フォト

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

2017年11月20日 (月)

The Second Waltz(セカンドワルツ)

ソビエトのショスタコーヴィッチ 作曲
 世界一楽しいオーケストラといわれるアンドレ・リュウが好んで演奏する。
3年前に入院していたとき病室で何度も聞いていた。

今日はリタイア

西立川口から入って徒歩で花木園のスイレンの池へ行った。
そこでアトリの尻を撮り、カワラヒワの群れを撮るなどしてベンチで昼食のパンを食べた。
 
そこから子供の森のポイントに向かったが、途中足の動きが悪くなった。
 
 「たにのはし」の50メートル手前で残念ながら〝撤退〟を決めた。
子どもの森の停留所からパークトレインで戻った。
 
歩 数   6725歩
理由で思い当たるのは寒さのために足が冷えてしまったのだと思う。明日は砂川口からパークトレインで子どもの森に直行したい。

2017年11月19日 (日)

今日はパソコン

久しぶりに田加井さん出席
 
 
明日の20日こそルリビタキが見られるかも
 
 
歩 数   1605歩
 
 
余談 いよいよデジタル一眼は実質1億画素に迫ろうとしている

ルリビタキの声

暮れなずむ町

 武田鉄矢、若かったね。この歌は武田鉄矢の自身の失恋がもとになってできたと本人がラジオで言っていたよ。

2017年11月18日 (土)

パラシュートの降下

2_2

 パラシュートが降りてきたよ、楽しそうだった。空中で隊員どうし大きな声で話をしていた。

たいしたもんだと思う。
 
 昨日の17日、午後3時14分、スイレンの池から空を見上げて撮影。
 
 
本日18日の歩数  1364歩
明日は公民館でパソコン

2017年11月17日 (金)

オオタカとカワラヒワとオオカワラヒワ

_edited1_2

オオタカ

バードサンクチュアリの「のぞき窓」から撮影。

 主なメンバーがこののぞき窓からの撮影を楽しんだ。口笛おじさんもご機嫌だった。くちぶえさん、このオオタカと視線が合ったといって無邪気に喜んでいた。

ところで

 去年のルリビタキ来訪から今日・明日あたりちょうど1年という記念日らしい。しかし明日は1日中冷たい雨。

 ちなみにルリビタキの来訪を告げるブログなどの書き込みは、ほかにも見当たらない。

 

2

カワラヒワ
ここで「カワラヒワ」と簡単に決めつけたけれど、正しくは「オオカワラヒワ」であるとコペルさんが言っていた。
 オオカワラヒワは冬になるとカムチャツカ半島からやってくる渡り鳥。
 
その両者の違い ←クリック
 
 
ありふれた小鳥と思っていたカワラヒワ、この冬はその細かい差異を観察してみたい。留鳥のカワラヒワと冬にわたってくるオオカワラヒワの差異。
 
歩 数  6453歩

2017年11月16日 (木)

ボケとマルハナバチと

Photo_3

 ボケの花にマルハナバチが群れていた。順光で撮ったためストロボを使ったように写っている。

 
 
 
 
 花木園前の睡蓮の池、サギソウが生えるところと葦との境界付近、そこに黒い小鳥が草のタネをつついていた。
 その小鳥の黒さは〝真っ黒〟に見えたほどだ。長谷川さんに話すと〝クロジ〟だろうという話だった。
クロジはとても珍しいらしい。
 
 
 歩 数  6871歩

もみじが美しい

Photo_2

 もみじにはさまざま種類がある。渋く紅葉するものと透き通るように赤くなるものもある。
 
 
 今の気分では透明系の飴細工のような〝赤〟が楽しい。

 

 

2017年11月15日 (水)

アブとリンドウ

2

立冬も過ぎているのにアブがリンドウに来ていた。

ホソヒラタアブだ

凛憧(りんどう)さだまさし

 

 

 

歩 数   4055歩

«雨上がりのイチョウの道