フォト

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2018年8月20日 (月)

カイツブリの親子

Photo

 赤ちゃんをおんぶするカイツブリ

お父さんもお母さんも子供をおんぶする。

 
 
 
 
 
 
歩 数   4586歩

2018年8月19日 (日)

キンケハラナガツチバチ

Photo_2

 キツネノマゴにハラナガツチバチが群れていた。キンケハラナガツチバチだと思う。毛むくじゃらがツチバチ類の特徴。

 
 この時期どこにでも生えている雑草「キツネノマゴ」は上等な蜜を出しているようだ。ルリモンハナバチでさえサルビアからこのキツネ…に蜜源を変えてしまった。
 
 いつものフクロウは昨日の夕方になっていつもの木に戻ったと副長が言っていた。
明日、月曜日は日本庭園でカイツブリを撮りたい。
 
 こもれびの家の裏の「イヌゴマ」いったん花の時期を終えたようだが、いま再び咲き始めている。ルリモンと仲良し? の スジボソコシブトハナバチの羽の音が聞けるかな。
 
 
 
歩 数   3701歩

2018年8月18日 (土)

新しく樹液を出し始めた

Photo

 こもれびの家の裏側に樹液を出している木を見つけた。場所はエントツドロバチが砂団子を作るオケラの道のわき。

 

 ルリタテハがおいらに教えてくれた。よく見るとスズメバチも来ている。

 

歩 数   3701歩
 
 今日は花木園には寄らずに直接 子どもの森に来た。フクロウはいなかったが、ササやんが来た。
 
 明日の日曜日、昭和記念公園は避けて、植物公園に行こうかな。どこへ行こうかな。

2018年8月17日 (金)

ロシアが好きになるよ

モスクワのフラッシュモブ
 
 
 大きな声では言えないけれど おいらはロシアのプーチンに注目している。

ムラサキツメクサのベニシジミ

_edited1

 ムラサキツメクサにベニシジミ

 

 

 

 

 

 

歩 数   5054歩

2018年8月16日 (木)

理稀ちゃん発見におもう 子どもは高いほうへ行く

大和くん失踪事件 ( 2016年5月~6月 )

 を思い出した。このとき大和くんも坂を上って行った。大人たちは下に向かって捜索を続けた。

リハビリ  807歩

2018年8月15日 (水)

満蒙開拓平和記念館に行ってきた

満蒙開拓平和記念館に行ってきた

歩 数   2027歩

1987 年にインタビューを受けた佐々木忠綱氏の肉声テープが記念館に寄贈されました。佐々木村長についてはあの当時、日本で一番多くの開拓団を送り出したこの地域にも反対の立場をとった村長がいたということで知られてはいますが、話しとしての伝聞が多く、資料はあまりなかったので、今回のテープは貴重なものだと思います。(Wikiからコピペ)

 その佐々木忠綱さんについて おいらは知りたかった しかし残念ながら目に見えるような展示がなかった。せめて写真でも見たかった。

満洲分村移民を拒否した村長 佐々木忠綱の生き方と信念

         村長・佐々木忠綱はなぜ、「国策」を拒むことができたのか

2018年8月14日 (火)

町でいきなりオペラが始まったら 

 
Flashmob = フラッシュモブというらしい。ミュージック・サプライズ
入院していたときからフラッシュモブの動画を楽しんでいる。

ヒメツツハキリバチだと思う

2_2

 ヒメツツハキリバチだと思う。ハーブ園で撮影。

 おいらはここからトンボの湿地に移動。そこでは多くの常連と会えた。
 
 昨日と今日はいつものフクロウの姿が見えないらしい。
 
 
 
歩 数   5355歩
 
1

岡田さんがキツネノマゴという花でルリモンハナバチが吸蜜しているところを撮っていた。

 キツネノマゴなんて どこにでも咲いているから もう来シーズンまでルリモン…を待ち受けることは難しい。

2018年8月13日 (月)

南牧村のふしぎな山

Photo_3

 幻想的な山だ。この山には不思議な能力を持つ〝仙人〟が住んでいそうだ。

群馬県甘楽郡南牧村にある山
 なんもくむらと読む
 長野県にも南牧村があるが そちらは「みなみまきむら」と読むそうだ。

«慰霊の園に行ってきた