。蜂や蝶をマクロ撮影してみると、身体中毛で覆われているけれど、テントウムシは違う。いつもワックスをかけたかのような見事な光沢。

この写真、テントウムシの背中に周囲の樹木が反射して写りこんでいる。

バラの葉の上でアブラムシを食べていたけれど、農薬がまかれてアブラムシがいなくなった。そうしたら近くの雑草カラスノエンドウでせっせとアブラムシを食べていた。

2009年5月27日 (水)

トキワハゼ

冬から秋まで、つまり1年中花を咲かせる雑草。トキワは常盤、常にという意味。敷石の割れ目にも花を咲かせているし、絶対に日の当たらないところでも花を咲かせていてる。東アジア全域に生息する在来種のようだ。

Photo これをマクロ撮影してみると、花の奥に突起が何本か生えている。その突起は先端に行くほど太くなっていて野球のバットのような形。なんのためにこの突起があるのかはわからない。

 ここ何日か雨が降りやすいらしい。雨にぬれたバラの花を撮影しようかと思う。

キタヒメヒラタアブとマルハナバチ?

Photo_2 ヒラタアブは、バーコードのように縞模様があるから正確に種が特定できます。しかしこの3日ほど、この黒いマルハナバチらしい蜂は、どうしても名前がわかりません。

それで現在、専門家に画像を送って問い合わせています。

この黒い蜂、クリップオンのストロボで1/2000秒で撮影していますが、それでも羽はブレています。

このハナバチはグループで行動するらしく、花畑からいっせいに立ち去ったかと思うと、再び5~6匹のグループで戻ってきます。お互いに会話しているのかもしれません。

余談ですが

先日、神代植物公園に行ったところ温室の中で「亀っ子倶楽部」の写真展が催されていました。すばらしい作品がそろっていて、これらを見ただけでもここに来てよかったと思いました。

2009年5月26日 (火)

ニワゼキショウ

芝生に混じって咲くのが見られる小さな花。私がちびっこ植物学者だったころ、図鑑で調べて名前を知ったのを覚えている。このニワゼキショウも帰化植物。Photo

相模原北公園ではこの色の花しか見られないが、並木のサックス奏者佐藤さんの家の前の芝には白いものしか咲いていない。

この植物は葉っぱが芝に似ているので、まるで芝生が花を咲かせたように見える。

「ちびっ子植物学者」は、そのころなんと付近の山林(多摩丘陵)で「モウセンゴケ」も発見した。多摩丘陵の片隅にはモウセンゴケが生息するような湿地もあったのである。しかし開発により、その付近はゴルフ場になってしまった。

2009年5月25日 (月)

アジサイ(深山黒姫)

ヤマアジサイの仲間・深山黒姫です。木陰の細い道を歩いてこのアジサイに出会うと、すがすがしさを感じます。

Photo_6 カメラに付けたストロボの光量を小さくして、アジサイの背後からもう一つのストロボをやや強めに発光させて撮影しました。いわばストロボの挟み撃ち!。

挟み撃ちでの撮影では、すっきりした透明感を表現できます。これは歌謡ショーのステージの照明と同じでしょう。

これを撮影した後、つまづいて2度転倒。ストロボを地面に強打。さいわいなことにストロボは大丈夫でしたが、ステーを破損。

モンシロチョウ

モンシロチョウとスジグロシロチョウはとてもよく似ている。子どものころの私は、この両者を明確に識別していたけれど、50年も経て見間違えるようになった。昨年の秋撮影したスジグロをパソコンに保存するとき、間違えて「モンシロチョウ」というファイルにしてしまった。

Photo_5  この写真は飛行しているところを何コマか撮影した中でピントの合っているものを合成。

本日同じ趣味を持っているyatarouさんから好意的なコメントをいただきました。ブログを拝見して、なにか世俗を離れたお坊さんのような人柄を感じました。

以下余談

日本のお寺は草花を愛でる風流な性格がとても強いと思います。西洋の寺院には壮麗なものが数多くあります。しかし日本のお寺と西洋の寺院で決定的に異なっているのは、草花に対するこだわりだと思います。

2009年5月24日 (日)

コマルハナバチ

Photo_2 コマルハナバチ(困る花蜂ではなく小丸花蜂)近年、農業の分野で注目されている蜂。ミツバチと同じように全身毛で覆われていて、せわしなく花の真ん中を動き回る。蜜や花粉を集めて巣に持ち帰るし、巣には女王もいる。 ミツバチと違っているのは、7月ころになると活動を停止して、約半年というもの間、集団で眠りに付くそうだ。 そのためだろうか、ミツバチよりも忙しそうに活動しているように見える。

キリンソウ

美しい姿で黄色い花を咲かせる「キリンソウ」です。

Photo 外来植物ばかりが目立つ時代ですが、これは日本の在来種。斜面などの荒地でも育つそうです。

 「都市の緑化にこのキリンソウを植えましょう」とアピールしている企業もあるようです。

 ぜひ発展してほしいものです。

2009年5月23日 (土)

セイヨウミツバチ

飛んでいるミツバチの羽を写し止めることに成功しました。Photo_2

羽の「脈」からセイヨウミツバチと特定することができました。今の時期美しい花がたくさん咲いていますが、蜂のために蜜をたくさん出しているのは少ないようです。

蝶には長いストローがありますが、ミツバチには便利な道具がありません。

ラベンダーの花から蜜だけを吸っていました。ミツバチは花粉も集めますが、ラベンダーからは蜜だけしか取れないのかもしれません。

リュウキュウアサギマダラ

Photo リュウキュウアサギマダラの求愛飛行です。

求愛飛行はメスが止まっている上で、10分以上もホバリングを続けます。この蝶はそそっかしくて、ときどき他の種の蝶の上でもホバリングします。しかしすぐに間違いに気付きますから、何分もホバリングを続けることはありません。

2009年5月22日 (金)

ヤマトヒラタアブ

試作した草花・昆虫撮影用の照明装置をテスト。

Photo

ヒラタアブの撮影に成功。それぞれよく似たヒラタアブの仲間は多く、慎重に調べた結果ヤマトヒラタアブらしい。

幼虫の時にはアブラムシを食べて育ち、成虫になると花の蜜を求めるようです。7月ころからヒラタアブの活動が本格化するそうですから、それまでに昆虫撮影装置を完成させたいと思います。

飛行中の羽をピタッと静止させて撮影し、標本のような写真を集めたいのです。右の黄色い花は「オオキンケイギク」で、盛んに蜜を出しているようでクモやアブ、蟻などが集まります。

2009年5月20日 (水)

オオキンケイギク(再)

Photo_2 花の中に作られた小さなクモの巣。再度アップです。

現在、花と虫の撮影テクニック、勉強中です。

2009年5月19日 (火)

オオキンケイギク

外来生物法の特定外来生物に指定されていて、栽培が禁止されているらしい。いくら伐採しても根が残って大群落を作るそうだ。Photo

アメリカから観賞用として栽培されていたものが逃げ出して繁殖したらしい。

Photo_2 その花びらの間にクモの巣が張られていて、クモが獲物を待ち受けていた。

数日パソコンの出張指導で忙しかった。

2009年5月15日 (金)

キュウリグサ

麦とともに伝来した史前帰化植物とされています。ナズナ(ペンペン草)に似ています。拡大して撮影してみますと、花びらはわずかに青くメシベが黄色で、非常に小さい花でありながらカラフルです。花の直径が2ミリ程度ですから、注意して観察しないと花は白い点にしか見えません。

Photo 小さな花を拡大して撮影するのは、なかなか難しいのですが、必ず何か発見があるので病みつきになりました。

2009年5月14日 (木)

タツナミソウ

花言葉は「命ささげます」だそうで、ちょっとキザです。

Photo しそ科のオドリコソウに似ています。またこのタツナミソウの仲間は多く、慎重に観察しないと名前を突き止めるのは容易ではありません。

しそ科の植物は、だいたいこのような花を咲かせます。しかしラベンダーもしそ科だそうで、花の形はだいぶ違っています。

2009年5月13日 (水)

ギンラン

 多摩の山野に自生するギンラン。かつて勝手に掘り出して持ち去るマニア?によって、自生するギンラン(キンランも)は極端に少なくなったそうです。しかし野草は山林の中で人知れず花を咲かせている姿にこそ風情があるというものです。

1 多摩ニュータウンの一角にある東公園の散歩コースで見つけました。

2009年5月12日 (火)

水の中でもがくハチドリ

Photo_7  水の中でもがくハチドリです。1/1000秒で撮影して、水滴は静止して写っているのに、こちらに向けられたくちばしはブレています。

ハチドリの挙動がいかに敏捷なのかがわかります。人の目には一瞬に見える水浴も、水中でこれだけ激しく身体を振るわせれば、汚れは十分に落ちるでしょう

ハチドリの水浴び

ハチドリが水に飛び込むところを見ました。水面付近でホバリングしたかと思うと、いきなり水中へドボンと飛び込みました。

Photo_4 獲物を捕らえるためではなく、水浴です。

本日はカメラのハイスピードシンクロの機能をテストするために動物園に行ったのですが、珍しい場面を撮影できて非常にラッキーでした。Photo_5

アオスジアゲハ

ひじょうに敏捷な蝶です。子どものころはこの蝶を捕まえることがあこがれでした。捕獲が難しかったためか、私はいまも蝶の中でアオスジアゲハがいちばん美しいと感じています。私が働き盛りのころこの蝶が都心に多く見られるようになりました。

Photo_3

その理由は、都心に街路樹として食草の「クスノキ」が多く植えられるようになったためです。

蝶は羽に当たる光の角度によって見え方が異なります。おそらく鱗粉の粒にその秘密があるのだろうと思います。

アオスジアゲハは熱帯の蝶で、日本では福島県あたりが北限だろうと思います。

2009年5月11日 (月)

ツタカラクサ

大正初期に観賞用として日本に持ち込まれた帰化植物。「ツタバウンラン」とも呼ばれる。私の子供のころの知識では、日本の土壌は酸性でヨーロッパはアルカリ性と教えられたような気がします。コンクリートの石灰分が土壌をアルカリにするのか、道端には帰化植物が多いように思います。

2 先日、知り合いの家の玄関先にこの花が鉢に植えられて飾られていました。葉の形が端整で、つつましい花とのバランスがよく取れていると思います。

ニガナとブタナ

どちらもキク科の植物です。ニガナは木立の脇でいかにも「雑草」という雰囲気で花を咲かせていました。5枚の花びらに見えますが、5つの花が一つにまとまっているのだそうです。ですから、この写真の場合5×5=25枚の花びら、という計算です。Photo

右側の「ブタナ」道端のツツジの植え込みから花を突き出していました。ひょろりと背が高く、根元にはタンポポのような葉がついています。

植物公園に向かう途中、これらの写真で道草を食ってしまい、到着時には閉園していました。

2009年5月 9日 (土)

ジシバリ

アキノノゲシに似た花を付けるけれども、春から夏の花です。

Photo_2 久しぶりに晴れたので、野原に出るのを楽しみにしていたところパソコンの出張指導の依頼があり、公園に着くのが遅れてしまいました。

このジシバリ、帰化植物ではなさそうです。左側の花はカメラの設定ミスのため赤く写ってしまいました。しかし面白いので正常な写真と並べてみました。

2009年5月 8日 (金)

アサギマダラの旅

長距離を旅する蝶として、日本ではアサギマダラがよく知られています。秋になると東北地方から沖縄まで飛んで行き、そこで越冬します。

Photo 春になって北上を始めますが、東北に達するまでには世代の交代があります。そして秋になって沖縄まで南下するアサギマダラは東北で生まれた個体が一気に南下するのだそうです。

 渡りをする蝶はアメリカにもいて、それは「オオカバマダラ」です。アメリカのこの蝶もカリフォルニア・メキシコあたりから世代交代をくり返しながらカナダあたりまで北上し、そこで生まれた個体が秋になると南下して越冬します。マダラチョウの仲間には不思議な習性を持つ種が多いようです。

2009年5月 7日 (木)

アカカタバミ

Photo クローバーに似たハート型の葉を持つアカカタバミです。ありふれた雑草の一つで、いくら草取りをしてもカタバミは芽を出して花を咲かせます。「容易に根絶やしにはならない」ことから、戦国の武将に好まれ、この葉を「家紋」にする一門がありました。

 強さにあこがれるなら、猛獣や鷹・ワシのような肉食動物を紋章にしてもよさそうですが、日本人は「耐え忍ぶ強さ」に共感するようです。

このカタバミの葉を食べて成長する蝶がシジミチョウの仲間「ヤマトシジミ」です。

2009年5月 6日 (水)

メジロとハチドリの目

Photo 多摩動物公園のハチドリは正しくは「チャムネエメラルドハチドリ」というそうです。この鳥はまるで人間のような目をしているので、近くで見るとマンガのような印象を受けます。

写真を撮って拡大してみますと、ほんとうは丸い目をしているのです。その目の後ろ側が三角の形で白くなっています。丸い黒目と三角の白がくっついているので、人の目のように見えるのだと気が付きました。

 この白い部分が羽毛なのか皮膚なのかはわかりません。日本のメジロは目の外周が白く縁取られていてます。メジロの白い縁取りは皮膚のように見えます。まあ、どちらも目がクリクリして見えますから、かわいらしいです。

2009年5月 5日 (火)

ハチドリのカップル成立

多摩動物公園のハチドリにカップルが成立したようです。ハチドリは縄張り意識が強く、他の個体が近付くのを嫌います。他の鳥が近付いてくると激しく追い回すのです。ところが最近2羽がそろってホバリングしているのを見ました。間違いなくカップルの成立です。

Photo 多摩動物公園は以前にもハチドリの繁殖に成功したこともあり、今回もうまく雛が成長するのが楽しみです。

2009年5月 3日 (日)

ツメクサとクモ

ツメクサという小さな植物があります。石畳やレンガの隙間にひっそりと生えています。今の季節、この小さな植物も花を付けています。

この花を、超クローズアップレンズで撮影していたとき、のこのこと蟻のような虫が登ってきました。撮影画像を見て気が付いたのですが、足が8本ありました。どうやらクモのようです。

4

ハハコグサの花びら

「ハハコグサの黄色い粒は、一つひとつが花である」とは、知識としては知っていた。ところが本日接写してみて驚いた。その花はロウバイにも似た立派な花びらを持っていた。Photo

本日の収穫はもう一つ、テントウムシの写真、とてもよく撮れた。

Photo_2

2009年5月 2日 (土)

花と虫の季節が始まった

Photo

冬のあいだ花と蝶を求めて多摩動物公園の温室に通っていたけれど、いよいよ春が来ました。

« 2008年6月 | トップページ | 2009年6月 »